ニュース

俳優・中村蒼が、シリーズ累計330万部を超える大ベストセラー小説「神様のカルテ」ドラマに出演。テレビ東京系にて2月15日より4週に渡り放送。

NHK連続テレビ小説『エール』にて、主人公・裕一の幼なじみで、作詞家の村野鉄男役で注目を集めた中村蒼(ナカムラアオイ)が、テレビ東京にて2021年2月15日より、4週連続で放送するドラマ「神様のカルテ」に出演する。原作はシリーズ累計330万部を超える大ベストセラー小説。中村にとっては、朝ドラ出演後初のドラマ出演。2月22日放送・第2夜、3月1日放送・第3夜に登場する。


小説シリーズ
「神様のカルテ」

医師であり小説家の夏川草介による小説シリーズ。第10回小学館文庫小説賞を受賞。2010年本屋大賞2位。

2020年10月時点でシリーズ累計発行部数は330万部を突破、2011年と2014年には櫻井翔主演で映画化もされている。

最新シリーズは、2019年1月発刊の「新章 神様のカルテ」

小学館・神様のカルテWebsite
https://www.shogakukan.co.jp/pr/karte/

ドラマスペシャル
「神様のカルテ」

  • 放送局
    テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)
  • 放送日
  • 第1夜:2月15日(月)
  • 第2夜:2月22日(月)
  • 第3夜:3月1日(月)
  • 第4夜:3月8日(月) 
  • 放送時間
    20時~21時54分
  • 原作
    夏川草介「神様のカルテ」「神様のカルテ2」「神様のカルテ3」「新章 神様のカルテ」(小学館刊)
  • 主演:福士蒼汰
  • 出演
    清野菜名、上杉柊平、新山千春、伊原六花、上原実矩、村杉蝉之介、山崎銀之丞、黒田大輔、坪倉由幸、大倉孝二、渡辺いっけい、大島優子、イッセー尾形、北大路欣也 他
  • 第1夜出演
    風吹ジュン、岡山天音、宮澤エマ、平山祐介、小倉一郎
  • 第2夜出演 :
    高橋ひとみ、藤井美菜、大橋彰(アキラ100%)、実咲凛音、品川徹
  • 第2夜・第3夜出演
    中村蒼

番組Website
https://www.tv-tokyo.co.jp/kamisama_karte/

血液内科医・進藤辰也役
中村蒼(ナカムラアオイ)

テレビ東京ドラマスペシャル「神様のカルテ」では、福士蒼汰が演じる主人公・栗原一止の同期で、大学時代からの数少ない友人でもある血液内科医・進藤辰也役を中村蒼は演じる。

中村は、2月22日放送・第2夜、3月1日放送・第3夜に出演。

あらすじ

信州にある「24時間・365日対応」の本庄病院は、慢性的に医師不足。医師・栗原一止は、たとえ眠れない日が続いても、常に患者と真っすぐに向き合い、日々の診療をこなしていた。

その本庄病院に赴任してくる、一止の大学時代の同級生で血液内科医の進藤辰也は、学生時代「医学部の良心」とも呼ばれ、医学部を首席で卒業するほど優秀な男。また一止の数少ない友人でもあった。

東京の病院に勤めていた優秀な医師が赴任してきたことで、最初は喜んでいた本庄病院のスタッフたち。しかし辰也の言動には不可解な点が多く…。

妻と娘がいる辰也は、「患者を救うために、家族を犠牲にしてもいいのか?」という問いに自問自答していた。

中村蒼コメント

僕が演じる進藤辰也が登場する2話は様々な愛が軸となっています。

今作を観てどうしても忘れがちになってしまう自分の周りにあるささやかな愛に気がつく人がいてくれると幸いです。

そして辰也と一止の間に”良心に恥じぬという事だけが我々の確かな報酬である”という言葉が出てきます。

何が正しくて何が間違っているかが問題ではなく自分に嘘をつかずに生きられるかが大切なんだと僕はこの2人から教わりました。

綺麗事だけでは済まされない医療の現場で踠き苦しみ自分なりの進むべき道を見つけようとする辰也を是非見守ってあげてください。

中村蒼 プロフィール

2006年、寺山修司原作による舞台「田園に死す」で主演デビュー。2020年度前期・NHK連続テレビ小説『エール』にて村野鉄男役で出演。注目を集める。

Website
https://aoi-nakamura.lespros.net/

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/