ニュース

レーベルを超えた「AOR」がテーマの濱田金吾 ベスト・セレクション・アルバムが11月9日リリース

1974年バンド・デビューを経てソロに転じ、多くの作品を残してきた濱田金吾の、レーベルを超えたAOR / アダルト・オリエンテッド・ロックをテーマに編んだベスト・セレクション・アルバム「インク・ブルー」が、2022年11月9日 高音質CD「UHQCD(アルティメイト・ハイ・クオリティCD)」仕様で、タワーレコード限定でリリースされる。


濱田金吾 プロフィール

1953年1月17日 東京 新宿生まれ。

小学校以来続けてきたバイオリンをある日突然捨て、ギターに持ちかえる。いろいろなグループに参加して音楽活動を始める。最初に加入したグループでは、ドラムスを担当。

1974年フォークロック・グループ『クラフト』に参加。プロとしてデビュー。Bass・Vocal・作曲を担当する。クラフト解散後、作曲家としての活動を本格的に始動。

1979年 AIR RECORDSの設立に参加。ソロ活動開始。数多くのアーティストに楽曲提供。

Website
https://kingohamada.com/

ベスト AOR セレクション
インク・ブルー

バンド・デビューを経てソロに転じ、多くの作品を残してきた濱田金吾は、ソロ・キャリアの中で7枚のアルバムを発表。全ての楽曲は本人の作曲によるもの。

また、類まれなメロディ・メーカーとして、様々なアーティストにも楽曲を提供している(作曲)。

いずれのアルバムも優れた国内外のミュージシャン(デビュー・アルバムは主にニューヨークで制作された)のサポートを得て制作され、粉う方なき世界水準のクオリティである。

それらリリースした全7作のアルバムの中から、独自の輝きを放つ作品たちにフォーカス。テーマを基に選曲をしたのが、2022年11月9日にリリースされる「インク・ブルー」だ。

選曲のテーマは「AOR / アダルト・オリエンテッド・ロック」。1970年代後半に発表された耳ざわりが良く、長く大人のユーザーに好まれた作品群が、80年代以降にこう呼ばれるようになった。

当時の洋楽AORにも通ずる濱田金吾のサウンド、その時代を描いたラヴ・ストーリーを収めた楽曲たちは輝きと切なさを纏っている。本作では、それらAORテイストの楽曲をセレクトしている。

濱田金吾は、ソロ・デビューからAIR RECORDS(RVC)より3作のアルバムを発表。その後 MOON RECORDS(アルファ・ムーン)より2作、EASTWORLD(東芝EMI)からは2作のアルバムを発表した。

これまではAIR RECORDS時代のベスト、MOON RECORDS時代のベスト、AIR RECORDSプラスEASTWORLDの音源をコンパイルしたベストはリリースされているが、リリースしたアルバム7作品、全てから選曲、1枚に収めたベスト企画盤は、今タイトルが初めてとなる。

選曲は、音楽ライターの近藤正義。

タイトル「インク・ブルー」は、このベスト・セレクション・アルバムを象徴する1曲「インク・ブルーの夜明け」より名付けられている。

「インク・ブルー」ベスト・AOR・セレクション/濱田金吾は、最新マスタリングを施し、高音質CD「UHQCD(アルティメイト・ハイ・クオリティCD)」仕様で、2022年11月9日タワーレコード限定でリリースされる。

リリース情報

  • タイトル
    「インク・ブルー」
    ベスト・AOR・セレクション
  • アーティスト
    濱田金吾
  • リリース日
    2022年11月9日
  • リリース形態
    UHQCD ※高音質CD
  • 品番:STPR034
  • 価格
    2,860円(税込み)
  • 企画・監修
    近藤正義(Free Ride Edition)
  • 発売
    ステップス・レコーズ
  • 企画・販売
    タワーレコード
    ※タワーレコード限定販売
    (予約受付中)
濱田金吾 / “インク・ブルー” ベスト・AOR・セレクション

収録曲

作曲は全て濱田金吾

  1. GATSBY WOMAN
    詞:大津あきら 編曲:山田秀俊
  2. 夜風のインフォメーション
    詞:小林和子 編曲:松下 誠
  3. TROPICAL FISH 
    詞:小林和子 編曲:佐藤 博
  4. Listen, Baby
    詞:康 珍化
    編曲:濱田金吾/山田秀俊
  5. Lonely Wind
    詞:小林和子 編曲:Gerald Alters
  6. GOOD-BYE, AGAIN
    詞:吉元由美 編曲:松下 誠
  7. BYE BYE MRS. DECEMBER
    詞:康 珍化 
    編曲:濱田金吾/山田秀俊     
  8. 海風通信
    詞:小林和子
    編曲:松下 誠/濱田金吾
  9. 街のドルフィン
    詞:及川恒平 編曲:倉田信雄
  10. RAINY HEART
    詞:秋元 康 編曲:佐藤 博
  11. 昼下がりのセレクション
    詞:小林和子 編曲:松下 誠
  12. シャレード
    詞:大津あきら 編曲:濱田金吾
  13. 悲しきBy-Player
    詞:小林和子 編曲:濱田金吾
  14. ビリーホリディに背を向けて
    詞:小坂明子 編曲:松下 誠
  15. 真夜中のテニスコート
    詞:小林和子 編曲:倉田信雄
  16. インク・ブルーの夜明け
    詞:大沢孝子 編曲:山田秀俊

選曲者解説(抜粋)

解説:近藤正義
(音楽ライター:Free Ride Edition/本タイトル企画監修者)

いつの頃からか、ずっと思っていた。濱田金吾の楽曲でAdult-Oriented Rock(以下AOR)をテーマにしたコンピレーションを作りたいと…。(中略)

80年代の恋愛風景の一コマを写真で切り撮ったような濱田金吾の曲、そして当時の音楽シーンを象徴するAORなアレンジと一流ミュージシャンによるトビキリの演奏。存分に楽しんでいただきたい。

近藤正義

濱田金吾
オリジナルアルバム紹介 

  • 1st 「Manhattan in the Rain」
    リリース:1980.Jan.
    ソロ・デビュー第1作。主にニューヨークで制作された。ファースト・コールのスタジオ・ミュージシャンたちがサポート。
  • 2nd 「Gentle Travelin’」
    リリース:1981.Feb.
    デビュー作から一転、バンド・サウンドを目指し、ツアー・バンドと共に合宿レコーディングされた。
  • 3rd「FEEL THE NIGHT」
    リリース :1981.Nov.
    設立に参加したAIR RECORDSに残した最後のアルバムであり、AIRレーベルでの自他共に認める最高作。
  • 4th「midnight cruising’」
    リリース :1982.Oct.
    アルファ・ムーンに移籍後の初リリース。濱田本人の強い希望で、編曲に倉田信雄が全面参加。「他のアルバムとは印象が違うかも」とは本人の弁。
  • 5th「MUGSHOT」
    リリース :1983.Aug.
    本人より「夏に聴くならこの1枚」。編曲陣に、新たに佐藤 博が加わった作品。それに伴い、参加ミュージシャンも多彩な面々がサポート。
  • 6th「HEART COCKTAIL」
    リリース :1985.Mar.
    今作より、東芝EMI/イーストワールドへ移籍。「わたせせいぞう」氏のイラストがジャケットに初お目見え。楽曲とイラスト、描かれたイメージのマッチ感は見事。
  • 7th「Fall in Love」
    リリース :1985.Oct.
    オリジナル・アルバムとしては、現時点での最終作。初のデュエット・トラックを収録。パートナーは「あなた」の大ヒットで知られる小坂明子。詞も彼女のペンによるもの。
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/