ニュース

特別賞をatlasとGROUP THEATREの2団体が受賞。「何かを創りたい!表現したい!発表したい!」というクリエイターのために設立された浅草九劇賞、第2回受賞者を発表。

2017年3月に芸能の聖地である浅草に開業した劇場・浅草九劇が、「何かを創りたい!表現したい!発表したい!」というクリエイターのために設立した「浅草九劇賞」の第2回受賞者が2021年3月3日に発表された。


浅草九劇賞 とは

浅草九劇賞とは、2017年3月に芸能の聖地である浅草に開業した劇場・浅草九劇が、「何かを創りたい!表現したい!発表したい!」というクリエイターのために設立したエンタメ賞。

賞の選考委員は、『浅草九倶楽部サポーターズ<うずまきの会>』法人会員、個人会員、浅草九劇の運営元である株式会社レプロエンタテインメント、浅草九劇スタッフにより構成され、上半期と下半期にそれぞれ選ばれた大賞作品の中から、通年の大賞作品が、浅草九劇の開業日である3月3日に選出される。

浅草九劇賞 一覧

  • 浅草九劇賞
    浅草九劇が今後の活躍に最も期待する作品・団体に贈る賞
    副賞(予定):500,000円
  • 浅草ニューフェイス賞
    浅草九劇で初めて公演を行なった団体・個人限定で、最も新鮮さに溢れた作品に贈る賞
    副賞(予定):浅草九劇の無料貸出・2022年1月1日~1月31日の中の1週間
  • ベストパフォーマー賞
    最も魅力的なパフォーマンスをした個人に贈る賞
    副賞(予定):300,000円×人数分

※その他、特別賞も追加予定。特別賞の副賞は浅草九劇の無料貸出・2022年1月1日~12月31日の中の1週間。

浅草九劇Website
https://asakusa-kokono.com/

第2回・浅草九劇賞

第2回は、2020年1月1日~12月31日までに、浅草九劇で上演された作品・団体・出演者が対象。

特別賞は、コロナ禍において舞台の灯をけすことなく、果敢に挑戦し、素敵な作品を創りあげた団体に対して贈られた。

詳細情報
https://asakusa-kokono.com/news/2021/03/id-9292

atlas
代表・後藤まどか コメント

弊社にとってホームグラウンド、新たな創作を実験する場でもある浅草九劇。

劇場空間そのものを熱狂的な場所に変え、まるでお化け屋敷のように何が出てくるかわからない、密なところでドキドキした興奮と感動を、そして小さな空間で贅沢な気持ちになるような創作を、と取り組んできた弊社にとっては、with コロナでの創作は根本的な改革が必要となってしまいました。

毎回九劇の方々にご迷惑をおかけしながら、そして演出家、美術家、舞台監督をはじめ各セクションにご相談をし、カンパニーそしてお客様の”安全”を意識しながら、作品の世界観とどう共存していくか試行錯誤の連続です。

お客様、カンパニーの皆さん、そして劇場の皆様にご協力いただいたからこそ今があることに感謝。今年も浅草九劇でまた新たな挑戦をし続けたいと思います!

株式会社atlas Twitter @atlas_stage
https://twitter.com/atlas_stage

上演作品

GROUP THEATRE
主宰・梶原涼晴コメント

コロナ禍のもと、本作品はある意味では命を賭けて、それが大袈裟だとしても、観劇によって派生するあらゆるネガティブを覚悟して九劇まで足を運んでくださったお客様によって実現できた、そう思っています。

少しでも安心して観劇いただけるようにとお配りしたフェイスガードをしっかりつけて、静かに、そして優しく、私たちに力を与えてくださった皆様、本当にありがとうございました。舞台上から眺めたあの景色は生涯忘れません。

GROUP THEATRE Twitter @kajielephant
https://twitter.com/kajielephant

上演作品

  • ANJIN-A NAVIGATOR OF LOVE-



ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/