エンタメ

森田釣竿 (漁港) 鮮魚店「泉銀」に、太田彩華+たけちゃん (太田家) が訪問! フィッシュロック vs 文学的青春パンク!!! 特別企画「縁は異なもの味なモノ?」本編動画公開!!!

2020年11月25日に、1stアルバム「愛読書」をリリースする文学的青春パンクバンド 太田家の太田彩華さん+たけちゃんがフィッシュロックバンド 漁港 の 森田釣竿氏の鮮魚店 泉銀(いずぎん)を訪問すると言う特別企画「縁は異なもの味なモノ?」本編動画。いよいよ公開!


太田家 meets 漁港(泉銀)

バンドメンバー全員の名字が「太田」、ファンは「親戚」と言う摩訶不思議な文学的青春パンクバンド 太田家

「日本の食文化を魚に戻し鯛!」をコンセプトに活動する、孤高のフィッシュロックバンド 漁港。※正式表記は「港」を反転

独特な活動をする2つのバンドが、千葉県浦安市で奇跡の出会いを果たすOnigiri Media特別企画「縁は異なもの味なもの?」。

バンド 太田家リーダーでベースの太田彩華さん、そしてドラムスの太田たけちゃんが、少ない手がかりを元に目指すはバンド 漁港のボーカル・包丁担当 森田釣竿が店主を務める鮮魚 泉銀(いずぎん)。

2人待ち受ける運命やいかに…

浦安 鮮魚店・泉銀にバンド 太田家が潜入?! フィッシュロック vs 文学的青春パンク??? Onigiri Media 特別企画「縁は異なもの味なモノ?」予告編フィッシュロック vs 文学的青春パンク???フィッシュロック・バンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚店・泉銀に、文学的青春パンクバンド 太田家が訪問。特別企画「縁は異なもの味なモノ?」の予告編。...

縁は異なもの味なモノ?
本編動画!

あいにくの雨の中、太田彩華さんとたけちゃんは、鮮魚 泉銀を目指して歩きだした。

さて、どんな出会いとなるのか… 動画をチェック!

動画ハイライト(1) 泉銀訪問

漁港/泉銀の森田釣竿氏と衝撃的な出会いを果たした太田彩華さんとたけちゃん。

鮮魚 泉銀は東西線浦安駅から徒歩約10分。幾つか行き方はあるが、2人が歩いたルートはコチラ

魚は太田彩華さんも、たけちゃんも大好きとの事。しかし森田氏より思わぬ方向からツッコミがw

メジャーな魚から、インディーな魚まで。様々な魚を販売する店・泉銀。因みに魚セトリ(セットリスト)=品揃えは、その日によって異なる。

日本酒基準で魚を選ぶ太田彩華さん(苦笑)

店内にはフィッシュロックバンド 漁港のCDも!

「インディーでも、メジャーでも、魚は美味しい!」と、取材中にも魚に対するアツい想いを2人に語る森田氏。泉銀では、スーパー等ではあまり見る事のない魚の部位等も扱っている。

「気軽に声をかけて欲しい」と森田氏は言う。今日のおススメから、魚の美味しい食べ方まで、様々な事を教えてくれるので、ぜひ来店した際には、臆せず質問してみて欲しい。※状況によっては対応できない場合もあります。悪しからずご了承下さい。

さらに来店が難しい場合は、Webshopから通販で魚やバンド漁港のCD、グッズ等を購入する事も可能だ。

最後にはお互いバンド+お店のグッズ等を持って記念撮影。森田さんは一見恐そうだが、大変優しく色々とお話してくれました。ありがとうございました!

動画ハイライト(2) 実食!

森田氏の熱き想いに感銘して太田彩華さんが泉銀にて購入したのは、日本酒に合う「酒盗」と「明太子」と「イカゲソ」。

そしてたけちゃんは、マグロの尾の部分、あさり、クジラのヤマト煮、さらに、岩下食品の「ご飯にかける岩下の新生姜」も購入。

これらの購入品はそれぞれにお楽しみ頂く事として、今回は森田釣竿氏におススメされた「クロソイ」のお刺身を2人は実食。

この「クロソイ」はカサゴの仲間で、北海道などの呼び名で「ソイ」、もしくは「スイ」などとも呼ばれているとの事。

お塩と醤油で「クロソイ」楽しんだ2人。実食の感想は動画+この表情からもご理解頂けるかと。

因みにこのお醤油(再仕込み醤油 梶田泰嗣)お塩(鈴なりの旨い塩)も泉銀店舗で購入できる。(お塩はWebshopで購入も可能)

2人と森田氏との絶妙なやり取り、さらには太田彩華さんとたけちゃんの食レポ等、詳しくは動画「縁は異なもの味なモノ?」本編(動画)でチェックして欲しい。

※店舗の品ぞろえは日々変わるので、記事でご紹介した品物が毎回あるとは限りません。ご理解・ご了承下さいませ。

太田家 1stアルバム「愛読書」

動画でも告知していた2020年11月25日にリリースされる、太田家の1st アルバム「愛読書」は現在、絶賛予約受付中だ。

https://twitter.com/ota_ayaka_staff/status/1323978398943768580?s=20
太田彩華率いる「文学的青春パンクバンド」太田家、11月25日リリース1stアルバム「愛読書」に収録の「愛とアストロノミア」MV公開!声優/歌手/作詞家/アニソンDJ/ベーシストと多彩な表現活動を行っている太田彩華が率いる「文学的青春パンクバンド」太田家が、2020年11月25日に1stアルバム「愛読書」をリリースする。それに先駆けて11月3日にアルバム収録曲でもある「愛とアストロノミア」のミュージックビデオを公開した。...

