ニュース

今年も開催!日本で一番恐い怪談語りを決定する「怪談最恐戦」。予選会出場者募集中、応募期間は2020年7月13日(月)23:59まで。

株式会社竹書房が主催する、プロ・アマ問わず日本全国から出場者を募集し、日本で一番恐い怪談語りを決定する「怪談最恐戦」。

優勝賞金はなんと100万円!「怪談最恐位」の座を目指し、より真剣で最恐な怪談バトルが今年も繰り広げられる。


怪談最恐戦2020 開催概要

数々の過酷なバトルを制し、「怪談最恐位」の栄冠そして賞金100万円を手にするのは誰か?

熱き戦いの第1ラウンドとなる「予選会出場者の募集」は現在実施中。応募期間は2020年6月20日(土)0:00~7月13日(月)23:59まで。

予選~本選の流れ

  1. 予選会出場エントリー
  2. 一次審査
  3. 大阪予選会(8/16)or 東京予選会(8/23)
  4. ファイナル(決勝、11月開催予定)

応募情報

【応募資格】
プロ・アマ問わず、18歳以上なら誰でも応募可能
※一次審査通過者が予選会に出場できます。

【応募方法】 
怪談最恐戦公式LINE(@463arlbq)から応募可能。下記QRコードからも友達登録できます。

応募要項など詳細は下記公式サイトにてご確認ください。

「怪談最恐戦」公式サイトURL
https://kyofu.takeshobo.co.jp/sp/kaidan-saikyosen/

【応募スケジュール】

  • 第一次応募期間
    2020年6月20日(土)0:00~7月13日(月)23:59まで
  • 第一次応募者合否通知
    2020年7月17日(金)(予定)
  • 第二次応募期間
    第一次応募者合否通知発表後
    2020年7月17日(金)~7月31日(金)23:59まで
    ※第二次応募された動画は、公開して一般投票で審査を行います。
  • 8月頭
    第2次動画審査投票 及び 動画審査突破者発表・番組放送予定
竹書房presents 怪談最恐戦2020
応募要項説明&怪談虎の穴Vol.01

予選詳細

<大阪予選会> 

  • 日時:2020年8月16日(日)
  • 会場:ロフトプラスワンWEST
  • 住所:大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-3 美松ビル3F)

<東京予選会>

  • 日時:2020年8月23日(日)
  • 会場:渋谷ロフト9
  • 住所:東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F)

ファイナル(決勝戦)

  • 日時:2020年11月開催
  • 会場:未定

怪談最恐戦とは

「日本で一番恐い怪談を語るのは誰だ!?」それを決める怪談最恐戦。

2018年に第1回大会を開催し、2020年の今年は第3回大会となります。

プロ・アマ問わず全国から怪談語りを募集し、優勝賞金100万円をかけて怪談を競い合う、日本最大規模の怪談コンテストとして、これまで怪談界に多くのスターを輩出、また全大会を通じて書籍化・映像作品化がなされるマルチフォーマット・イベントして多くのファンに支持されています。

「怪談最恐戦」公式サイトURL
https://kyofu.takeshobo.co.jp/sp/kaidan-saikyosen/

最近ナゼ怪談がブームなのか?住倉カオス氏, 大島てる氏, 伊山亮吉氏, シークエンスはやとも氏に聞いたその理由と魅力(インタビュー動画あり)【特集】怪談ブームの理由を、2020年1月18日にファイナル(本選)が開催される竹書房Presents 怪談最恐戦 2019 の東京予選会場で、数多くの怪談イベントオーガナイズする住倉カオス氏、 予選出場者でもあり事故物件公示サイトでお馴染みの大島てる氏、昨年は決勝戦にも進出した伊山亮吉氏、 “霊がよく見える”ピン芸人・シークエンスはやとも氏に聞いた。...
竹書房 presents 怪談最恐戦2019 優勝は異例の「送り人 ミュージシャン」 下駄華緒!!!日本で一番恐い怪談語りを決定する 竹書房主催「怪談最恐戦2019ファイナル」が、 1月18日(土) 渋谷ユーロライブで開催され、日本で一番恐い怪談語りが決定。異例の送り人 ミュージシャン 下駄華緒(げたはなお)が、優勝の栄冠 と 賞金100万円を手にした。...

2019年DVD他

怪談最恐戦2019 大阪予選会 [DVD]

怪談最恐戦2019 東京予選会 [DVD]

怪談最恐戦2019 ファイナル [DVD]

怪談最恐戦2019 (竹書房怪談文庫)

ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/