ニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止により営業を自粛・駒沢のライブハウス・バー STRAWBERRY FIELDS 存続と再生を掲げたプロジェクトが、2020年5月29日より始動!

新型コロナウイルスの感染拡大防止により、現在も営業を自粛、休業をしている東京・駒沢のライブハウス STRAWBERRY FIELDSが、営業の存続と再生を掲げたプロジェクトを開始。

STRAWBERRY FIELDSオフィシャルグッズなどが購入できるストアがBASEにてスタートした。同ストアは、駒沢STRAWBERRY FIELDSのWebsiteからもアクセスできる。


STRAWBERRY FIELDSとは?

駒沢大学駅より徒歩7分にあるライブハウス・バー。

STRAWBERRY FIELDSの場所の歴史は、30年以上前に創業したライブハウス”ガソリンアレイ”から続いている。

ガソリンアレイは、2012年”ストロベリーフィールズ”と名前を改め、新たなライブハウスとしてオープン。

2015年1月24日クリエイティブユニットBLT-Brandel Labo Tokyo-のプロデュースによるリノベーションを経てリニューアルオープンし、店名も英字表記 STRAWBERRY FIELDSに変更。

2020年4月8日より新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、営業を自粛している。

STRAWBERRY FIELDS Website
https://www.sftokyo.com/

アーティストがプロデュースするライブハウス

みんなをワクワクさせたい。そしてアーティストも喜んでくれる。そんな箱があったら最高だよね!

駒沢STRAWBERRY FIELDSのプロデューサーで、バンド Marlet Mine のボーカル 吉川浩史氏からのアツいメッセージが、STRAWBERRY FIELDSのWebsiteに掲載されている。

以下抜粋ではあるがメッセージの一部をご紹介したい。なお、全文は以下リンクにてご確認頂ける。
https://bit.ly/2XJO1dV

駒沢STRAWBERRY FIELDS
プロデューサー吉川浩史
(Marlet Mine)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、駒沢STRAWBERRY FIELDSを含めライブハウスは軒並み営業自粛を続けております。この期間に閉店したライブハウスも沢山見てきました。今回全国のライブハウスと同様にSTRAWBERRY FIELDSも苦境に晒されているのは言うまでもありません。

この箱で好きなアーティストのライブに触れて勇気をもらった方、涙を流した方、沢山笑った方がいます。エンターテインメントは人に多くの感動を与えます。沢山のアーティストが放った想いで駒沢STRAWBERRY FIELDSは溢れています。

きっと今までと同じような形でライブはできないことでしょう。もしかしたらライブハウスが怖くて足を運べなくなってしまう方もいるかもしれません。今後のライブハウスの在り方が変わるかもしれません。

そんな中で現在、ライブハウスは全国的に「配信」に力をいれています。STRAWBERRY FIELDSは3月初旬に照明に設備投資しています。音は引き続き都内でも屈指の箱だと自負しております。ステージから客席まで伸びる白壁、プロジェクター、お洒落なバーカウンター、夏はビーチにもなります。

他の箱には無いSTRAWBERRY FIELDSだけの形でアーティストにも、みなさんにも喜んでもらいたい。配信や映像など、その機材投資の為に今回皆さんのご支援も兼ねた形でのオリジナルグッズ販売を致します。

このような状況だからこそ、ワクワクする未来を目指して、STRAWBERRY FIELDSを通してもっともっとアーティストの力になりたいのです。そのようなワクワクする未来に対して、皆さんのご支援やお気持ちを残していきたい。そんな気持ちです。そのような気持ちにさせたくださったのは、紛れもなくSTRAWBERRY FIELDSでクリエイティブを生み出してくださったアーティストの皆さんです。

STRAWBERRY FIELDSが作るクリエイトを、楽しみにして頂きたいと思います。日本全国の音楽ファンの皆様に誇れるライブハウスを目指して。

駒沢STRAWBERRY FIELDS プロデューサー 吉川浩史(Marlet Mine)

※メッセージ抜粋・編集・Onigiri Media
全文は以下リンクにてご確認下さい。https://bit.ly/2XJO1dV

Web-store
STRAWBERRY FIELDS

今回のグッズ販売は、STRAWBERRY FIELDSの営業の存続と再生を掲げた、資金を募るプロジェクトと言う事で、クラウドファンディング方式となっている。

オフィシャル・グッズであるTシャツ、パーカー、トートバッグ、マグカップ、ドリンクチケットなどを、同Web-storeで購入する事が、STRAWBERRY FIELDSの支援につながる。

