音楽

ボーカリスト IBUKI インタビュー 約2年半ぶりとなるシングル「夢限像-MUGENZOU-」リリースに向けて・Included a short English translation.

2021年6月16日に3枚目のシングルとなる「夢限像-MUGENZOU-」を、国内にてリリースするボーカリストのIBUKI。彼女のスペシャルインタビューをお届けする。彼女からの動画コメントもあるので、ぜひチェックして欲しい。

Onigiri Media shares a special interview with vocalist IBUKI with you. We talked about her new song, to be released in June, album “ExMyself – European Special Edition”, and more. We have included a short English translation of this interview, and hope you enjoy it.


IBUKI’s Special Interview

2021年1月イギリスのSetsuzoku Recordsから「ExMyself – European Special Edition」をリリースしたボーカリストのIBUKIが、2021年6月16日に3枚目のシングルとなる「夢限像-MUGENZOU-」を、国内にてリリースする。

今回のインタビューでは、約2年半ぶりの新曲リリースについてはモチロンの事、昨年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大状況についての心境や、コロナ禍でのレコーディングについて、「ExMyself – European Special Edition」をリリースしての感想等について語ってもらった。

さらに、IBUKIからファンへの動画コメントも届いたのでご紹介する。

なお、本記事は海外ファンにもIBUKIの想いが届くよう、英語の翻訳文章も併せて掲載している。ご理解、ご了承頂ければ幸いだ。

Vocalist IBUKI will release her third single, “MUGENZOU” in Japan on the 16th of June, 2021. We interviewed her about the new song among other things, and have included a brief English translation of the interview. Please check it out.

コロナ禍で…

■新型コロナウイルス感染拡大が始まってから約1年が経ちました。この間、IBUKIさんはどの様に過ごされていましたか?

正直、あまりいつもと変化はないです。元々引きこもり体質なので(笑)。オンラインでできることは沢山ありますし、色々なことを比較的前向きに捉えていました。

なのでこれを機に、YouTubeでの活動を開始し、今は歌ってみた動画などをコンスタンにアップしています。しかも、自宅に防音室を作ってしまったので、歌う機会自体は増えましたね。

そんな感じで、引きこもりに拍車がかかりました(笑)。

■ライブもなかなかできず厳しい状況が続く中、IBUKIさん的に明るい話題と言えばイギリスのレーベル「Setsuzoku Records」からのスペシャル盤リリースがあると思うのですが、実際リリースされてみての感想はいかがでしょう。YouTubeのコメント欄等を見ると英語や海外からのコメントも増えている様ですが。

そうなんですよね、YouTubeやTwitterで、海外の方からのコメントがかなり増えた感じがあります。リリースした当初に比べ、だんだんじわじわと実感が湧いてきている感じというか。

一昨年(2019年)、FATE GEARさんのサポートボーカルでイギリス公演を行なっているのですが、また絶対イギリスに行きたいです。

今度イギリスに行った時、実際どのくらいの人から生の反響があるか楽しみだな、なんて思っています。

IBUKI「ExMyself European Special Edition」UKレーベル「Setsuzoku Records」より1月29日リリース。IBUKIのコメント+動画も紹介!(Japanese / English)ソロボーカリストIBUKIの「ExMyself European Special Edition」が、2021年1月29日 ヨーロッパにてリリース。IBUKIコメント+動画もご紹介。Japanese singer IBUKI will release "ExMyself European Special Edition" on Jan 29th 2021. Onigiri Media shares her comments about that album in Japanese and English. Please check it out!...

The Covid-19 Situation

About one year has passed since the COVID-19 pandemic began. How have you been spending your time during this?

IBUKI: To be honest, not much has changed for me. I’m an introvert by nature and I don’t go out that much. And there are lots of things I can do online. So I’m trying to stay positive about this Covid-19 situation. For example, I’ve taken this opportunity to focus on my YouTube activities and posted a lot of my videos on it.


■In January 2021, you released ExMyself – European Special Edition through Setsuzoku Records. How do you feel about the release?

IBUKI: I’ve been getting a lot more comments from people overseas on YouTube, Twitter and more. It’s great to read them.

In 2019 I performed in the UK as a support vocalist for FATE GEAR. And I definitely want to go back to the UK, when the situation has passed.

I’m looking forward to seeing fans if I have opportunity to perform in the UK in the future.

「夢限像」について

■6月16日に3rd シングル「夢限像」がリリースされますが、まずはレコーディングを、このコロナ禍の中、どの様に行われたのですか?

こちらも今までと全然変わらなくて。ギターはデータでやり取りしますし、コミュニケーションはオンライン電話でしますし、ギターを弾くこと以外は全て自分でプログラミングしますし。

ボーカルRECとミックスダウンの調整の時は、スタジオにお邪魔しましたけど、マネージャーとエンジニアさんだけの少人数なので、まぁそこも問題ないかなと。

コロナだから特別変化したことは、マスクしてるとか消毒するとかそのくらい。

■作詞作曲もIBUKIさんご自身が手掛けられていますが、それぞれの曲に込めた想いなどがあれば教えて下さい。

鳥が飛ぶのは当たり前なように…音楽が音楽やるのは当たり前で、自分が歌うのも当たり前なことで。「飛びたい」って思ったんですよ。A面「夢限像」の歌詞「輝け無限の鳥たちよ」というのにはそんな意味が込められています。

B面「Defective Love」は、アダムとイヴ…男女の愛をテーマにした歌詞なのですが。男女というのは、不完全であるからまた一つになろうとして惹かれ合うのではないか?と思っていて。そんなことをテーマに書いた曲です。

