ニュース

東京 狛江市を「映画・エンタメの町に!」と、制作された映画「ブスの法則」が4月8日上映会を開催!

東京都の市では最も小さく、日本では2番目に小さい市・東京都狛江(こまえ)市。そんな狛江在住33年の俳優で、映画監督志望の笠原ちゃこが「狛江のすばらしさをもっと多くの人に知ってほしい!! 狛江市を映画、エンタメの町に!」 と、クラウドファンディングを立ち上げ制作された映画「ブスの法則」が、2021年4月8日(木)狛江エコルマホールにて上映会を開催する。


クラウドファンディング「狛江 × 映画」プロジェクト

「狛江のすばらしさをもっと多くの人に知ってほしい!!」との想いを胸に、狛江在住33年の俳優で、映画監督志望の笠原ちゃこが、2019年5月にクラウドファンディング・プロジェクト「狛江市で映画を作成し、狛江市を芸術・エンターテインメント発信の町に!」を立ち上げた。

2019年6月30日に目標金額に対し110%の達成率で、クラウドファンディングは終了。

狛江を愛する人々の応援を背に受けて、映画「ブスの法則」は制作された。

笠原ちゃこ プロフィール

高校の時にお笑いコンテストでグランプリを獲得、お笑いデビュー。

フジテレビ「BUCK UP!」、 TBS「あらびき団」や数々のお笑いライブ、イベントに出演。その後、女優に転身

2020年初監督作品「ブスの法則」を制作。

コマラジ(狛江エフエム) 火曜 22:00 「吠えラジ」 パーソナリティー

笠原ちゃこブログ
https://ameblo.jp/chako1983/

映画「ブスの法則」

元お笑い芸人で 現在 俳優の笠原ちゃこ初監督作品。

オカルトが趣味というちょっと変わった女子高生天野うずめがクラス1のイケメンやまと君を、成功法の一つ 「引き寄せの法則」で振り向かせようと思いつく。

恋を通して年頃の女子が抱く不安と自尊心のなさを乗り越えて成長し、少し大人になっていく青春ラブコメ。

監督・笠原の地元 東京都 狛江市が舞台になっている。

作品を通して伝えたいこと

 「これから社会を作っていく若者に想像力の大切さを伝えたい」

便利になった世の中で現代人の想像力のなさが様々なひずみや事件を起こしている。この映画で1番言いたいことは「想像力の大切さ」そして想像力が人生を、世界を豊かにしていくということ。

誰に何を言われようが自分の人生を素晴らしいと思って欲しい。

出演

スタッフ

  • 脚本・監督
    笠原ちゃこ
  • プロデューサー
    瀬尾りな
  • 撮影
    中井和味
  • 録音
    上門幸樹
  • 助監督
    寺本晃輔(Faber&Ludens)
  • 音楽
    山路敦司

予告編

「ブスの法則」上映会

  • 開催日
    2021年4月8日(木)
  • 時間
    19:00受付開始・19:30上映開始
  • 会場
    狛江市 エコルマホール(狛江市民ホール)
    https://ecorma-hall.jp/
  • 観賞料
    おひとり様 1000円(全席指定)

※監督・出演者による舞台挨拶あり

チケットについて

  • チケット発売
    2021年3月7日(日)午前10時より開始
    https://ticket.rakuten.co.jp/stage/yose/RTF8BS0/
  • 当日券について
    当日券の発売は現在未定
    ※上映会当日、監督・笠原のTwitter @chako_kanna で当日券有無の発表を予定しております。
    ※当日券は先着順となりますのでご予約をお勧めいたします。
  • 駐車場については狛江駅北口・地下駐車場をご利用ください。
  • 入り口での検温、消毒にご協力くださいませ。
  • 映画をご鑑賞の際は、必ずご予約、チケット代のお支払い、発券をして頂きます様 お願い致します。
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/