ニュース

安富祖貴子・石嶺聡子・高良結香・普天間かおり クリスマス・スペシャル・チャリティ・ショー「Okinawan Diva」が12月20日開催、配信ライブも。沖縄からの歌声を自宅でも楽しめる Live At Home from Koza City。

沖縄が生んだ4人の歌姫が、美しくしなやかな歌声を届けるクリスマス・スペシャル・チャリティ・ショー「Okinawan Diva」が、2020年12月20日開催される。配信ライブもあり。チケットは2020年11月7日より発売。

なお公演の収益の一部は、RBCiラジオ「応援!18の旅立ち」2020チャリティーキャンペーンに寄付される。


Okinawan Diva 出演者

安富祖貴子

4才よりクラシック・ピアノを習い始める。高校卒業後上京、尚美学園音楽短期大学・音楽学科ピアノ科でクラシックを専門的に学ぶ。

2000年、沖縄No.1ラテン・ロック・バンド「ディアマンテス」にキーボード、バックヴォーカリストとして加入。数々のライヴの他、CD『リブレ』『アデランテ』『ビエントス』の3作品にも参加。

2004年より再びソロの音楽活動を始める中、アメリカでジャズ修業をして帰国したギタリスト 知念嘉哉とコンビを組みジャズ・スタンダードの演奏を始める。

2005年、その歌唱力、フレイジングに目をとめたM&Iレーベルからジャズ・ヴォーカリストとしての道を提案され上京。都内のジャズ・ライブ・ハウスを見学、ジャズに完全に魅了される。

そしてギタリスト知念が師事を受けていたニューヨークから帰国直後のベーシスト井上陽介に出会い、夢として培ってきたR&Bヴォーカルの魅力をあわせもつ新しいタイプのジャズ・ヴォーカリストを目指し、ジャズ・フィールドでの活動を誓う。

2006年3月、1stアルバム『魂/Kon』を発売。その歌声から50年に1人のジャズ・ヴォーカルの逸材と言われ、デビュー作にもかかわらずスイング・ジャーナル誌選定ゴールド・ディスクを獲得。

そして同誌選定の2006年「ジャズディスク大賞」において、〈制作企画賞〉〈ニュースター賞〉、さらにADLIB誌”アドリブ・アワード”「’06国内ニュースター賞」と、栄誉ある受賞を果たした。

現在、各地のジャズフェスティバルや全国のジャズ・クラブで精力的にライブ活動を行っている。

Website
https://www.mandicompany.co.jp/AfusoTakako/

石嶺聡子

沖縄県那覇市出身。J-POPや洋楽など、ジャンルを問わずさまざまな音楽が溢れる家庭に育ち、1991年に出場した長崎歌謡祭のグランプリ受賞を機に、1994年デビュー。

3枚目のシングル「花」が大ヒット。第46回NHK紅白歌合戦に出場。

1996年、インドネシアで開催された第1回アジア音楽祭で「Asian Dream」がグランプリを獲得。

2017年には沖縄在住のプロデューサーMizukiとクラブミュージックを軸とするプロジェクト “Okinawa Delays Feat. Satoko Ishimine”を立ち上げた。

近年は日本だけでなくイギリスやデンマークのレーベルからも作品をリリース中。

Website
http://www.satokoishimine.com/

高良結香

沖縄生まれ。ニューヨーク、ブロードウェイにてミュージカル『マンマ・ミーア』『フラワー・ドラム・ソング』『太平洋序曲』などに出演。

2006年、16年ぶりにブロードウェイで再演された『コーラスライン』にコニー・ウォン役で出演。

その後『RENT』『The Yellow Wood』にも出演。

日本では、地元の沖縄を中心に音楽活動を行っており、これまでにシングル1枚、アルバム3枚をリリース。

2020年からは拠点を沖縄に移し、コロナ禍にあっても、ブロードウェイのベテランシンガー(87歳) アルビン・インのCDをプロデュース。

後進の指導のためのワークショップを行い、バンドを組んでライブ活動を行うなど、様々な動きをスタートさせている。

Twitter
https://twitter.com/yukajamz

普天間かおり

沖縄県中城村出身 シンガーソングライター

琉球王朝の流れに生まれる。透明感あふれる歌声は、何よりも大切にしているライブ活動を中心として老若男女問わずに浸透している。

2011.3.11、ラジオ福島「かっとびワイド」の金曜パーソナリティー。
「かっとびワイド」の生放送中に東日本大震災に遭う。

その後、「Smile Again 0311」支援プロジェクトを立ち上げ、避難所でのライブやチャリティーコンサートの開催、震災後に書き下ろした楽曲「Smile Again」を音楽配信、本の街 神保町の有志の方々と協力し、福島県の子どもたちへ本を贈る「スマイル文庫」の活動も開始。

音楽の枠を超え様々な分野の方々とのつながりを持ちながら、その支援の輪を広げている。

2014年12月24日、初のカヴァーアルバム「Mellow」をテイチクより発売。

2016年には舞台へ初出演、2017年オリジナルアルバムとしては、4年半ぶりに「つたえたいことがあります」を発売。

2020年8月8日には、首里城再建応援プロジェクト・CD「暁 ~美ら美ら(ちゅらぢゅら)~」をリリース。

Website
http://www.futenma.net/index.html

Okinawan Diva ライブ情報

  • 開催日:2020年12月20日(日)
  • 時間:開場17:00・開演(ライブ配信スタート)18:00
  • 会場:ミュージックタウン音市場
  • チケット発売日:2020年11月7日 午前10時~
  • 通常チケット:全席自由・200名様まで ※要1ドリンクオーダー
  • 一般前売:3,500円、当日:4,000円
    高校生以下前売:1,500円、当日:2,000円
  • ライブ配信チケット:2,000円
    https://peatix.com/event/1700479/
    ※アーカイブ視聴は2020年12月27日まで可能

通常チケットプレイガイド:ミュージックタウン音市場/照屋楽器店/普久原楽器店/キャンパスレコード/桜坂劇場(那覇)/イープラス・ファミリーマート/ローソンチケット/チケットぴあ・セブンイレブン

  • 出演:安富祖貴子、石嶺聡子、高良結香、普天間かおり
  • 司会:狩俣倫太郎(RBCiラジオアナウンサー)
  • 問合せ・電話予約
    ミュージックタウン音市場
    098-932-1949
  • 主催:ミュージックタウン音市場
  • 制作協力:RBCiラジオ

来場時注意他、詳細は以下リンクにて
https://www.otoichiba.jp/event/20201220diva/

Live At Home from Koza City とは

「Live At Home」は、沖縄市の総合音楽施設・ミュージックタウン音市場から、定期的にライブ配信を行うイベントです。

文字どおり、家にいながらライブ・ミュージックを楽しめます。沖縄県内最大規模のライブハウスである”ミュージックタウン音市場”から、クオリティの高い音と映像で、今の沖縄の音楽シーンで注目のアーティストからベテランの人気アーティストまで、発信し紹介していきます。

ミュージックタウン音市場Website
https://www.otoichiba.jp/

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/