ニュース

YOASOBI / 群青・360 Reality Audioバージョンが完成。新体験スペシャルムービー公開!THE FIRST TAKE × ソニー1000X シリーズ

「THE FIRST TAKE」で、すでに2000万回再生を突破したYOASOBI「群青」。この楽曲の「360 Reality Audioバージョンが2021年3月31日公開された。「360 Reality Audio」とは、ソニーが独自開発した音楽フォーマット。今回公開されたバージョンは、イヤホンやヘッドホンで視聴すると全方位から音が降りそそぐ特別な音体験ができる。


360 Reality Audio × THE FIRST TAKE YOASOBI編

一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」と、ソニー「1000Xシリーズ」のコラボ第4弾となる「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)× THE FIRST TAKE YOASOBI編」。

「THE FIRST TAKE」で既に2000万回再生を突破したYOASOBIの『群青』に、ソニーが独自開発した音楽フォーマット「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」を使用し制作されたのが、今回公開された、全方位から音が降りそそぐ体験ができる特別な音源 YOASOBI「群青」 THE FIRST TAKE「360 Reality Audio」version

3月31日公開の以下YouTube動画は、イヤホンやヘッドホンで視聴すると「360 Reality Audio」を疑似体験する事ができる。

YOASOBI「群青」 THE FIRST TAKE「360 Reality Audio」ver. は、2021年3月31日から楽曲の一部とスペシャルムービーを、試聴専用アプリ(Artist Connection)より配信。

また同曲のフルバージョンも、全国のソニーストアにて3月31日より体験できる。(4月16日からは一部の家電量販店で体験可能)。

特設サイト
https://www.sony.jp/headphone/lovemusic/

360 Reality Audioフォーマット・楽曲試聴方法

アプリから
お持ちのスマートフォンで以下QRコードをスキャン。Artist Connectionアプリを取得すると、「360 Reality Audio」フォーマットの楽曲が試聴可能。

アプリのダウンロードは、以下URLからも可能(スマホからアクセスしてください)
URL:https://share.artistconnection.net/content/oZez5N


※Artist Connectionは試聴専用アプリのため、限られた楽曲しか体験できません。豊富な楽曲群からお好みの楽曲を体験するには、各配信サービス対応のアプリが必要です。

店頭で体験する
お近くのソニーストア店頭にて、YOASOBI『群青』 / THE FIRST TAKE「360 Reality Audio」ver. フルバージョンが体験可能。

店舗一覧

360 Reality Audio とは

「360 Reality Audio」は、ソニーのオブジェクトベースの空間音響技術を使った新しい音楽フォーマット。

ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球状の空間に配置。まるでアーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感できる。

「360 Reality Audio」は全てのヘッドホンで体験できるが、ソニーの認定ヘッドホンなら「個人最適化機能」で、よりリアルな臨場感を体験できる。

「個人最適化機能」は Sony│Headphones Connectアプリで使用者の耳の形を測定し、ヘッドホンの特性に合わせて音を最適化する機能。

耳の形によって異なる聞こえ方を調整し、よりリアルな臨場感を実現する。

「360 Reality Audio」詳細
https://www.sony.jp/headphone/special/360_Reality_Audio/

YOASOBI インタビュー

今回、「360 Reality Audio」ver. を制作したYOASOBI「群青」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にて、既に2000万回再生を突破している。

「360 Reality Audio」を体験したYOASOBIからのコメント。

Ayase:僕は曲を作っていく上で、ピアノやギターがどこに配置されていて、L/Rがどう聴こえているのか、さらに聴感的にこのあたりに聴こえるように、という細やかなことを意識しながら音を並べているんです。

ギターはここ、声はここ、と場所を入れ替えるだけで、より楽曲が立体的になるんです。さらに、そうすることで、音楽を耳で聴くだけでなく、体でも感じられるようになります。

YOASOBIは原作の小説を軸に楽曲を作るユニットなので、楽曲作りの中でも歌や歌詞だけでなく、こういうシーンだから、風になびくような音をいれたり、海のシーンだから波がさざめいているような音を入れたりと工夫をしています。

「360 Reality Audio」で、細かい自然な生活音なども入れてみたら、物語の情景がより鮮明に作れると思うので、クリエイターとしての表現の幅が広がって面白そうだなと思いました。

ikura「360 Reality Audio」はものすごく細かい音まで聞こえるので、ちょっとした息を吸う音はもちろん、私が『群青』を歌う中でも、いくつも自分がアレンジしている部分があるので、それが伝わるほどに嬉しさを感じるんです。

ここまで伝わってくれるのであれば、やりがいもありますし、さらに探求心を持って歌っていきたいなと思いました。


なお、「360 Reality Audio」で「群青」を試聴体験したYOASOBIのインタビュー本編は、2021年4月16日 特設サイトにて公開予定。

YOASOBI プロフィール

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」。

2019年11月に公開された第1弾楽曲「夜に駆ける」は、2020年12月にストリーミング再生3億回を突破し、Billboard Japan 総合ソングチャート”HOT100″にて2020年年間1位を獲得。

第2弾楽曲「あの夢をなぞって」は原作小説がコミカライズ、第3弾楽曲「ハルジオン」は飲料や映像作品とのコラボレーションを果たし、7月20日に第4弾楽曲「たぶん」、9月1日にブルボン「アルフォートミニチョコレート」CMソング「群青」をリリース。12月には鈴木おさむが原作小説を手掛けた楽曲「ハルカ」を発表。

2021年1月6日に満を持して初のCD『THE BOOK』をリリース。豪華な仕様が大いに話題を呼び、オリコンデイリーランキング初登場2位を記録しながら、配信では全ての楽曲がApple Musicストリーミングチャートで15位以内に同時ランクインするという快挙を達成。

立て続けにリリースしたTVアニメ『BEASTARS』OPテーマ「怪物」、EDテーマ「優しい彗星」も各種チャートで1位を獲得。2月には、初のワンマンライブ『KEEP OUT THEATER』を新宿・ミラノ座跡地の工事現場にて開催し、同時視聴者数4万人を記録する盛り上がりを見せた。

原作小説の書籍化や映画化など、音楽以外の領域にも展開の幅を広げている。

Website
https://www.yoasobi-music.jp/

THE FIRST TAKE とは

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。同チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。

2019年11月15日にローンチした「THE FIRST TAKE」は、1年足らずでチャンネル登録者が411万人を突破、さらに動画総再生回数が9億7,400万回を超えている(2021年3月31日時点)。

Website
https://www.thefirsttake.jp/
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/