ニュース

芳野藤丸 他 ツワモノぞろいのバンド AB’S 第1期から第2期への過渡期を記録したアルバムが4月20日リリース

1982年結成。ギタリスト 芳野藤丸を始め、豊富なキャリアを持つツワモノぞろいのバンド AB’S(エイビーズ)。バンド第2期にライヴ会場と通販で限定販売されていた5曲収録マキシ・シングル「A5B3S」(2004年)と、3曲収録マキシ・シングル「Single」を1枚にカップリングした『A5B3S & Single』が、2022年4月20日高音質CDであるUHQCD仕様にて、タワーレコード限定でリリースされる。


AB’S(エイビーズ)

2022年、キャリア50年を迎えるギタリスト 芳野藤丸。

その芳野藤丸の初めてのソロ・アルバム『YOSHINO FUJIMAL』のレコーディング・メンバーで、1982年に結成されたバンドが AB’S。

顔ぶれは、芳野藤丸(G)、松下 誠(G)、岡本郭男(Ds)、渡辺直樹(B)、安藤芳彦(Key/作詞)。全員がヴォーカル、コーラスワークもこなす。

コンスタントにアルバム・リリースを重ね、精力的に活動していた彼らだが、1988年で一旦活動を停止。

その後 2003年に、AB’Sはライヴから再活動を開始する。

今回リリースされるのは、その第2期AB’Sにとって導入ストーリーとなる5曲収録マキシ・シングル「A5B3S」(2004年)と、3曲収録マキシ・シングル「Single」(2005年)のカップリング・アルバムだ。

ボーナス・トラックには「Light the Night」(クロスオーバー・ジャパン2005:ライヴ・バージョン)が収録されている。

ステップス・レコーズ AB’S ページ
https://stepsllc1218.com/abs/

リリース情報

  • タイトル
    「A5B3S & Single」
  • アーティスト
    AB’S(エイビーズ)
  • リリース日
    2022年4月20日
  • リリース形態
    CD アルバム
    UHQCD ※高音質CD
  • 品番
    STPR031
  • 価格
    2,640円(本体 2,400円)
  • 販売
    タワーレコード限定
  • 企画・販売
    タワーレコード
  • 企画・監修
    近藤正義(Free Ride Edition)
  • 発売
    ステップス・レコーズ
AB’S / A5B3S & Single

※UHQCD仕様のCDは、すべてのCDプレーヤーで聴取可能。

ギタリスト 芳野藤丸を中心としたバンド SHŌGUN ライブ盤「ALIVE!」が2月16日高音質CDにてリリース2022年 キャリア50年を迎える名ギタリスト芳野藤丸。彼を中心としたバンドで、日本テレビ系列で放送された松田優作主演ドラマ「探偵物語」のオープニング『BAD CITY』、エンディング『LONELY MAN』を担当した「SHŌGUN(ショーグン)」のライブ盤「ALIVE!」が、2022年2月16日に高音質CD「UHQCD」仕様にてリリースされる。...
芳野藤丸を始めツワモノぞろいのバンド AB’S アルバム 2タイトル 9月15日復刻リリース1982年結成。ギタリスト 芳野藤丸を始め、豊富なキャリアを持つツワモノぞろいのバンド AB'S(エイビーズ)。彼らの第2期 2000年代の名作アルバム2タイトル「NEW」と「Blue」が、タワーレコード限定販売で2021年9月15日 復刻リリースされる。...

アルバム解説

近藤正義(音楽ライター:Free Ride Edition/本タイトル企画監修者)

本作はライヴ会場と通販で限定販売されていた『A5B3S』(2004年作品)と『Single』(2005年作品)をCD1枚にカップリング。

そしてボーナス・トラックには「Light the Night」(クロスオーバー・ジャパン2005:ライヴ・バージョン)を収録。AB’Sの第1期から第2期への過渡期が記録された本作は、AB’Sを語るには欠かすことのできない極めて重要な音源である。

2003年、AB’Sは約19年振りにオリジナル・メンバーで復活した。

80年代に活動を休止したものの、その後も様々なレコーディング現場で顔を合わせていたメンバーで、全員の意見の一致により活動を再開。

手始めにブルースアレイで行なったライヴも大好評で、その勢いで1人1曲ずつ曲を持ち寄り制作したのが2004年3月にリリースされた5曲収録の『A5B3S』。

活動休止後もメンバー全員が現役で活躍していただけに、久しぶりでも集まればAB’Sの音になることは分かっていたという。

看板である芳野藤丸&松下誠のツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、そしてバンドの鉄壁のコンビネーションは健在だ。その上でサウンドが骨太なAORへと変化しつつあり、スケールアップされたバンドとしての充実度が感じられる。

その直後、安藤芳彦が歌詞やアレンジのみに関わるという形で演奏から退き、キーボードの後任としてスタジオの現場でもメンバーとは顔見知りだった山田秀俊が加入。これが2期AB’Sへの助走と言ってよいだろう。

そのタイミングでクロスオーバー・ジャパン2005への出演も決まり、それに合わせて作られたのが3曲収録の『Single』である。

そして本格的に始動した第2期AB’Sは、いよいよフル・アルバムを制作する。それが昨年タワーレコード限定で再発売された『NEW』(2005年作品:5th)と『Blue』(2007年作品:6th)である。

パワーアップしたキーボード演奏が新生AB’Sを印象づけており、オリジナル・メンバーである渡辺直樹の曲作りやコーラスにおける存在感も大きい。

この『A5B3S & Single』のリイシューにより、80年代の第1期AB’Sと2000年代の第2期AB’Sの間の空白が埋まる。

そして現時点の最新作である第3期AB’Sによる『AB’S-7』(2020年作品)へと繋がるバンドの歴史の中で欠けていたピースが揃った。

芳野藤丸のデビュー50周年という節目に、AB’Sのさらなる再評価が巻き起こることは間違いない。

近藤正義
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/