内容

  1. 1,500円リターン:STRAWBERRY FIELDSオリジナルステッカー
  2. 3,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSオリジナルトートバック
  3. 5,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSドリンクチケット10枚+オリジナルマグカップ
  4. 7,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSオリジナルTシャツA(完全受注生産)
  5. 7,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSオリジナルTシャツB(完全受注生産)
  6. 10,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSオリジナルパーカー(完全受注生産)
  7. 10,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSドリンクチケット20枚+オリジナルマグカップ+トートバック
  8. 20,000円リターン:STRAWBERRY FIELDSドリンクチケット50枚+オリジナルマグカップ+トートバック
  9. 200,000円リターン:今後のSTRAWBERRY FIELDSにおけるアドバイザーとしてクリエイティブチームとのミーティングにご参加頂けます。ビーチ製作を始め、映像チーム、配信チーム、楽曲制作チームなど駒沢STRAWBERRY FIELDSの事業拡充の為の資金に充てさて頂きます。
    *STRAWBERRY FIELDSから御礼のお手紙を送らさせて頂きます。

受付期間

2020年6月30日23:59まで

STRAWBERRY FIELDS
ストアリンク

https://strawberryk.base.shop/

同ストアへは、STRAWBERRY FIELDSのWebsiteからもアクセスできる。

STRAWBERRY FIELDS最新情報はTwitterから

出演アーティストからの
メッセージ

STRAWBERRY FIELDSのWebsiteには、同店のプロデューサーであるJukerからのメッセージも掲載されている他、出演アーティストからの応援メッセージも掲載されている。

Juker・メッセージ

STRAWBERRY FIELDSをメンバーと共に改装して約5年、お客さんやアーティスト、スタッフの皆さんのおかげで営業できてきました。しかしここにきてまさかの事態に驚いています。

ライブは何本やったかわからないし、みんなでイベントごとに集まって飲んだりゲームをしたりとあまりに思い出が多すぎます。なんとかこの事態を乗り越えてまたみなさんとライブやイベントをして思い出を作っていきたいです。どうかご協力お願いいたします!

駒沢STRAWBERRY FIELDS プロデューサーJuker

出演アーティストからの
応援メッセージ

抜粋掲載
全てのメッセージは以下リンクにてご確認下さい。 https://bit.ly/2XJO1dV

ソロになってからたくさんたくさんお世話になって来たStrawberry Fields。大切な思い出がたくさん詰まったこの場所をこれからも守れるように、僕も微力ながら応援させて頂きます!

また逢える日を夢見て!共に頑張りましょう!Nobu

ライブレポート:Nobu 1st Anniversary ワンマン Live 「今、伝えたいこと」 / 2019.11.16Brand New VibeのVocal & Guitarとしての、10年間のバンド活動に幕を閉じ、2018年11月17日からソロ活動を開始させたNobu。彼のバースデー・ワンマンライブが2019年11月16日(土) 東京・西永福JAMにて開催された。...
平田勝久
(reading note, tk2tk)

自分の人生の中で忘れたくない場所ってのが必ずあると思う。忘れたくないというより忘れられないの方がしっくりくるな。

STRAWBERRY FIELDSはまさしくその一つです。reading noteというバンドを語る上でこの場所はなくてはならない場所。いつかまたなんてタラレバかもしれませんが、我々がこの場所にまた帰って来れるように残り続けて欲しい。駒沢にはSTRAWBERRY FIELDSがないとダメなんですよね。

平田勝久(reading note, tk2tk)

reading note 平田勝久がソロ活動を発表。9/1 初のワンマン開催決定現在活動休止中のreading noteのフロントマンである平田勝久(Vo/G)がソロ活動をスタートすることを発表。ソロワンマンライブ「新呼吸」を9月1日(日)に駒沢STRAWBERRY FIELDSにて開催する。...
reading note 活動休止前ワンマンライブ「僕はここにいるよ」 ライブ・レポート / ファンとバンドが見つめあった全20曲reading noteは6月29日、渋谷O-WESTにて活動休止前ワンマンライブ「僕はここにいるよ」を開催した。 ファンはバンドを、バンドはファンを、ただ、ただまっすぐに見つめた全20曲、約2時間。2005年大阪で結成された彼らが走り抜けた14年間を総括する様なライブだった。なおアンコールも含めた全20曲を完全収録したライブCD/DVDが、完全予約制・受注販売によりリリースされる。...
ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/