ニュース

『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』発売前重版決定の書籍が9月5日発売

生活に不安を抱えた 相撲・音楽ライターの和田靜香が、国会議員 小川淳也に「生きづらさ」をぶつけた書籍『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?国会議員に聞いてみた。』が、2021年9月5日に発売される。刊行記念オンライン・トークイベントも併せて本記事ではご紹介する。


時給はいつも最低賃金、
これって私のせいですか?

予約開始後、Amazonランキング選挙カテゴリーで第1位、書籍総合でも16位にランクインするなど注目を集め、既に重版も決定している『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』が、2021年9月5日に発売される。

プロフィール

著者:和田靜香

和田靜香(わだ・しずか)

相撲・音楽ライター。千葉県生まれ。

著書に『世界のおすもうさん』、『コロナ禍の東京を駆ける――緊急事態宣言下の困窮者支援日記』(共に共著、岩波書店)、『東京ロック・バー物語』(シンコーミュージック)などがある。猫とカステラときつねうどんが好き。

Twitter @wadashizuka
https://twitter.com/wadashizuka

取材協力:小川淳也

小川淳也(おがわ・じゅんや)

国会議員。1971年・香川県生まれ。東京大学法学部卒。

1994年自治省に入省し、2003年に民主党より衆議院議員選挙に初挑戦するも惜敗。2005年に初当選。現・立憲民主党所属の衆議院議員(5期/2021年7月現在)。レンチンした「おあげさん」が好き。

Twitter @junyaog
https://twitter.com/junyaog

内容紹介

この不安や生きづらさは「私のせい」?いつも最低賃金で働いてきた著者が、国会議員・小川淳也に「この国で生きること不安」をぶつける。

お金、住まい、税金、働き方、ジェンダーなど、人それぞれが抱える悩みを政治の力を使って解決へ導く1冊。

目次

  • はじめに
    コロナ禍の前から私はずっと不安だった
  • 第1章
    生きづらいのは自分のせい?
  • 第2章
    耳タコの人口問題が生活苦の根源
  • 第3章
    「なんか高い」では済まされない税金の話
  • 第4章
    歳をとると就職できない理由
  • 第5章
    見て見ぬふりをしてきた
  • 第6章
    自分を考える=政治を考える
  • おわりに
    私の不安は日本の不安だった
  • 政治問答ブックリスト              

書誌情報

  • タイトル
    『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。 』
  • 著者
    和田靜香
  • 取材協力
    小川淳也
  • イラスト
    伊野孝行
  • 装幀
    松田行正+杉本聖士
  • 出版社
    左右社
  • 発行日
    2021年9月5日
    第一刷発行
  • 判型
    四六判並製/280頁
  • ISBN
    978-4-86528-045-6 C0031
  • 定価
    1870円(税込)
  • 書籍詳細
    http://sayusha.com/?p=5870
書籍『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?国会議員に聞いてみた。』

はじめに

「コロナ禍の前から私はずっと不安だった」より

日本はこれからどうなっちゃうんだろう? 私はここで、どう生きたらいいんだろう?

願いはある。一人もとりこぼされることなく、全員があたりまえに安心できる暮らしが保証されることを。誰かが助かるために、誰かが蹴落とされないことを。今日の誰かの営みが、誰かの明日を創ることを。分かち合い、共にあることを。強く、強く、願う。私はそういう社会に生きたい。そうでないと生きることが難しい。絶対的死活問題だ。

じゃあ、そのために、私はどうすればいいんだろう?

それが分からなくて、知りたくて、2020年11月、私は東京の地下鉄・永田町の駅に降り立った。向かうのは衆議院第二議員会館。国会議員に、直接聞いてみることにした。

えっ? 何を考えてんだ、あんた?

大丈夫。ムチャなのは知っている。私はたいていの場合、そんな風に生きてきた。あとさき考えず、思うままに、やみくもに。私は自分の「分からない」をぶつけに行くことにした。高まる気持ちはまるで道場やぶりだ。当たって砕けろ!

ドンドンドンッ、たのもーーーーっ!

『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか?国会議員に聞いてみた。』 より

本書 の「はじめに」は、現在noteにて無料公開中

【無料公開】はじめに/和田靜香『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』より https://note.com/sayusha/n/neaef2e3f526b

刊行記念
オンライントークイベント

『時給はいつも最低賃金、これって私のせいですか? 国会議員に聞いてみた。』刊行記念オンライン・トークイベントが、本屋B&Bにて2021年9月1日開催される。

Zoomでのリアルタイム配信と、1ヶ月の見逃し配信あり。(見逃し配信の視聴方法はイベント終了後、準備が出来次第案内となるとの事)

サイン入り書籍付きチケットも販売される。

  • イベントタイトル
    和田靜香×小川淳也×星野智幸「私は政治がわからない」
  • 出演者
    著者:和田靜香
    (相撲・音楽ライター)
    取材協力:小川淳也
    (国会議員)
    星野智幸
    (作家)
  • 開催日
    2021年9月1日
  • 時間
    20:00~21:30
    ※19:30オンライン開場
  • 配信プラットフォーム
    Zoom
  • チケット
  • 配信参加のみ
    1,650円(税込)
  • 配信参加+サイン入り書籍
    1,650yen+1,870yen(税込)
  • チケット購入
    https://bb210901a.peatix.com/
  • イベント詳細
    http://bookandbeer.com/event/20210901_politics/

作家・星野智幸
プロフィール

星野智幸(ほしの・ともゆき)
作家。1965年アメリカ・ロサンゼルス市生まれ。1988年に早稲田大学卒業。新聞社勤務後、メキシコに留学。

1997年『最後の吐息』で文藝賞を受賞しデビュー。2000年『目覚めよと人魚は歌う』で三島由紀夫賞、2003年『ファンタジスタ』で野間文芸新人賞、2011年『俺俺』で大江健三郎賞、2015年『夜は終わらない』で読売文学賞、2018年『焔』で谷崎潤一郎賞を受賞。

近著に『呪文』『未来の記憶は蘭のなかで作られる』『星野智幸コレクションI~VI』『だまされ屋さん』などがある。

Twitter @hoshinot
https://twitter.com/hoshinot

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/