MENU
ニュース

中川家×ノーベル製菓 中川家が「なめたらあかん」ネタをYouTubeにて公開

『VC-3000のど飴』発売25周年記念「みんなでVCキャンペーン」第1弾企画として、ネタ投稿コンテスト「なめたらあかんグランプリ」を2021年10月1日より開催。

CMでお馴染みの「なめたらあかん」をテーマにしたネタを、中川家公式YouTubeチャンネルにて公開したほか、中川家のアンバサダー就任を記念してインタビュー動画も公開した。

動画:中川家の寄席2021「ナレーション録音 なめたらあかん編」

2021年10月1日(金)中川家公式YouTubeチャンネルにて、CMでお馴染みの「なめたらあかん」をテーマにした中川家の渾身ネタ動画が公開された。

インタビュー

中川家の寄席2021「ナレーション録音 なめたらあかん編」 13:46からはネタを披露した2人が、今回登場したキャラクターの細かい設定や、ナレーション現場のあるある話、実際にネタを披露したときの感想などをトーク。

動画の最後には、中川家の2人から「なめたらあかんグランプリ」について、受賞者がもらえる中川家と天童よしみさんそれぞれの直筆サイン入り記念楯や、VC-3000オリジナルセットなど、賞品の実物等も紹介している。

――今回、「VC-3000のど飴」とのタイアップが実現しましたが、お話を聞いた時はいかがでしたか?

礼二:嬉しかったです。みんなが知っている“VC-3000”ですからね。

剛:このTシャツがあるのは知らんかったですけど、嬉しいですね。ありがとうございます。馴染みのある劇場でも、いつも“VC-3000のど飴”が置いてあるので、まさかこれに自分たちが採用してもらえるというのは嬉しいです。

――「VC-3000のど飴」にまつわるエピソードについて教えてください。

剛:劇場を行ったり来たりするので、その間お昼ご飯食べれないんですよ、吉本って。

礼二:はっはっはっ!(笑)たしかに暇がないですね。

剛:1日7ステージとか6ステージとかあった時は、“VC-3000のど飴”をわし掴みにしてポケットに入れて移動したりしてました。みんな結構やってましたけどね。ちょっと補給というか。

礼二:そうね。ビタミン補給やね。

剛:間にそれはよくやってましたね。その印象があります、僕らは。

――今回のネタの見どころについて教えてください。

剛:できたら、天童さんとも一緒にできたら良かったと思いますけどね。天童さんが歌ってしまうというのでね。

礼二:「なめたらあっか~ん~」ってね。

剛:「歌わないでください」っていうネタやりたかったな~。

礼二:はっはっはっ!(笑)やってくれそうやしね、天童さん。

剛:やってくれそう。三人でね。それも良かったですけどね。

礼二:逆にノーベル製菓さんに聞きたいです。あれで良かったんですかね?コント。我々はもう精一杯やらせていただきましたんで。

――今回のネタづくりにおいて、こだわった点はありますか?

剛:「なめたらあかん」というのを何回も言った方がいいなとは思いました。発音がなかなか言えない人やったんで、難しかったですけど。

――“人生なめたらあかん”のCMでお馴染みの「VC-3000のど飴」は、今年で25周年を迎えました。お2人が25歳の頃の自分に喝を入れるとしたら、どんな言葉をかけますか?

剛:本当に25年前の僕にはほんまに「なめたらあかん!」と言いたいですね。尖りまくっていたので。「東京なんかに行くか!」なんて言ってたんでね。もう来てますけどね、今。言ってやりたいですねえ、その頃の自分にね。

礼二:「なめたらあかん」。その一言やね。言ってやりたいです。

――兄弟としてもコンビとしても長い付き合いのお二人。相方のことを“なめていたな”と見直したエピソードがあれば教えてください。

礼二:25年くらい前ですけど、よく犬の鳴き声ってやるんですけど、うちの兄が。こんなもん(舞台で)やろうかなって時に、「絶対ウケるか!」って思ったんですけど、それが思いのほか舞台でウケたので、それはビックリしましたね。

最初は「こんなん絶対ウケるか!」ってなめてたんですけど、それがまさか未だに30年経ってもやってるっていうね。

剛:僕は逆ですね。最初は「うわー!」って思ったんですけど、今ちょっとなめてます僕、礼二君のこと。

礼二:何をなめてんの!?

剛:ハゲたらあかん言うてるのにハゲてるし…

礼二:いやいやいや、誰が言うてんねん!?ハゲたらあかんて誰が言うてんのよ!

