ニュース

曽我部恵一プロデュース+書き下ろし「れいちも」1st シングル「愛の武器よ!」4月15日 LINE MUSIC先行で配信スタート。リリックビデオも同日公開。

サニーデイ・サービス 曽我部恵一プロデュース+書き下ろし、アレンジャー吉田哲人、漫画家よしもとよしともがジャケット描き下ろし、と言うなんとも豪華な布陣で制作された「れいちも」の「愛の武器よ!」が、2021年4月15 日よりLINE MUSIC独占先行で配信スタート、リリックビデオも公開された。


れいちも プロフィール

お笑いコンビ「エレキコミック」の、やついいちろうが主催した無観客オンラインフェス『オンラインやついフェス!2020』公式キャンペーンガールオーディションにてグランプリに輝いた「れいちも」。

  • 生年月日
    2002年4月26日
  • 出身地
    神奈川県
  • 趣味
    スポーツ、アニメ、音楽、お笑い鑑賞、お絵描き、妄想
  • 特技
    遠投、バッティング、腕立て、ご飯を美味しく食べる
  • Twitter @lcp_if
    https://twitter.com/lcp_if

「YATSUI FESTIVAL!」とは

やついフェスは、音楽・お笑い・ミュージシャン・アイドル・文化人を交えて渋谷エリア13会場を連動して行うエンターテインメントフェス。

1日の出演者は300組越えで日本最大級、渋谷エリアでも最大規模となる都市型周遊フェスでもある。

2020年は「LINE RECORDS」が協力パートナーとして参加。オンラインのみで全国をつなぐ壮大なフェスを作りあげ、約200万の総再生数を記録した。

2021は、オンラインとリアルのハイブリットフェスを6月19日/20日に開催予定。オンラインとフィジカルの同時開催で新しいフェスの未来のカタチを作る。

Website
https://yatsui-fes.com/
クラウドファンディングページ
https://yatsui-fes.myshopify.com/

れいちも / 愛の武器よ!

「れいちも」にとってデビュー曲となる「愛の武器よ!」は、サニーデイ・サービス 曽我部恵一によるプロデュース+書き下ろし楽曲。

アレンジャーに吉田哲人を迎え、漫画家のよしもとよしともがジャケットを描き下ろしている。

さらにコーラスに、曽我部恵一自身が参加しているところも注目ポイントだ。

リリックビデオ

同曲のリリックビデオも、2021年4月15日LINE RECORDS 公式YouTubeアカウントにて同時公開された。

リリース情報

  • タイトル
    愛の武器よ!
  • アーティスト名
    れいちも
  • 作詞・作曲
    曽我部恵一
  • 編曲
    吉田哲人
  • プロデュース
    曽我部恵一
  • リリース形態
    デジタル
  • 配信日
    2021年4月15日(木)配信
    ※LINE MUSICより先行配信
れいちも / 愛の武器よ!

コメント

れいちも

実は!!ここだけの話!!日々の!!生活に!!刺激が!!欲しくて!!オーディションを受けることにした、れいちも少女が、何者かにこのオーディションは受けるべきです!!ビビッビッ!!っとなったオーディションがこのやついフェスさんでした!!!!

グランプリをとったときはほんとに嬉しくて頭が真っ白になりました。(ちなみに真っ白といえばバニラアイスが好きです)

そしてグランプリの副賞として歌をリリースできる権利をいただき、レコーディングをしました。
最初、レコーディングは緊張でガチガチ気味でしたが場の雰囲気が柔らかく精一杯歌うことが出来ました。

ぜひ皆さんに、れいちもの集大成を聞いて欲しいです!!!!

れいちもは、このような機会を与えてくださった世界の皆様に感謝しています!!!!

最高の経験が出来ました!今度はれいちもが歌を届けて、世界中のみんなに幸せを遠投する番!!!!

やついいちろう

こんなに一生懸命な声って赤ちゃんくらいしか出せないんじゃないかな。中々聴けないでしょ。フレッシュな声。

曽我部さんのメロディーと詩の世界が今の時代の女の子像を描いています。やついフェスキャンペーンガールのれいちもをよろしくお願いします!

Twitter
https://twitter.com/Yatsuiichiro

曽我部恵一
(作詞/作曲/コーラス/プロデュース)

2020年代は女性上位時代。そんな季節をポップに響かせる曲を書きました。れいちもが、それをさらにパワーアップさせてくれました。ぼくもつられてコーラスを入れてしまった次第です。ぜひ聴いて感じてください!

Website
http://www.sokabekeiichi.com/

吉田哲人
(編曲)

「大人の遊びで!楽しくやりましょう!」10分ばかりのネット会議で曽我部さんから提示されたアレンジの方向性がこれだ。

『大人の遊び…か…』DEMOのアレンジは8beatを刻むドラムとアコギのストローク。そこに曽我部さんの歌がのる、曲の良さが際立つシンプルなものだった。

『さて、どうしたものか…』最初に考えたのは僕の普段通りに曽我部さん曲をアイドル楽曲にしてしまおう、というもの。ただこれは、曽我部さん作曲のアイドル楽曲というだけで大人の遊びはそこに無い。却下。

暫くDEMOを繰り返し聴き歌詞をおっていると、『これは女の子が立ち上がる曲だな…立ち上がる…Stand!』

Sly & The Family Stoneが降りてきて、そのピースをきっかけに連想ゲームが頭の中を駆け巡り、最終的にはBrian WilsonやPhil Spectorもブッ込むアレンジとなった。パズルの完成。これぞ大人の遊び、である。

れいちもちゃんの歌はそんな大人の遊びを物ともせず、『若いってすばらしい…』そう思わせてくれる、色んな可能性を秘めた素敵な歌で楽しいレコーディングでした。

「大人の遊びで!楽しくやりましょう!」皆さんにも伝われば幸いです。

Twitter
https://twitter.com/tetsuto_yoshida

よしもとよしとも
(ジャケット・イラスト)

女の子の横顔描いてほしいなぁという曽我部さんのリクエストがまずあって、しかしどんな横顔なんだ、ざっくりしてんなぁと思いつつ、そのぶんあれこれと想像を巡らせることができました。

なので絵に関しても説明はしませんが、楽曲に合った良い感じに描けたなと気に入っています。

Twitter
https://twitter.com/yoshitomosan

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/