ニュース

約30年ぶりのドラマ出演 山本リンダと真飛聖・工藤美桜が初共演。『タベホの女~女3世代満腹日記~』2月26日チャンネルNECOにてTV初放送

CS放送「映画・チャンネルNECO」にて、2022年2月26日(土)18時10分より、山本リンダ/真飛聖/工藤美桜出演のオリジナルドラマ『タベホの女~女3世代満腹日記~』2話を、一挙TV初放送する。個性豊かな祖母・母・娘の女3世代の家族が食べ放題を満喫するという、数あるグルメドラマの中でも「食べ放題」に初めて焦点を当てた新感覚グルメドラマ。本記事では出演者のコメントも併せてご紹介する。


チャンネルNECO
オリジナルドラマ
『タベホの女~女3世代満腹日記~』

個性豊かな祖母・母・娘の女3世代の家族が食べ放題を満喫するという、数あるグルメドラマの中でも「食べ放題」に初めて焦点を当てた新感覚グルメドラマ。

キャストは、『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日)でキラメイピンク/大治小夜を演じ、『TOKYO MER』(TBS)で「死者は…ゼロです」の決めゼリフでも注目された若手女優の工藤美桜

元宝塚歌劇団トップスターで、第44回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した『ミッドナイトスワン』や『あなたの番です 劇場版』など話題作への出演が相次ぐ実力派女優の真飛聖

さらに『こまっちゃうナ』をはじめ、『どうにもとまらない』『狙いうち』など数々のヒット曲を放ち、今回が約30年ぶりのドラマ出演となる伝説のポップスクイーン・山本リンダも出演する豪華な顔ぶれとなっている。

ドラマ概要

山盛樹里(工藤美桜)は恋人ナシ、仕事ナシの23歳。自称アーティストの母・杏(真飛聖)とつつましく暮らしていたのだが…

久しぶりに帰国した元世界的歌手の祖母・マリ(山本リンダ)が、食べ放題の道、すなわち「タベホの道」を究める道中に付き合うことになる、というストーリー。

ドラマでは実在する食べ放題の名店が登場。第1話は食べ放題の大人気チェーン店「すたみな太郎NEXT」、第2話は横浜中華街にある香港飲茶食べ放題の名店「招福門」が舞台となる。

女3世代の家族の中で、工藤美桜演じる娘・樹里のどれを食べたらいいのか分からずに迷いすぎてしまう姿や、真飛聖演じる母・杏が一気に食べ過ぎてすぐに満腹になってしまう姿など、食べ放題でありがちな様子がコミカルに描かれる。

さらに山本リンダ演じる祖母・マリが食事の途中でアイスを食べてリフレッシュする「ハーフタイム・シャーベット」など、食べ放題を満喫するためのテクニックが満載のグルメドラマでもある。

クライマックスではお店にある食べ放題メニューを組み合わせて作るオリジナルの「マリアージュレシピ」に合わせて、山本リンダが新曲『明日への翼』を鮮やかに歌い、踊るシーンも登場!魅力的なキャスティングで贈る、新感覚の食べ放題グルメドラマをご堪能あれ!

#1
すたみな太郎NEXT編

23歳にして人生に行き詰まった樹里は、自称アーティストの母・杏とつつましく暮らす日々。

そんなある日、海外で暮らしていた元世界的歌手の祖母・マリが帰国する。その目的は食べ放題=タベホの道を究めることだといい、樹里と杏はマリに導かれるまま食べ放題の店に向かう。

第1話では焼肉、寿司からスイーツまで幅広く取り揃える大人気チェーン店の「すたみな太郎NEXT」が登場する。

#2
招福門編

就職活動の面接に向おうとしていた樹里であったが、警察から「あなたの母が窃盗の容疑で逮捕されました」と連絡が来る。

樹里は急いで警察署に向かい、なんとか事なきを得たが、面接に行けなかったことで杏と大ケンカになる。争っている最中に突然マリが現れ、横浜中華街の食べ放題レストランに行くことに。

第2話では横浜中華街にある、本場香港の点心師による逸品の数々をオーダー式で堪能できる「招福門」が登場する。

放送概要

キャストコメント

山盛マリ 役
山本リンダ

約30年ぶりのドラマ出演となり、とっても緊張していましたが、共演者の真飛聖さんと工藤美桜さんと気が合い、すごくホッとしました。

食べ放題のグルメドラマは、今までにありそうでなかったすごく楽しい内容でした。女3世代がそれぞれの個性で人生を歩んでいて、娘はアーティストとして、孫は就職活動でどうやって生きていくかを悩み、そんな二人をおばあちゃんは心配しているのではないかと思います。

おばあちゃんの「タベホの道を究める」というセリフの裏には、食事を通して、娘・孫とのコミュニケーションを大切にするという、家族への愛情さえ感じます。食というのは、家族を結ぶ大切な存在だと改めて感じさせてくれる素敵なドラマです。

「マリアージュレシピ」のシーンで流れる挿入歌で、私の新曲『明日への翼』はとてもパワフルで前向きな曲です。個性豊かなドラマだからこそ、この楽曲も自然に馴染んでいると思いますし、ドラマを見て新曲も覚えていただけたら嬉しいです。

山本リンダ Website
https://linda-yamamoto.com/

2022年01月26日発売
『明日への翼』詳細
https://www.tkma.co.jp/enka_release_detail/linda.html?rid=14584

山盛杏 役
真飛聖

3人で食べる時間が本当に楽しかったです。たくさん食べるシーンなど確かに大変な時もありましたが、楽しい時間を過ごせました。

山本リンダさんと工藤美桜さんのお二人とは本当に気が合い、温くて自然な時間を過ごすことができました。

女性3人だけのドラマに出演するのも初めてで、女3世代を演じるにはどうすればいいのかと考えていましたが、現場に入ってみたら、自然と家族のような雰囲気になって、すごく居心地が良かったです。

お2人とも心強くて、甘えられる存在だったので、このドラマも長く続いて欲しいなと思っています。

リンダさんの新曲は本当に素敵ですし、勇気がもらえ、明るく生きていきたいと感じさせてくれる楽曲です。曲を聴くと自分もノッてしまうので、ドラマを見た方もノッてしまうと思います!

真飛聖(まとぶ せい)
https://www.watanabepro.co.jp/mypage/20000013/

山盛樹里 役
工藤美桜

山本リンダさんと真飛聖さんは、今までテレビで見ていた方達だったので、共演できるなんてすごいことだと思いました。

お話する時やお芝居をする時はすごく緊張していましたが、温かく迎えてくれて本当に素敵で最高のお二人でした。山本リンダさんと真飛聖さんだったからこそ、素直に樹里役を演じることができましたし、素の自分で話せたのも嬉しかったです。

どの食べ物も本当においしかったので、「おいしい!」という感情が伝わったら嬉しいですし、今までに想像もしていなかった「マリアージュレシピ」で新たなおいしさを発見して頂けたらと思います。

「マリアージュレシピ」の時に流れるリンダさんの新曲には私自身もパワーを頂けて、皆さんにはこのシーンも含めて楽しんでもらいたいです。

工藤美桜 (くどう みお)
https://talent.platinumproduction.jp/kudomio

https://twitter.com/tabeho3/status/1494854474531504129?s=20&t=GkAj9He6cHyDIN2ghshMNg
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/