エンタメ

バンド 漁港 森田釣竿の店「泉銀」からの不定期コラム 「魚食えコノヤロー!」初登場・南洋金目の巻

「日本の食文化を魚に戻し鯛!」をコンセプトに活動するフィッシュロックバンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚店「泉銀」から、不定期でお届けする業界初・エンタメ系魚食コラム。今回は泉銀初登場のナンヨウキンメをご紹介!!


可愛くない?
みかん愛たい

森田釣竿
森田釣竿
見てみて!この名前、可愛くない?

え?! えぇ… 可愛い… (心の声:これが「ナニコレ珍百景」で「お客さんを罵倒する魚屋さん」と紹介された…?)

森田釣竿
森田釣竿
「みかん愛たい」って鯛なのよ!みかん皮を餌に配合してるから、身からほんのりとさわやかな柑橘の香りが楽しめるんだって!

と、のっけから可愛い感じでお届けする不定期コラム「魚食え!コノヤロー!」です。だって春だもん!♡ 因みに「みかん愛たい」の詳細は下記リンクにてご確認頂けます~
http://www.nanyo-bejoy.co.jp/mikan_aitai/index.html

ユメカサゴ
カツオ

さて、春だからと言う訳ではありませんが、今回もバラエティ豊かな魚が並ぶ泉銀。

もはや「太刀魚」なんて、レギュラー感が漂っちゃってますから。今回の可愛いラインナップ第2弾はコチラ

お顔はちょっと怖いけど、名前が可愛い「ユメカサゴ」。因みにユメカサゴはメバル科ユメカサゴ属の魚でメバルやカサゴとは同科別属との事。お刺身や塩焼きはもちろん、トマト煮なんかにしても美味しい様です。

旬の食材百科「ユメカサゴ」
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fish/kasago-yume.htm

森田釣竿
森田釣竿
あと、やっぱり春と言えば「鰹(カツオ)」だよね~

切り身だけじゃなく「鰹」のCDもあるのは、この店くらいですけどね。

なんと凛々しいジャケ写!リリースは2005年だから、今から15年前ですか…因みにこちらの楽曲は、iTunesでも入手可能です。
https://www.universal-music.co.jp/gyoko/products/uicz-5014/

その他のバンド 漁港のCDやグッズは、鮮魚「泉銀」店舗他、ネットショップでも入手可能。魚とCDが同時に買えるネットショップはココだけ!(笑)

Website
https://www.gyoko.com/

金七商店の鰹節

「鰹」と言えば、忘れちゃならないのが「鰹節」。先日NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介された金七商店の鰹節「クラシック節」も、泉銀では取り扱っております。

本当に丹精込めて作られている金七商店の鰹節。ぜひご来店の際はチェック下さいませ。なお、漁港は枕崎鰹節大使もつとめています!
http://katuobushi.net/gyokou.html

森田釣竿
森田釣竿
でもね…今日は泉銀初登場のコレをぜひ大フィーチャーして欲しいのよ…

南洋金目
ナンヨウキンメ

ドドーン! 泉銀初登場「南洋金目(ナンヨウキンメ)」!それも釣りのナンヨウキンメなので、もう美しぃ~!

釣りとは、文字通り「釣った」お魚の事。網で獲られる事が多い昨今のお魚ですが、釣りで獲られた魚は、獲られる時のストレスが少なく、また摩擦で魚の表面に傷がつく事もないので、魚の美しさが各段に違うのです。

ナンヨウキンメはキンメダイと同じキンメダイ属の一種で、キンメダイよりも南の海に多いことが名前の所以。

旬の食材百科 ナンヨウキンメより

しかし、デカい。ナンヨウキンメの標準体長30cm程、大きいものは全長50cm程になるとの事。

これは、どうやって食べるのがベストなんですかねぇ….

森田釣竿
森田釣竿
南洋と付いてはいるけど金目鯛だからね。刺身、煮つけ、カルパッチョなんかもいいよねぇ…、でも、個人的にはサッと湯引きしてから、冷蔵庫に入れてしめるのが、今の季節はおススメ。つまりしゃぶしゃぶだね!冷蔵庫に入れてしめてから切ると良いよ。

あ、なるほど… その他ブイヤベースや、オリーブオイルで焼くポワレ等にも適しているとの事。

甘味のある上品な白身で、大きな縁側は脂もたっぷり含んでいるナンヨウキンメ。具体的な調理方法は、以下リンクにて紹介されてるので、併せてチェック下さいませ!

