MENU
ニュース

司会に東京03 角田 / 西澤アナ、審査員に小沢一敬、塚地武雅、TikToker ゆーりが出演「12秒グランプリ」開催 1月13日ABEMAにて放送

2022年1月13日(木)よる10時より、芸人が「12秒縛り」のネタで競い合う「12秒グランプリPresented by MEGA BIG」がABEMAにて放送される。

審査員にはスピードワゴンの小沢一敬、ドランクドラゴンの塚地武雅、TikTokクリエイターのゆーりが登場。挑戦者は永野、ゆってぃのようなベテラン芸人や、ゆめちゃん、怪奇!YesどんぐりRPG、だーりんずなど人気上昇中の芸人、トンツカタン、アイドル鳥越ら、32組の芸人たちが出演する。司会は東京03の角田晃広、ABEMAアナウンサー西澤由夏。

本記事では司会・審査員を務める角田さん、小沢さん、塚地さん、ゆーりさんに、番組放送に向けた意気込みや、12秒ネタならではのポイントを語るインタビュー、さらにTwitterキャンペーンも併せてご紹介する。

「12秒グランプリ」について

「12秒グランプリ」は、芸人が12秒縛りのネタで競い合う、お笑いグランプリ。

大会に挑戦するのは、永野、ゆってぃのようなベテラン芸人や、ゆめちゃん、怪奇!YesどんぐりRPG、だーりんずなど人気上昇中の芸人、トンツカタン、アイドル鳥越ら、32組の芸人たち。見事優勝した芸人には120万円が贈呈される。

YouTubeやTwitter、TikTokといった数々のソーシャルメディアの影響で、多くの情報がタイムライン上で、素早く消費される現在。

結果として「現代人の集中力は12秒程度しか持続しない」と言われている。

そこで、今回のネタ披露時間を12秒に設定し、12秒の中で最も笑いをとれた芸人こそ、現代人に最も適した芸人となる。

このデジタル時代のお笑い、新時代の「ショートネタ王」を目指して32組の芸人が争う。

司会は東京03の角田晃広、 ABEMAアナウンサー西澤由夏が担当。

審査員は、スピードワゴンの小沢一敬、ドランクドラゴンの塚地武雅、TikTokクリエイターのゆーりが務める。

https://twitter.com/ABEMA/status/1478924284903006208?s=20

12秒グランプリ実施概要

  • 審査方法
    8組×4ブロックのトーナメント制。
    審査員の投票制。
  • 賞金
    優勝者に120万円

番組放送概要

出演者

  • 司会
    東京03 角田晃広
    ABEMAアナウンサー西澤由夏
  • 審査員
    スピードワゴン 小沢一敬、ドランクドラゴン 塚地武雅、ゆーり(TikTokクリエイター)
  • 出場芸人:全32組(順不同)
    永野、シティホテル3号室、怪奇!YesどんぐりRPG、あぁ〜しらき、TOKYO COOL、スーパーニュウニュウ、ぐりんぴーす、アイドル鳥越、ゆってぃ、だーりんず、ゆめちゃん、タッカーノ、ストレッチーズ、きのこちゃん、パニーニ、パラママ、トンツカタン、ロビンフット、ミクミクサイダー、じぐざぐ、あっぱれ婦人会、ぬえ、ハナイチゴ、牧野ステテコ、ぶたマンモス、岡野陽一、お見送り芸人しんいち、ママタルト、ザ・ギース、日本クレール、ねこじゃらし、スピーディーハンター

12秒グランプリ
優勝予想
Twitterキャンペーン

「12秒グランプリ」の開催を記念して、下記方法で参加可能な優勝予想キャンペーンも実施される。

応募手順

  1. Twitterアカウント「スポーツくじBIG」@sportskujibig をフォロー
  2. 優勝すると思う芸人名+ハッシュタグ #12秒グランプリ をつけてツイート
  3. 当選者12名様にAmazonギフトカード12,000円分をプレゼント。

特別インタビュー

東京03 角田晃広さん(司会)
スピードワゴン 小沢一敬さん
ドランクドラゴン 塚地武雅さん
TikToker ゆーりさん

ーー司会/審査員に選ばれたお気持ち、番組への意気込みを教えてください。

角田さん:普段司会をやらせてもらう機会などほとんどない中、このような新しいショーレースの司会に抜擢していただき光栄です。これもMEGA BIGのCMに出させていただいたおかげです。見事に司会を務め上げたいと思います。

小沢さん:12秒じゃ告白もできない。12秒じゃカップラーメンも作れない。12秒で出来ることって何だろう。僕には分からないけれど精鋭たちが教えてくれるはずです!!