ライブ情報 : エア太田まつり

アルバム「愛読書」発売記念として11月、12月にも開催される配信ライブ「エア太田まつり」。

11月21日には、UKハードロックパンクバンドのGEEKSと対バンする。

さらに当日は会場のSPACE ODDにて、1stアルバム「愛読書」の先行現地即売会も行われる。

  • 開催日:2020年11月21日
  • 時間:17時~(予定)
  • 出演:太田家 / GEEKS
  • チケット料金
    会場チケット・4,500円
    配信チケット・3,000円
  • アーカイブ視聴:
    2020年11月28日・23:59まで

チケット販売ページ

12月19日には、スーパーポップロックバンド BabooBee と対バンする。

  • 開催日:2020年12月19日
  • 時間:17時~(予定)
  • 出演:太田家 / BabooBee
  • チケット料金:3,000円(税込み)
  • チケット発売日:
    2020年11月29日(日)発売開始予定
  • アーカイブ視聴:
    2020年12月26日・23:59まで

詳細ページ
http://www.ota-ayaka.com/live_event.php?id=67

文学的青春パンクバンド
太田家 とは

文学と音楽を愛する、声優であり、ベーシストであり、作詞家の太田彩華が率いるバンド「太田家」。メンバーは太田ERIKA様(Gt)、太田ひさおくん(Key)、太田たけちゃん(Dr)。

2019年4月から活動を開始。2019年12月からレジェンドカバーシリーズと銘打ち、3か月連続で↑THE HIGH-LOWS↓「青春」、2020年1月にはガガガSP「卒業」、そして2月にはMONGOL800「小さな恋のうた」のカバー・バージョンもリリースしている。

太田彩華/太田家Website
http://ota-ayaka.com/special.php

フィッシュロックバンド
漁港 とは

1986年に結成され、2004年ユニバーサルミュージックよりメジャー・デビューも果たしているバンド・漁港(gyoko)。

現在のメンバーはボーカル・包丁担当で、鮮魚店・泉銀店主の森田釣竿氏と、ギター他担当の深海光一の2人。 森田釣竿氏は2016年に水産庁が任命する「お魚かたりべ」にも選出されている。

日本古来の食文化・魚食を広めるべく、店舗はもちろん、様々なステージにて活動している。

漁港Website
https://www.gyoko.com/
漁港Twitter
https://twitter.com/pnlozwA9H3qkcTY

現在 YouTube 漁港公式チャンネル では、漁港20周年を記念した楽曲アーカイブプロジェクトがスタート。過去の楽曲が順次公開されるとの事。鰹が延々と映し出される1発目の映像楽曲は「鰹 出港街道(激)」。

なお漁港のアルバムは鮮魚店「泉銀」他、Webshop「漁港市場」でも購入可能だ。

ライブ情報:漁港湾マンライブ
〜秋葉原 CLUB GOODMAN港 新たな船出にお年玉頂戴!〜

  • 開催日:2021年1月11日
  • 会場:秋葉原CLUB GOODMAN
  • 時間:OPEN 14:00 / START 15:00
  • チケット:¥6,000(ドリンク代込、50名様限定)

チケットはクラブグッドマン&スタジオリボレ再開支援【Birth Cry Project】 – クラウドファンディングCAMPFIRE にて入手可能です。

クラブグッドマン&スタジオリボレをクラウドファンディングで支援して、限定50名様の漁港ライブに参加しよう!

バンド 漁港 湾マン(ワンマン)ライブがクラウドファンディングのリターンに!クラブグッドマン&スタジオリボレ再開支援【Birth Cry Project】2020年10月1日に再始動が発表された秋葉原「クラブグッドマン」と「スタジオリボレ」。しかしこのコロナ禍でのライブハウス+スタジオ運営は、けして生易しいものではない。そこでクラウドファンディング【Birth Cry Project】が10月10日よりスタート。そのネクストゴール・リターンとして、なんと!漁港のワンマンライブが決定した。...

鮮魚 泉銀

フィッシュロックバンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚 泉銀は、営団地下鉄東西線「浦安駅」から徒歩約10分。地元の人にも愛される、ユニークな鮮魚店だ。

鮮魚 泉銀の最新情報は、森田釣竿氏のTwitterにてチェックして欲しい(こちらは2020年11月14日の品ぞろえの一部)

なお、Onigiri Mediaでは、森田氏が薦める魚介類を紹介する業界初・エンタメ系魚食コラム「魚食えコノヤロー!」を不定期ではあるが連載している。

バンド 漁港 森田釣竿の店「泉銀」からの不定期コラム 「魚食えコノヤロー!」・祝!泉銀70周年の巻!!祝!泉銀70周年の巻!!「日本の食文化を魚に戻し鯛!」をコンセプトに活動するフィッシュロック・バンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚店「泉銀」から、不定期で彼のおススメを紹介する、業界初・エンタメ系魚食コラム。合言葉はもちろん「魚食えコノヤロー!!! 」by 森田釣竿。...
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/