エンタメ

映画:エクソシスト 姫とモンスターが旅するバンドAmiliyah の Vocal Kimiの辛口映画感想文

子どものころから、本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛し、映画ではスリラー的なホラーやファンタジー映画が特に好きと言う、バンド Amiliyah (アミリヤ)のボーカルKimiによる辛口映画感想を、月1回 Onigiri Mediaでご紹介。

今回は、1974年に公開された「恐怖の頂点、そして原点」と言われる映画「エクソシスト」


悪魔憑依系の数あるオカルト映画の礎的な存在

kimi
kimi
Amiliyah の kimi です。ごきげんよう 

暑くも寒くもなく穏やかで、鮮やかな自然が美しい季節、秋が深まって参りましたね。いかがお過ごしですか?

今回は旧作から。そしてきっと丁度今頃。ハロウィンの季節のジョージタウンを舞台に描かれているオカルトホラー映画をご紹介します。

あの印象的なテーマソングも含め、悪魔憑依系の数あるオカルト映画の礎的な存在として、あまりに有名な「エクソシスト」です。

映画・エクソシスト

1974年7月13日劇場公開。「この恐怖を超えた映画は、いまだ存在しない。」

悪霊に取り憑かれたあどけない少女、少女を必死に救おうとする母親、そして究極の悪と戦いながらも、かたや半信半疑、かたや不動の信念を持つ2人の神父を描いた、恐ろしくもリアリティー溢れる物語は、常に観る者の度肝を抜いてきた。

ディレクターズカット版は、監督のウィリアム・フリードキンと製作/脚本のウィリアム・ピーター・ブラッティが、1973年公開時にはカットされた10分以上の未公開映像を加えて再編集したもので、出演者たちの鬼気迫る演技のインパクトがさらに増し、観客は作品世界へより引き込まれることになる。

1973年製作/122分/アメリカ
原題:The Exorcist
配給:ワーナー・ブラザース映画
https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=3905

製作総指揮 :ノエル・マーシャル
監督 :ウィリアム・フリードキン
製作・脚本・原作 :ウィリアム・ピーター・ブラッティ
音楽:マイク・オールドフィールド

Kimi の 辛口感想

kimi
kimi
原作の小説は1949年メリーランド州シルバー・スプリングで14歳の少年が憑依された実話に基づいていますが、映画では12歳の少女に起きた現象として描かれています。

長く実際の医療トレーニングに使われていたほど忠実に描かれている医療シーンや、実際の悪魔払いの方法などは物語の説得力を深めていますし、カラス神父が常に階段を登り登場するのは彼が死後報われることを意味しているなど、細部まで沢山の意味が込められ、丁寧に美しく描かれています。

私のお気に入りのシーンは、神父が悪魔を掘り起こしたの?と誤解を招きがちだけど、神秘的なイラクでの悪魔像との対峙や、カラス神父の夢の描写、ナースの謎の帽子やリーガンの母や友人の装い、悪魔に憑依された少女リーガンと神父による、まるで男同士の会話のようなシーン、きっと皆見たことがあるあのブリッジで階段を降りてくるシーンなど、素敵なお気に入りが盛り沢山な映画です。

 

天井裏からの音、少女がOuija boardで悪魔と遊んでいたことを示す場面、サブリミナル的に悪魔が登場するシーンなどを経て、ごく普通の少女リーガンの様子が段々とおかしくなっていくのですが、その過程や様子が壮絶で見応えがあります。

 

昔のホラー映画はどこか哀愁が漂うのも良いところと言えますが、本作の終わり方は、なんともふに落ちず、あまりに可愛そうで切ないけれど、心にいつまでも残る名作です。

映画:あん・姫とモンスターが旅するバンドAmiliyah の Vocal Kimiの辛口映画感想文子どものころから、本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛し、映画ではスリラー的なホラーやファンタジー映画が特に好きと言う、バンド Amiliyah (アミリヤ)のボーカルKimiによる辛口映画感想を、月1回 Onigiri Mediaでご紹介。今回はホラーでは無く、樹木希林さん最後の主演作となった映画「あん」をご紹介します。...

Amiliyah 情報

kimi
kimi
エクソシストに登場する悪魔は大変怖いですが、Amiliyahにも悪魔が一体おります。

ベーシストのwesterは人間を面白がり、見守る心優しい良い悪魔なので、あんな悪い事もせず、下品な言葉も使いませんので、善良な人間の皆様にはAmiliyahの悪魔がおすすめですよ!

そんなAmiliyahを、またもや無料配信でご覧いただける機会が来たる10月28日 20:00よりございます!

物語には様々な側面が存在しますが、Amiliyahにも闇の国と光の国があり、全く違った雰囲気と楽曲でshowが行われます。

どちらの世界に皆様が迷い込むかは運次第。さて、今回はどちらの世界をご覧いただけるのでしょうか。どうかお見逃しなく!

それではまた。Amiliyah kimi

無料配信ライブ・2020年10月28日

ツイキャスでの生配信のあと、21時頃からはファンコミュニティ・アプリからの放送があります。ご加入は以下リンクより可能です。

FCイベントや、有観客再開時のチケット優先販売など特典盛り沢山のコミュニティです。ぜひご入会下さいませ。

「Amiliyah公式ファンコミュニティ あつまれAmiliyahの森」新入会キャンペーン実施中!詳細、入会方法はこちら

https://fanicon.net/fancommunities/3039

ラジオ

レギュラー番組
レインボータウンFM「KEY OF JAM RADIO/とびだせAmiliyahの森」
毎週金曜日22:30〜23:00
Amiliyah、カギかけロッカーズ、五十嵐晴美、太田彩華の4組で週替わりでお届け。提供:利研ジャパン

10月はAmiliyahは23日に出演。

視聴方法

  • YouTube Live映像配信(トーク部分のみ)
  • アプリListen Radio
  • サイマルラジオ
    ※スタジオ公開放送は、現在自粛中です

視聴方法詳細は、レインボータウンFM Websiteにてご確認下さいませ。

番組公式Webサイト
http://a-linemusic.com/kojr/

Amiliyah プロフィール

Amiliyahは独自の世界で展開するバンド。

Amiliyahの世界には、人間界と繫がっている“恐ろしの森”と呼ばれる危険な森を挟み、“光の国”と“闇の国”という2つの国があり、1人の姫、5体のモンスター、2体のエルフが、何でも願いを叶えてくれるという徴(シルシ)を探す旅をしている。

その旅の中で、恐ろしの森のどこかから紛れこんだ人間達にショーを披露する…

Amiliyah Website
http://amiliyah.com/

 

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/