剛:言ってたやん、ハゲたらあかん~って。

礼二:天童さん絶対言わへんやんそんなん!…そうですね、ハゲたらあかん言うてるのにハゲてもうてね。申し訳ないです。

――中川家のネタと言えば、本当に存在していそうな既視感のあるキャラクターが印象的ですが、キャラクターづくりで大事にしていることは何ですか?

剛:その辺にいる人を題材にやろうと思っています。だから、今でも電車もよく乗りますし、お茶しながら隣の人の会話を盗み聞きしたりしてます。それは常にやってますね。

礼二:それを聞いて、僕がなんとか形にする。なので、提案はすべて兄の方からですね。

剛:(例えば)UFOが地球に降りてきて、宇宙人が出てきたっていうのは絶対にやらないですし…身近なものですね。親の会話を聞きながらそれをネタにしたこともありますし、実家に来た近所の人の会話を聞きながら、それをネタにしたこともありますし、身近なことですね。それは意識…していますねぇ…。

礼二:そんなすごいことみたいに言わんでええねん!!情熱大陸ちゃうねんから!

剛:あとはネタとネタの間のジョイントをちゃんと…。

礼二:情熱大陸のときの和牛やんか!!ネタとネタの繋ぎ目ですね。和牛はジョイントって言うらしいです。

――今回実施される“〇〇なめたらあかん”がお題のネタ投稿コンテストでは、どのような“なめたらあかん”を楽しみにしていますか?

剛:「なめたらあかん」って自分の父親に言われていたのがすごく印象に残っていたので、家の中であったことが来るのが楽しみですね。いろんな家庭があるから、どんなことを「なめたらあかん」と思ってやっているのかを知りたいです。うちの親父は本当によく言ってましたね。常に言ってました。

礼二:言ってましたね~。

――最後に動画を見ている皆さんへ一言お願いします。

礼二:今回、“VC-3000のど飴”25周年ということで、非常にめでたいということで、みなさんからの投稿をとにかく面白いのを待ってます。我々もしっかり審査させていただきますので、どんどん投稿してください。

剛:「なめたらあかん」をテーマに、我々、本当にお腹を抱えて笑えるようなネタを作っておりますので…。

礼二:いやいやいや、そんなん言うたらあかん!(笑)

剛:是非お楽しみにしてください。あとは、本当にこれは思うんです。「人生なめたらあかん」。これを心に、我々も一生懸命頑張っていきたいと思いますので、是非よろしくお願いいたします。

礼二:よろしくお願いいたします!

「なめたらあかんグランプリ」

CMでお馴染みのフレーズ「なめたらあかん」をテーマに、ネタ投稿コンテストを実施。自身のエピソードをもとに「〇〇なめたらあかん」の〇〇を埋めて応募。

選ばれた方には、賞金25万円や記念品などの豪華賞品をプレゼント。画像や動画を用いての応募はもちろん、テキストのみでの応募も可能。

審査員は中川家が務め、動画内でコメントをしながら選定しグランプリを決定。その様子は中川家の公式YouTubeチャンネルにて配信予定との事。

応募方法他

  • 応募期間
    2021年10月1日(金)10:00~10月31日(日)23:59
  • 賞品
  • ノーベル大賞:賞金25万円+VC-3000オリジナルセット+中川家直筆サイン入り記念楯×1名様
  • 天童よしみ賞:賞金10万円+VC-3000オリジナルセット+天童よしみ直筆サイン入り記念楯×1名様
  • なぁ~ネコ賞:1万円+VC-3000オリジナルセット+記念楯×3名様
  • Wチャンス:VC-3000オリジナルセット×100名様

VC-3000のど飴25周年キャンペーンサイト
https://www.nobel.co.jp/vc3000/25thcp/

■応募方法:Twitterから応募

  1. ノーベル製菓公式Twitterアカウント @nobel_seika をフォロー。
  2. 「〇〇なめたらあかん」の〇〇をテーマ設定の上、「#なめたらあかんグランプリ」のハッシュタグをつけ、写真・動画をアップしてツイート。
    ※テキストのみでも応募可能です。

ノーベル製菓公式Twitterアカウント
https://twitter.com/nobel_seika

Web応募フォームから応募
特設サイト上にあるWeb応募フォームに必要事項を記載して応募。

■結果発表
受賞者は、12月中旬に中川家公式YouTubeチャンネルにて公開する動画内で発表。その後、特設サイト上でも発表する。

第2弾、第3弾キャンペーンも予定。詳しくは、VC-3000のど飴25周年キャンペーンサイト「みんなでVCキャンペーンサイト」をご覧ください。

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/