MENU
ニュース

ボカロP ハン 5曲収録の2nd EPを5月4日配信リリース

キャッチーなメロディをロックサウンドに乗せて奏でるボカロPのハンが、自身2作目となる5曲入りのEP「リスカの傷ごと愛してね」を、2022年5月4日に配信リリースする。本記事ではセルフライナーノーツも併せてご紹介する。

2nd EP
リスカの傷ごと愛してね

自身の経験から生まれる陰鬱な詩の中に希望やメッセージを交えた独自の世界観を、キャッチーなメロとロックサウンドに乗せ奏でるボカロPのハン。

2021年11月9日に1st EP「精神薬が切れる前に」をリリースしたばかりだが、2022年5月4日に5曲入り2nd EP「リスカの傷ごと愛してね」を配信リリースする。

ボカロP ハンが、USインディーロック×ボカロ サウンドの1st EPを11月9日デジタル配信リリース自身の経験から生まれる陰鬱な詩の中に希望やメッセージを交えた独自の世界観を、キャッチーなメロとロックサウンドに乗せ奏でるボカロPのハンが、5曲入りEP「精神薬が切れる前に」を2021年11月9日配信リリースすることが決定した。これはハンにとっては初の配信リリースとなる。...

2nd EP「リスカの傷ごと愛してね」のコンセプトは「死にたい夜に送るメッセージアルバム」との事。

一見重そうなテーマだが、軽快なギターロックとボカロの融合が心地よく、13分で一周するEPなので、幾度となくリピートしたくなる作品になっている。

リリース情報

Track List

  1. リスカの傷ごと愛してね
  2. オーバーオーバードーズ
  3. 結婚なんてしないよ
  4. 整形、ダメ?
  5. 死にたい夜に聴く歌

セルフライナーノーツ

M1. リスカの傷ごと愛してね
「一生懸命生きてんだ。傷ごと愛してよ」苦しくて生きづらくて、死にたい思いをしながらも、まだ希望を信じて生きている。

身体の傷は心と同じで癒えない。それでも生きていたいんだ。傷ごと愛して欲しい。そんな切実さをストレートに伝えた楽曲です。今アルバムの表題曲になりました。

M2. オーバーオーバードーズ
切っても飲んでも癒えないなら、もういっそ殺してくれと叫ぶ歌です。

生きたいと叫んだ「リスカの傷ごと愛してね」の直後に制作された今作は、より死について肉薄した希望と期待を抱いている点で、私の生命の「悪化」を表現しています。

なぜ私にとって悪かといえば、死んだら音楽を作ることができないからです。

M3. 結婚なんてしないよ
結婚なんてしないし就職もしない。将来の夢はありません。誰の指図受けなければ誰の目にも届かず生きていきたいしそれも厭わない。私の知人をモチーフにした楽曲です。

M4. 整形、ダメ?
偏見への恐怖とスティグマをストレートに伝えた歌です。整形に対するマイナスなイメージを感じつつも美貌に憧れる心を押さえつけられない。私はそのような心を肯定したい。

M5. 死にたい夜に聴く歌
君のどうしようもなさに花を贈ろう。というフレーズから制作した、死にたくて寝れない夜を過ごす方達に向けた楽曲です。

過去は消えないしどうしようもない人生には劇的な出来事を期待できない。もう死にたいとしか思えない自分に、誰かに語りかけています。

ボカロP ハン
プロフィール

ボカロPとして2016年から活動。バンドサウンドを軸としたキャッチーなロックサウンドを特徴とする。自身の経験から生まれる陰鬱な詩の中に希望やメッセージを交えた独自の世界観を表現。

その活動はボカロPに留まらず、音楽ユニット「ハンピレイ。」の詩曲担当として活動するなど多岐にわたる。

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/