エンタメ

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』・”Amiliyah” vocal kimiの辛口映画感想文

新規連載企画 「姫とモンスターが旅するバンドAmiliyah の Vocal kimiの辛口映画感想文」

子どものころから、本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛し、映画ではスリラー的なホラーやファンタジー映画が特に好きと言う、kimiによる辛口映画感想を、月1回 Onigiri Mediaでご紹介する。


ネタばれしたくない方は見ないでください…


ホラーは天国のように幸せで平和な素晴らしいワンダーランド

kimi
kimi
はじめまして、Amiliyahというメタル、ラウド、ゴシック、などとジャンル分けされるバンドでvocalをしておりますkimi (キミ)と申します

Amiliyah / kimi

私は幼き頃から本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛して参りました。それらの芸術的要素を全て網羅しているものといえばやはり、映画!

中でも特に好きなのはスリラー的なホラーやファンタジー映画などです。(戦争や争いが絡むものは興味を持てず一切見られないなどの偏りはあります)

私は、”ホラーはファンタジーのうちの一つ” と公言して憚らないのですが、なぜなら、決して自分に危害が及ばないことが保証された中で(恐怖を)楽しむことができるから。

現実世界の残酷さに比べて、ホラーは私にとって天国のように幸せで平和な素晴らしいワンダーランドです。

そんな大好きなホラーをメインに、こちらで月に一度ほど映画についてのコラムを書かせていただけることになりましたので、皆様の余暇のお時間がありましたら、ぜひお付き合い下さいませ。

それでは記念すべき第1作目「IT/ THE END “それ”が見えたら、終わり。」(2019年)をご紹介いたします。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

ホラー映画歴代興収No.1!すべての謎が明らかになる― ホラー映画史に残る、最恐ホラー遂に完結!

ルーザーズ・クラブがペニーワイズを撃退してから27年後、ついに“それ ”が帰ってきた。

すでに大人となり、それぞれの道を歩んでいたルーザーズの面々だが、メイン州デリーで再び行方不明事件が発生すると、マイクは他のメンバーを故郷に呼び戻す。

過去のトラウマを引きずりながらも、一人一人が心の奥底に抱いている恐怖を克服しなければならない。かつてないほど凶暴化した“それ ”、ペニーワイズを完全に葬り去るために。

2019年製作/169分/R15+/アメリカ
原題:It: Chapter Two
配給:ワーナー・ブラザース映画

「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

映画. com「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」
https://eiga.com/movie/88423/

モダンホラーの帝王 スティーブン・キング原作による小説「IT」。

それを映画化し、世界各国で大ヒットを飛ばしたホラー「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編にして完結編。 それが「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

同作は2020年2月12日より先行デジタル配信開始、2月26日ブルーレイ&DVD発売(予定)

kimi の 辛口感想

kimi
kimi
2017年の前作の終わり方が明らかに続きを匂わせておりましたが、案の定、素早く続編が公開されましたね。

スティーブン・キング原作「スタンドバイミー」を彷彿させるような子供たちの組み合わせに、存在意味がわからないピエロがとにかく怖いという、特に内容は無いとも言える前作と本作でしたが、とにかく、ホラーには命となる、間とテンポと恐怖のバリエーションが完璧。

前作からITの動きは真似したいほどの面白さとセンスだし、闇を効果的に使っていたり、畳み掛けてくる脅かしポイントの量だとか、脅かしのバリエーションだとかが秀逸で、子供たちそれぞれの恐れを増幅させていたり、ホラー映画に必要なポイントをしっかり押さえていました。


本当に本当に大好き。


特に続編での、おばあちゃんの動きがツボで、お部屋を散策する少女を監視するように入り口から半分顔を出していたり、通路をあの独特の動きで横切ったりと、笑顔になれるシーンが多すぎて、鑑賞後に真似したくなること必須のシーン満載です。

隅々までとっても楽しい!!と全力で言える映画です。

kimi
kimi
次回はこちらも話題作「JOKER」についてお話しいたします

Amiliyah プロフィール

Amiliyahは独自の世界で展開するバンドです。

Amiliyahの世界には、人間界と繫がっている“恐ろしの森”と呼ばれる危険な森を挟み、“光の国”と“闇の国”という2つの国があり、1人の姫、5体のモンスター、2体のエルフが、何でも願いを叶えてくれるという徴(シルシ)を探す旅をしています。

その旅の中で、恐ろしの森のどこかから紛れこんだ人間達にショーを披露する…

kimi
kimi
と、説明しましてもサッパリなのは映画のイントロダクションと同じ。是非一度、Show(ライブ)へ足を運んでいただけたら幸いです

Amiliyah ライブ情報

2020.01.24(fri) [ 初台DOORS ]
2020.02.08(sat) [ 豊橋club KNOT ]
2020.02.22(sat) [ 吉祥寺CRESCENDO ]
2020.03.14(sat) [ 京都MOJO ]
2020.03.15(sun) [ 心斎橋SHOVEL ]
2020.04.18(sat) [ 目黒鹿鳴館 ]
詳しくは Amiliyah のWebsite他にて

ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/