塚地さん:優勝者には120万円の賞金!これは若手からしたらノドから手が出るほど欲しいでしょう。しかも12秒で120万円…。時給とも分給とも違う秒給ですからね。1秒10万円ですよ。夢あるというか、今年を占うというか、暮らせるというか…。スタジオ前では若手がみんないつもより丁寧に挨拶してきます(笑)。

ゆーりさん:お笑いは小学生の頃から好きでよくテレビ番組を見ていたのですが、審査員という形でお笑いを見るのは初めてなのでとても楽しみです!お笑いを生で見るのも初めてなのでワクワクしています!!

ーー今回は、TikTokやTwitterなどのソーシャルメディアに慣れた現代人の集中力が12秒ということで12秒のネタ縛りですが、ご自身はソーシャルメディアには強いですか?弱いですか?

角田さん:SNSには弱いです。インスタグラムはやってますが、なるべく余計なことは言わないように気をつけています。波風立たないように。もはや何のためにやっているのかわかりません。SNSは怖いです。

小沢さん:SNSはTwitterくらいしかやっていません。他のも登録はしてみたものの、ほとんど機能していません。TikTokに至っては、未だに見方すらわかりませんので12秒後に登録してみます。

塚地さん:SNSにはむちゃくちゃ弱いです。Twitterも3年前くらいにようやく始め、インスタグラムやTikTokというポジティブなツールはビビって手を出せず、ネガティブなことを書いて成立するツイッターしかしていないです。たまにバズる?と言うんですか?めちゃくちゃリツイートや、いいねが多いときもあるのですが、理由が分からなくて恐ろしいです…

ゆーりさん:多分(?)強い方です!(笑)YouTubeは小学生の頃から見ていて、配信は中学生の頃からしていて、TikTokは日本にアプリが来てからすぐの頃(2017年秋)からやっていたので。弱い方ではないかなと思います。常に流行りについていけるように頑張っています!(笑)

ーー12秒ネタならではのポイントはどこですか?

角田さん:前フリで12秒使っちゃわないように、細心の注意を払うことでしょうか。

小沢さん:起承転結のような物語がつくれないので、どのひとコマで勝負してくるかがポイントだとは思いますが、もしその中に物語が見えたら感動すらしてしまうかもしれません。

塚地さん:短い時間でどう自分達の個性を伝えるかが重要かなと。前フリがあって内容を把握させてオトすみたいな時間はないかと思います…。逆に出オチで逃げ切る作戦も強そうかな。見た目が強い人が有利かもしれないですが、うなるような内容のネタだと他の組との差を付けられるかもですね。

ゆーりさん:掴みとオチですかね!限られた時間の中でいかに人の心を掴めるかが重要だと思います。

司会者 プロフィール

東京03 角田晃広(かくたあきひろ)
お笑いトリオ東京03のボケ担当。プロダクション人力舎所属。キングオブコント2009王者。

Twitter
https://twitter.com/kakuta_tokyo03

西澤由夏(にしざわゆか)
ABEMAアナウンサー。バラエティ・スポーツ・報道番組まで幅広い番組の進行を務める。

審査員プロフィール

スピードワゴン 小沢一敬(おざわかずひろ)
お笑いコンビスピードワゴンのボケ担当。ホリプロコム所属。数々のお笑いグランプリの審査員も務める。

Twitter
https://twitter.com/ozwspw

ドランクドラゴン 塚地武雅(つかじむが)
お笑いコンビドランクドラゴンのボケ担当。プロダクション人力舎所属。お笑い番組だけでなく、俳優業でも活躍を見せている。

Twitter
https://twitter.com/tsukajimuga

ゆーり
日本のTiktokクリエイター/YouTuber。青山学院大学在学。
TikTokフォロワー690万人、YouTube登録者数は8万人を突破。

Twitter
https://twitter.com/O_Yuri0906

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/