MENU
ニュース

『MIRRORLIAR FILMS Season1』西遼太郎監督、針生悠伺監督、藤原知之監督が「活弁シネマ倶楽部」に初登場

“映画を語る”配信番組「活弁シネマ倶楽部」に、9人の監督による9つの短編作品からなるオムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Season1』にて、本作のうちの一編をそれぞれ手がけた、西遼太郎監督、針生悠伺監督、藤原知之監督が初登場。MCは文筆家の折田侑駿。

『MIRRORLIAR FILMS Season1』

本作『MIRRORLIAR FILMS Season1』は、俳優の山田孝之らが発起人となって、クリエイターの発掘・育成を目的に、映画製作のきっかけや魅力を届けるために生まれた短編映画制作プロジェクト「MIRRORLIAR FILMS」によるオムニバス映画の第1弾。

「変化」をテーマとした36名の監督による短編映画を4シーズンに渡って公開していくもので、今作『Season1』には西監督、針生監督、藤原監督のほか、安藤政信監督や武正晴監督、山下敦弘監督らが名を連ねている。

Website
https://films.mirrorliar.com/

西遼太郎監督、針生悠伺監督、藤原知之監督

今回「活弁シネマ倶楽部」に登場した3名の監督には一般公募で選ばれたという共通点があるが、作風もテーマも、作品の成り立ちもまったく異なっている。

充電人・ 西遼太郎監督

充電がないと生きられない「充電人」になってしまった青年の奮闘を描いた西監督による『充電人』の企画のはじまりについて西監督は

「この『充電人』は、“MIRRORLIAR FILMS”のために作った作品です。テーマが“変化”ということなので、どんなものを作ろうかと考えているときにスマホのメモ帳を見たんです。

僕は普段から気になった言葉をメモるようにしていて、その中に『充電人』というものを見つけました。『何だこれ? でも面白そうだな』と思い、タイトルから物語を膨らませていきました。

と語っている。観客を選ばない、ユニークでハートウォーミングな作品だ。

西遼太郎監督

  • 『充電人』
  • 監督
    西遼太郎
  • 出演
    本田響矢、永井理子、鈴木孝志、牛尾八角子、尾本卓也、奥田 美優
  • あらすじ
    目覚めるとおへそから電源ケーブルが生え、充電がないと生きられない「充電人」になってしまった轟雷太。そんな矢先、雷太が恋心を抱く神名瑠輝からデートのお誘いが!

B級文化遺産・ 針生悠伺監督

公共物の急襲から逃げるスケーターの姿を捉えた針生監督作『B級文化遺産』。MCの折田が「完全にアイデア勝ちだと思います。すごく面白かった」と感想を述べると、物語の着想の原点について 針生 監督は

これは2014年に製作した作品です。作ろうと思ったきっかけは、それまで務めていた映像制作会社を辞める際に、“自分が企画から立ち上げた自分の作品”というものを、一本も手がけたことがないのに気がついたんです。

それならばこのタイミングで、いままでやってきたことのすべてを詰め込もうと。そこで、アクション作品をやりたいと思ったのですが、カーチェイスは難しい。でもスケボーだったらできるなと……。当時の僕もスケボーをしていたんです。

そこで、主人公がスケートボードを扱うなら、最大の敵は、こちらが傷つけてしまう公共物なのではないかと考えました

と、語っていた。スケーターを追いかける撮影や、“トランスフォーム”する公共物など、本作に詰め込んだこだわりについて「活弁シネマ倶楽部」では語っている。

針生悠伺監督

  • 『B級文化遺産』
  • 監督
    針生悠伺
  • 出演
    春日潤也、金丸慎一郎、前川伶早、小美野来希、黒沢次郎、山村正夫、今村昌良
  • あらすじ
    “B級文化遺産”に登録されているマンホールを踏んでしまったスケーターのアキラは、そのペナルティとして、謎の組織から命を賭けたゲームに強制的に参加させられる。

無題・藤原知之監督

若き映画作家の女性と、彼女が偶然出会ったホームレスの少女との関係を綴った『無題』。

「いまの社会が抱えている問題、ひいては作り手が抱える問題に向き合った作品だと思います」と折田が口にすると、西監督も針生監督も同意な様子。藤原監督は

“MIRRORLIAR FILMS”を知る前に取りかかり始めた作品です。ちょうどその頃、コロナの影響で予定していた仕事が全部無くなっちゃったんです。

家にいればよかったのですが、それも嫌だなと。そこで、自主映画でもやろうかなということになりました。でも、なかなかアイデアが浮かばなかった。

例えば事件の加害者の家族の話であったりだとか、もしいま日本でテロが起こってしまったら……?という物語を考えたのですが、そのためにいろいろ調べていると、この『無題』の主人公が抱える問題に行き着いたんです。

僕はこの人たちを利用しているだけなんじゃないか?という。そうなると、何も書けなくて。そこである瞬間、『あ、これをこのまま映画にしてみよう』と思い、本格的に撮影に向けて動き出しました。

と企画の成り立ちを語っている。

藤原知之監督

  • 『無題』
  • 監督
    藤原知之
  • 出演
    仁村紗和、奥村心結、小林博、小松勇司、葉山昴、高山璃子、米山訓、東虎之丞
  • あらすじ
    ある日出会ったホームレスの少女を主人公に、映画を撮り始める若手監督イツキ。しかしイツキはそのことで、ずっと気づかない振りをしていた歪んだ現実を突きつけられることになる。

活弁シネマ倶楽部

1時間に及ぶこの収録回では、監督同士によるそれぞれの作品に対するトークも盛んに繰り広げられている。

どのようにして映画を作るのか。何を思って映画を作るのか。作り手それぞれの映画に対する考え方や、方法論が垣間見られるものとなっている。

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/