ニュース

ピアニスト・髙本りな、ニューヨーク、ボストン、東京の3拠点でリモート・レコーディングしたミニアルバムをリリース

ボストン在住のピアニスト 髙本(こうもと)りなのミニアルバム「Haru」がリリースされる。実力派ミュージシャンを起用し、ニューヨーク・ボストン・東京の3拠点でリモート・レコーディングによって制作されたアルバムは、特典付高音質DL版が2020年10月17日、ストリーミング配信版は2020年10月24日に発売予定。


髙本りなプロフィール

香川県「アートの島」直島出身。3歳よりピアノを始める。

早稲田大学中退後、東京を拠点に演奏活動を開始。ピアニストとしてクラシック、ポップス、ヒップホップ等ジャンルを問わず多数のステージに出演するほか、2015年公開の邦画「クレヴァニ、愛のトンネル」(監督:今関あきよし、主演:未来穂香)では主題歌ボーカリストを務めるなど幅広い活動実績を持つ。

2015年音楽留学のため渡米。2019年に米アーティストビザを取得、ボストンを拠点に活動を続ける。

2020年10月には南カリフォルニアのTV番組「Creative World」インタビューゲストとして亀田誠治、千住明、大島ミチル等に並び抜擢され、アメリカ日本人コミュニティでの注目度も高まっている。

Website
https://www.rinakohmoto.com/
Instagram
https://www.instagram.com/rinakmt_pf/

https://twitter.com/RinaKmt_pf/status/1312686663248814080?s=20

ミニアルバム「Haru」

髙本りなの渡米後初のリーダーアルバムとなる「Haru」は、自身のルーツとするクラシック・ゲーム音楽にアメリカで学んだジャズ・ワールドミュージックの要素が加わり、バラエティに富んだサウンドの全6曲を収録。

全楽曲の作曲・アレンジとピアノ演奏を髙本が担当している。

レコーディングには布袋寅泰ツアーギタリストとして知られる黒田晃年、メジャーシーンで活躍するドラマー神田リョウをはじめとする実力派ミュージシャンを起用。

ニューヨーク・ボストン・東京の3拠点でリモート・レコーディングにて制作された。

リリース情報

  • アーティスト名:髙本りな
  • アルバム名:Haru
  • レーベル:Soramimi Records

【参加ミュージシャン】

リリーススケジュール

  1. 2020年10月17日
    特典付き先行DL販売:髙本りなWebsite
    ※特典内容:高音質wav音源/全曲セルフライナーノーツ/収録曲デモver1曲/DL版限定ジャケット画像
  2. 2020年10月24日
    Spotify等各種配信サイトリリース
ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/