ニュース

川渕かおり / 山切修二のロック・ユニット KAO=S、2つの異なるステージを1晩で開催!12月2日ワンマンライブ「A LIGHT IN CHAOS」

川渕かおりと山切修二のロック・ユニットKAO=S (カオス)が、東京での1年ぶりのワンマンライブを、2020年12月2日に吉祥寺 STAR PINE’S CAFEで開催する。

1晩で、コンセプト・選曲・楽器構成・メンバー編成を変えた2公演を、各回50人限定の完全入れ替え制という形で行うとの事。第1部は和楽器奏者を迎えた活動初期の和風スタイル、第2部はバンドを従えたロックスタイルで、それぞれ独自の世界観を繰り広げる。


ワンマンライブ「A LIGHT IN CHAOS」特徴

2020年、活動10周年を迎えるジャパニーズ・アート・ロック・ユニットKAO=Sが、音楽性やパフォーマンスで辿った道の幅広さを表現するワンマンライブ「A LIGHT IN CHAOS」。

コロナ禍による入場人数制限下でも、1人でも多くのお客様に観てもらう事も考慮し、初の試みとなる「コンセプトを変えての1晩2公演」を開催する事となった。

天照STAGE

KAO=S活動初期テイストとなる「和」をテーマとした「天照STAGE」には、KAO=Sライブではお馴染み、最近は異色の三味線奏者のイチナナ・ライバーとしても人気を博す神井大治、海外での活躍も好評なパーカッショニスト齋藤SAMMY慧がサポートで参加。

さらに、avex所属の和楽器集団「桜men」の箏奏者・大川義秋が、初のゲスト参加をする。

川渕かおり 松葉杖で再び

2018年2月、左膝前十字靭帯断裂と言う大怪我を負ったKAO=Sのボーカル 川渕かおり。

しかし、不屈の精神で負傷後すぐにニュージーランドで開催されたフェスに参加。その後も手術やリハビリを行いながら、ドイツの日本文化交流イベントにも出演。

2018年12月に渋谷マウントレーニアホールで開催された復活ライブの様子は、BS-TBSドキュメンタリー番組「ストイック女子」 でも紹介された。

今回のライブは、この怪我で埋め込まれたボルトを抜釘する手術から10日後の開催になる為、再び松葉杖でのステージとなる様だ。

全身を駆使し剣舞も行う代表曲「桜の鬼」は、この日ならではの演出で臨む。

月詠STAGE

バンドを率いてのロックスタイル「月詠STAGE」では、ショウの冒頭に、川渕かおり主演のショートフィルム「追憶 chaotic recollection」を、スクリーンで上映するという異例の演出を取り入れる。

本作品は、幾度のMTV JAPAN受賞歴を持つ映像ディレクター野田智雄氏が、2年にわたり川渕かおりを撮影、2020年 今年 完成させた映像になる。

音楽はKAO=Sの山切修二が担当。KAO=Sの楽曲も使用されている「追憶 chaotic recollection」の全編公開は、この日が世界初となる。

なお、映像ディレクター野田智雄氏は、KAO=Sが2018年にリリースしたアルバム「AMRITA」のタイトル曲「AMRITA」のミュージックビデオも制作している。

そして同曲は、12月2日のライブではバンド・バージョンとして披露される様だ。

新曲 / 動画

KAO=Sは、このコロナ禍で活動がままならぬ状況を逆手にとり、作り上げた多数の新曲を、来年2021年レコーディングし発表予定との事。

12月2日のライブでも、3曲の新曲をステージで披露する予定だそうだ。

さらに2020年は、ドイツ単独公演、無観客ライブ収録やショートフィルムなど、多数の映像作品制作をKAO=Sは行ってきた。

それらの動画を収録したUSBメモリ&写真集セットを、12月2日より会場及びKAO=S WEB SHOPで販売開始する。

同セットには「月詠STAGE」で披露される「追憶 chaotic recollection」も含まれる。

A LIGHT IN CHAOS 開催概要

第1部「天照STAGE」
※和風スタイルのライブ

  • 時間:開場17:45・開演18:15 
  • メンバー
    川渕かおり(ヴォーカル/ 剣舞) 
    山切修二(アコースティックギター/ヴォーカル)
    齋藤 SAMMY 慧 (パーカッション)
    神井大治(津軽三味線)
    大川義秋(箏)
  • 天照STAGE チケット
    https://kaosjapan.thebase.in/items/35336981

第2部「月詠STAGE」
※ロックスタイルのライブ

  • 時間:開場20:00・開演20:30 
  • メンバー
    川渕かおり(ヴォーカル) 
    山切修二(アコースティックギター/ヴォーカル)
    大越王起也 (ギター)
    勝矢匠(ベース)
    菊嶋亮一(ドラム)

未来へ向かって

コロナ禍において多くのミュージシャンや会場が、活動・営業の規模の縮小せざるを得ない中、各々が未来へ向かって再開方法を模索する為に本公演は企画された。

しかし、感染対策で収容人数制限の前提がある以上、会場費やギャランティの面で、コロナ禍前と同じような規模のプロダクションで実行することは困難であった。

そこで、経済産業省の「コンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金(J-LOD)」に事業申請。無事、採択された事により開催決定となった。

なお、ライブ詳細及び来場時の注意事項については下記リンクにてご確認下さいませ。 https://www.kaos-japan.net/live

川渕かおり と 山切修二 による ロック・ユニット KAO=S

ゲーム「ファイナルファンタジー」等のモーションアクターや剣舞師として活躍している川渕かおりと、シンガー/ギタリストの山切修二の2人によるロック・ユニット KAO=S

これまでに、アジア・アメリカ・南米・オセアニア・ヨーロッパの10ヶ国17都市のフェスや国交イベントで演奏。CNN International の番組でも紹介されるなど、海外からも高い評価を得ている。

2020年1月25日には、ドイツ・フランクフルト Brotfabrik で初の単独公演を開催、大好評を博した。

Website
https://www.kaos-japan.net/

Onigiri Media Pick Up
併せて読みたい記事

ライブレポート:KAO=S(カオス)、渋谷マウントレーニアホールでの1年ぶりのライブ「Unite in Chaos」を開催!日本刀を使ったパフォーマンスなど、和のテイストを盛り込んだアート・ロックバンドKAO=S(カオス)が、2019年12月19日にライブ「Unite in Chaos」を、渋谷マウントレーニアホールで開催した。 和楽器、中国、モンゴル、世界各国の様々な楽器や文化が混じりあう、 総勢10名による多様かつ迫力満載のライブを今回はレポートする。...
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/