旬の食材百科ナンヨウキンメの目利きと料理

さばき方動画

こちらは金目鯛のさばき方ですが、ご参考まで。

森田釣竿氏のTwitterには、早速「ナンヨウキンメ」を入手して、さばいたツワモノのTweetもリツィートされています。もちろん最新の泉銀情報もTweetされていますよ。

桜満開牡蠣
水煮缶情報

前回の記事でもご紹介した桜満開牡蠣。2021年 殻付き生食用の桜満開牡蠣は、販売期間を短く、販売店舗も泉銀を含む2店舗のみとなった事はお伝えしました。

これは、新型コロナウイルス感染拡大により多くの飲食店が苦境に立たされている状況で、お店に無理な売り込みはしたくないと言う「桜満開牡蠣」の判断により実施されました。

バンド 漁港 森田釣竿の店「泉銀」からの不定期コラム 「魚食えコノヤロー!」春爛漫!の巻フィッシュロックバンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚店「泉銀」から、不定期でお届けする業界初・エンタメ系魚食コラム。今回は、も~ 春爛漫すぎて、何がナンだかわからないくらい盛沢山!生海苔に、桜満開牡蠣 、そしてあの高級魚もご紹介!!...

そして今年、多くの「桜満開牡蠣」は水煮缶となり、現在泉銀でも販売されています!

1缶に3~5粒の大粒牡蠣がゴロっと入っている「桜満開牡蠣 水煮缶」は、3缶1セットでの販売。水煮缶になった事により、長く楽しむ事が出来る様になった「桜満開牡蠣」の、生とはまた違う魅力を、じっくり楽しんで頂きたいです。

桜満開牡蠣の詳細については、以下Websiteにてご確認下さいませ。
http://sakuramankaigaki.com/

↓こちらは漁港が歌う桜満開牡蠣ナンバー。漁港初のレゲエナンバーでもあります。このCDは泉銀店舗にて入手可能、売上げ金の半分は、岩手県釜石市 「里海プロジェクト」に寄付させていただきます。

漁港・かまいし 桜牡蠣

※店舗の品ぞろえは日々変わるので、記事でご紹介した魚や品物が毎回あるとは限りません。その点はご了承下さいませ。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、来店時には必ずマスクを着用下さい。また店内の混雑を避ける為、店頭で少しお待ちになる場合もありますが、どうぞご理解下さいませ。

※泉銀の混雑時間等を知りたい方は、あくまでも目安ではありますが、GoogleまたはGoogle Mapにて「泉銀」で検索すると、混雑時間等をチェックする事も可能です。
https://goo.gl/maps/QCgZtTgjjwVFrqU39

浦安 鮮魚 泉銀
店舗情報

バンド 漁港 プロフィール

1986年に結成され、2004年ユニバーサルミュージックよりメジャー・デビューも果たしているバンド・漁港(gyoko)。(正式表記は「港」が反転)

現在のメンバーはボーカル・包丁担当で、鮮魚店・泉銀店主の森田釣竿氏と、ギター他担当の深海光一の2人。 森田釣竿氏は2016年に水産庁が任命する「お魚かたりべ」にも選出されている。

日本古来の食文化・魚食を広めるべく、店舗はもちろん、様々なステージにて活動している。

なお、漁港のCDは以下漁港Website及び森田釣竿氏のお店「泉銀」にて入手可能だ。

漁港Website
https://www.gyoko.com/
漁港Twitter
https://twitter.com/pnlozwA9H3qkcTY

アーカイブ楽曲も公開中・漁港YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCriPbYlL0DhTu7cVLpcCigg

鮮魚 泉銀
バンド 漁港 関連記事

以下画像、またはリンクをクリック頂くとOnigiri Media掲載の鮮魚「泉銀」・バンド「漁港」の記事一覧が御覧頂けます。

https://onigirimedia.com/tag/gyoko/

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/