ニュース

ピコ太郎「PPAP」の国立劇場版「PNSP」で話題となった長唄唄方・杵屋佐喜が、長唄の新曲『カレーライスの唄』MVをYoutubeで公開!

ピコ太郎の「PPAP」の国立劇場版「PNSP」を唄った三代目 杵屋佐喜(きねや さき)が、2020年4月1日 Youtubeに「杵屋佐喜チャンネル」を開設。第1弾動画として“カレーライス“をテーマにした長唄の新曲『カレーライスの唄』のミュージックビデオを公開した。


PPAP」の国立劇場版「PNSP

2017年、ピコ太郎「PPAP」の国立劇場版「PNSP」を披露した三代目 杵屋佐喜(きねや さき)。ケレン味と格調高い長唄が融合されたその楽曲PVは、Youtubeにおいて300万回の再生数を記録した。(現在は動画は削除されている)

ねとらぼ記事
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1701/15/news021.html

その杵屋佐喜が、2020年4月1日 Youtube内に「杵屋佐喜チャンネル」を開設。第1弾動画として“カレーライス“をテーマにした長唄の新曲『カレーライスの唄』ミュージックビデオを公開した。

なぜ、カレーライス?

杵屋佐喜YouTubeチャンネル開設を知らせるプレスリリースには、以下文章が添えられている。

日本の国民食とも言えるカレーライスは、本場インドから日本で独自の発展を遂げ、各家庭に千差万別の味つけ・こだわりのある、いわゆる“おふくろの味“として、幅広い世代に親しまれています。

現今の世界的コロナ危機は、我々を先の見えない不安に貶め、世界中の人々から笑顔を奪ってしまいました。

学校休校、イベント中止、外出自粛要請が出ている状況ですが、一方では親と子が共有できる時間が増えたことも事実です。

自宅で手軽に「作って」、「食べる」ことが出来るカレーライス。食べて美味しいことはもちろんのこと、子どもは親のカレーライス作りを手伝い、親はオリジナルレシピを子に伝承することも出来ます。

カレーライスは、親と子の絆を深める機会となる食べ物のひとつかもしれません。

そんなカレーライスのもつ魅力を佐喜らしく引き出し、自身の作詞・作曲によって独自の世界を作り上げています。

可愛らしくあたたかみのあるアニメーションも必見です。どうぞお楽しみください。

う~ん、理由として、分かるような、分からないような…(苦笑)

確かに可愛らしいアニメーション、そしてユニークな内容のミュージックビデオになっている事は間違いない。

©2020 ライジングウィステリア
©2020 ライジングウィステリア

杵屋佐喜コメント

今作(新曲・カレーライスの歌)は唄、三味線、囃子による長唄の魅力をぎゅっと詰め込み、思わずカレーが食べたくなるような、そんな思いを込めて作りました。

舞台に立つ事ができなくなった今、何より演奏でお客さまに喜んでいただける事こそ、私たち音楽家の生きる価値です。

私たちの愛する長唄をもっと面白く!分かりやすく!親しみやすく!
これからも、邦楽の魅力をどんどん発信していきたいと思っておりますので、是非ご覧下さい

そもそも長唄とは?

長唄(ながうた)は、近世邦楽の一ジャンル、三味線音楽の一ジャンル、江戸の音曲の一つであり、正式名称は江戸長唄(えど ながうた)という。

江戸長唄は義太夫節など語りを中心とした「語り物」とは異なり、唄を中心とした「歌い物(うたもの)」である。

演奏は基本的に複数人の唄と三味線で成り立っているが、曲目によっては小鼓、大鼓、太鼓、笛などで構成される「お囃子」が付くこともある。

また、通常の三味線パートのほかに「上調子」と呼ばれる三味線パートを持つ曲も存在する。

出典:Wikipedia

三代目 杵屋佐喜プロフィール

長唄・唄方。本名・武藤文彦。
1983年 東京生まれ。

江戸時代より続く長唄佐門会家元・七代目杵屋佐吉の次男。

幼少時より三味線を祖父・五世杵屋佐吉、田島佳子に、長唄を人間国宝・杵屋佐登代、今藤尚之の各師に師事。国立大劇場にて6歳で初舞台。玉川大学文学部芸術学科、声楽専攻卒業。声楽を藤原歌劇団テノールの市川和彦に、ピアノ・作曲をピアニストの仲野真世に師事。第11回アジアクラシック音楽コンサート新人賞受賞。

2002年、父の前名である佐喜の名を三代目として襲名。現在長唄の唄方として全国各地の演奏会、歌舞伎公演、日本舞踊会、NHK「にっぽんの芸能」ほかテレビ、ラジオに出演多数。

「市川海老蔵 Grand Japan Theater」ニューヨーク・カーネギーホール公演、「平成中村座スペイン公演」ほか、シンガポール、ブラジル、韓国等、海外公演への出演も多い。

また、全国での子ども向けワークショップや、長唄協会の委員として教科書の作成に携わるなど、長唄の普及活動にも積極的に取り組んでいる。

2014年9月、日本コロムビア「和風ビートルズメドレー」発売。

2017年12月、四世杵屋佐吉作曲三絃童謡集「三味線でうたおう!子どもと楽しむ長唄童謡~CD付~」(ライジングウィステリア)を出版。

一般社団法人長唄協会会員。

今後の杵屋佐喜チャンネル

杵屋佐喜チャンネルでは、新曲『カレーライスの唄』のミュージックビデオの他に、長唄童謡の紹介番組を、2020年4月15日よりスタート。

以降は、長唄童謡10曲を3日に1回配信予定の他、杵屋佐喜を中心とした長唄唄方、三味線方、囃子方によるリモート演奏を収録した番組も配信予定との事。

ご本人のコメントにもある様に、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い外出自粛が求められている現在、YouTubeを通じて、日本の伝統芸能でもある長唄をより親しみやすく、楽しく、幅広い世代に届けてくれる杵屋佐喜チャンネルは期待大である。

杵屋 佐喜 – Saki Kineya YouTube Channel

ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/