ニュース

男女混成 Vocal and Dance Group・THE SAVAGEが、9月30日配信シングル「SunLight Yellow」をリリース。

プロのダンサーとしてメジャーなアーティストたちと共演しながら、その才能に磨きをかけ続けてきたNADiA、NANA、TAKARA、YUYA、TOMOYAの5人によるTHE SAVAGEが、2020年9月30日配信シングル「SunLight Yellow」をリリース、活動をスタートした。


THE SAVAGE

2020年9月結成。

NADiA、TAKARA、NANA、YUYA、TOMOYAの5人で構成される男女混成ユニット。

数々のアーティストのバックダンサー、世界的なダンス大会優勝経験者、大型オーディション出場者など、多方面で活躍する強者たちが結集。

性格はバラバラなのに、やたらと気が合うメンバーは、一緒にいると常に笑顔が絶えない。しかし「エンターテイメント」に関しては一切の妥協を許さないクリエイターとしての一面も覗かせる。

まさに「ダブルフェイス」ともいうべき、彼らの「緩急」こそが、このユニットの最大の魅力。

写真左下・NANA、左上・YUYA、中央奥・TOMOYA、右上・NADiA、右下・TAKARA

Website
https://thesavage.jp

1stデジタルシングル「SunLight Yellow」

 「光の三原色のように、それぞれ培ってきた人生の経験を様々に組み合わせながら、多色多彩な色(個性)を生み出していきたい。」

THE SAVAGEのデビュー曲となる1stデジタルシングル「SunLight Yellow」に黄色を据えたのも、昇る朝日=ここから始まるという意味を黄色に託してのこと。

「今回真っ白な衣装で5人が統一したのにも、まっさらな想いで始まるという理由と、スポットライトを浴びる= 白という意味を重ねています」(NADiA)

曲の骨組みを支えるソリッドなサウンドは、日本人にしてヨーロッパのシーンをリードする鬼才「PART2STYLE」による完全プロデュース。

詩の世界観は、郷愁感のある歌詞を武器として、幅広い活動を続ける「アンダーグラフ」の真戸原直人が描き出した。

 THE SAVAGEが1stシングル「SunLight Yellow」を通し提示したのが、UKガラージスタイル。ただし、それが「THE SAVEGEの顔」ではなく、それも「多彩な色(音楽性)を持つTHE SAVAGEの一つの表情」(NANA)との事。

今はダンスミュージックを軸に据えて表現しているが、THE SAVEGEとしては、細かな音楽ジャンルではなく、J-POPという大きな枠の中に風穴を空ける活動を求めている。

ただし、無理にヒットチャートを狙うわけではない。あくまでも、「ONE AND ONLY」なスタイルを提示し続け、その独自性を、何時かメインストリームの一つとして伸し上げてゆくことを求めている。

ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/