ニュース

VRを利用した視聴者参加型オーディション「Go To STARDOM」開催。エントリー受付は11月25日から!ソフトバンク+サブスクLIVE共催

ソフトバンク株式会社が音楽業界を支援するために、ライブハウス映像配信プラットフォーム「サブスクLIVE」と連携して、全国約40カ所のライブハウスにVR収録・配信設備を導入。VRを利用した視聴者参加型のオーディションイベント「Go To STARDOM」を共催する。同オーディションのエントリー受付は、2020年11月25日から開始。


ライブハウスにVR収録・配信設備導入

ソフトバンク株式会社が音楽業界を支援するため、全国約40カ所のライブハウス にVR収録・配信設備を、ライブハウス映像配信プラットフォーム「サブスクLIVE」(運営:discberry.comLD&K)と連携し導入。ライブハウスのオンライン配信を支援する。

これによりライブハウスは、観客が限定される状況であってもイベントなどを開催できるようになる。

VRを利用した視聴者参加型オーディション
Go To STARDOM

導入したVR収録・配信設備を利用して開催されるのが、視聴者参加型オーディションイベント「Go To STARDOM」だ。

オーディションにエントリー、事前審査を通過したアーティストは、VR収録・配信設備を導入した全国約40カ所のライブハウスで、パフォーマンスをVR収録することができる。

視聴者は「Go To STARDOM」の予選・決勝の模様を、VR映像の場合は「VR SQUARE」、通常映像の場合は「サブスクLIVE」で視聴することが可能。

審査には大手音楽レーベルが参加し、優勝者はメジャーデビューできる。

Go To STARDOM 開催概要

“Save The LIVE”をコンセプトに、全国のライブハウスからのオンライン配信を手がける「サブスクLIVE」(LINE LIVEプレミアムチャンネル)と、VR SQUAREを展開するソフトバンクが共催し、ウィズコロナ時代を生きるミュージシャンを支援するために開催するオーディションイベント「Go To STARDOM」。

審査方法は、音楽やパフォーマンスのクオリティだけでなく、VR映像を審査対象とすることで、挑戦者たちのリアルとバーチャルを融合した新たな映像表現を加味。アフターコロナを牽引するアーティストの誕生を期待する。

オーディションスケジュール


  • 1次予選:2021年2月8~21日
  • エントリー審査を通過した1次予選出場者は、2021年1月に予選会場となるライブハウスで映像を収録(VR及び通常映像)
  • 視聴者は「VR SQUARE」及び「サブスクLIVE」にて、出場者のパフォーマンスを視聴
  • 予選映像視聴方法
    VR SQUARE
    Go To STARDOMエントリーコーナーに格納
    サブスクLIVE
    予選ハイライトをアーカイブ配信(2021年2月からを予定)

  • 2次予選:2021年3月1~14日
  • VR SQUARE視聴者数+事務局審査を通過した15組が2次予選に進出。
  • 予選映像視聴方法
    VR SQUARE
    Go To STARDOMエントリーコーナーに格納

  • 決勝大会:2021年3月31日
  • VR SQUARE視聴者数+事務局審査を通過した5組が決勝に進出。
  • 会場:1000 CLUB powered by 5G LAB

エントリー他 詳細

審査について

https://twitter.com/subsclivejp/status/1331405881032937474?s=20

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/