■「夢限像」は、ハイトーンどころではない高音かつハイスピードな楽曲ですが、レコーディング時のご苦労とかはありますか?また久しぶりのレコーディングとなったと思うのですが、録り終えた(歌い終えた)時の感想なども教えて下さい。

正直、レコーディング自体は比較的スムーズで、特に苦労話みたいのは無くて。あえていうなら、一番大変だったのは「夢限像」のサビのコーラスなんじゃないですかね…

主旋律より高い部分を歌っているので、「高っ!」って思わず言ってしまったくらいです、まさに鳥になった気分でした(シングルに収録されるBack Trackだとコーラスがよく聴こえます)。

歌い終えた後、確認を兼ねて通しで聴くんですけど、なんというか前作のレコーディングに比べて、自分自身がかなり成長しているのを感じられたのが、とても嬉しかったです。

About MUGENZOU

Your 3rd single “MUGENZOU” will be released on the 16th of June in Japan. How did you record it during Covid-19?

You also wrote the lyrics and composed the music yourself, could you tell us about your thoughts on each song?

IBUKI: The recording process is much the same as before. We have always communicated online. We used a recording studio to record vocals and do the mixdown but we did it with fewer than 5 people. The only things that have changed are wearing a face mask and using hand sanitizer.

The song MUGENZOU includes the lyrics “Kagayake Mugen no Toritachiyo (Shine, infinite birds) “. Just as it’s natural for a bird to fly… it’s natural for a musician to play music, and it’s natural for me to sing. Such is the meaning in the song.

The single also includes another song “Defective Love”. This song is about Adam and Eve… I mean the love between a man and a woman. I think that men and women are attracted to each other because they are imperfect and want to be united again. That’s the theme of the song.

■MUGENZOU” is a very high-pitched, high-speed song. What was the most difficult point?

IBUKI: The most difficult part was the chorus. I sang a higher pitch than the main melody, and ended up blurting out “it’s high!” I felt like a bird. When I finished singing the song and listened to it, I was very happy to feel that I had grown a lot compared to the last recording.

Release info

2021年6月16日リリース、IBUKI 3rdシングル「夢限像-MUGENZOU-」は、現在各CDショップにて予約受付中(特典あり)

  • タイトル
  • 夢限像-MUGENZOU-
  • 収録曲
  • 1)夢限像-MUGENZOU-
  • 2)Defective Love
  • 発売日
  • 2021年6月16日
  • 型番
  • PRRA-0012
  • 価格
  • 1,650円(税込)
  • レーベル
  • Proud Rose Records

Message from IBUKI

最後にIBUKIさんからファンの皆さんへ、動画メッセージが届いたのでご紹介する。

IBUKI
IBUKI
気づいたら2年半ぶりのシングルとなりましたが、今まで待っててくださった方や、応援しててくださった方、本当にありがとうございます。

コロナでモヤモヤしていらっしゃる方も多いんじゃないかなと思いますので、ぜひ私のハイトーンを聴いてスカッとしちゃって下さい!

ジャケット写真も今までかっこいい!みたいな感じだったと思うんですけど、今回、かっこよさの中にも、女性のしなやかさとかも出せたかなと思いますので、ぜひそちらも注目していただけたらなと思います。

とてもいい作品になったので、楽しみにしててください。これからも応援よろしくお願いします!!

IBUKI: It’s been two and a half years since we’ve released a single. I’d like to thank all of you who have been looking forward to it and supporting me.

I think many of you have felt stress in Covid-19, so please listen to my performance and feel refreshed!

I was able to show off a feminine side while keeping things cool for the cover photo . I hope you enjoy it, too.

Live Info

ソロでは2年ぶりとなるIBUKIライブだが、緊急事態宣言延長に伴い開演時間が変更となった。

今回のライブではイギリス Setsuzoku Recoreds のレーベルメイトである BRIDEAR との2マン・ライブとなる。

Setsuzoku Records w/Orion Live Japan & Ran Touring presents
Global Metal Connection (International release live)

IBUKI Profile

ガールズ・メタル・バンド「Disqualia」のヴォーカリストとして活動後、2017年よりソロ・ヴォーカリストとして始動。

2017年11月に1st Single「Rise/We are No.1」、2018年6月には 1st Album「ExMyself」、11月には 2nd Single「HIGH TENSION」をリリース。

作詞・作曲、アレンジまで自身で手がける楽曲のクオリティの高さと、群を抜く歌唱力で高い評価を得ている。

Website
https://www.vocal-ibuki.com/
Twitter @vocal_IBUKI
https://twitter.com/vocal_IBUKI
Instagram @vocalibuki
https://www.instagram.com/vocal_ibuki/
YouTube チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCKU1RPrReQC7kqNYgEX0PzQ

Known for her range, tone, and power, IBUKI is one of Japan’s most respected and admired metal vocalists.

IBUKI rose to fame participating in many projects including fronting the all-female metal band DISQUALIA, support vocalist for FATE GEAR, Rie aka Suzaku, guitarist Kabaya’n, and appearences in the the wrestling-theatre hybrid ‘THE MAKAI’ (performing as the ‘Evil Charm’). She is also the vocalist for the popular metal-over project known as NATSUMETAL.

In 2018, IBUKI set her sights on expression as a solo artist. Her 2018 album ExMyself showcases her talent as not only a vocalist but also as a songwriter. The ExMyself – European Special Edition, out 29/01/2021, is her first international release and features a brand new track, ‘Door to the New World.’ IBUKI’s new single, ‘夢限像-MUGENZOU’ will be released June 16.

Setsuzoku Records
https://www.setsuzokurecords.com/
June 16 2021 Release

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/