MENU

ニュース PR

音楽宅急便2021「クロネコファミリーコンサート~KID’s GROWING STORY~」8月11日YouTubeにてLive配信!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

音楽宅急便2021「クロネコファミリーコンサート」~KID’s GROWING STORY~(以下、音楽宅急便)が、2021年8月11日ヤマトグループ公式YouTubeチャンネルにてLive配信される。

当日は、東京フィルハーモニー交響楽団をはじめ、山形交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団の4楽団が演奏。スペシャルゲストとしてピアニスト・清塚信也も登場する。本記事では、その清塚氏の特別インタビューも併せてご紹介する。

音楽宅急便 「クロネコファミリーコンサート」

1986年以来35年にわたり「本物の、いい音楽を年齢や地域を越えてすべての人にお届けしたい」という願いを込め、日本全国で本格的なクラシック音楽が楽しめる音楽宅急便「クロネコファミリーコンサート」を開催してきたヤマトホールディングス株式会社

子どもから大人まで、誰でも本格的なクラシック音楽を楽しめるコンサートとして実施。公演回数はこれまで343回にのぼる。

毎年途切れることなく開催してきた「音楽宅急便」だが、昨年2020年は新型コロナウイルス感染拡大によりオンラインで開催。

音楽宅急便 2020 クロネコファミリーコンサート。今年は9月22日にオンラインで開催。スペシャルゲストは、ピアニストの清塚信也氏。演奏参加企画も実施!2020年9月22日18時からヤマトグループ公式YouTubeチャンネルにて「音楽宅急便2020 クロネコファミリーコンサート」が開催される。東京フィルハーモニー交響楽団ら、5都市5楽団が演奏する他、スペシャルゲストとしてピアニスト・清塚信也氏も出演。さらにTwitter、Instagramに指定ハッシュタグを付けて“なりきり楽器”で演奏参加する企画も実施される。...

そして今年2021年もコロナ禍を考慮し、8月11日にヤマトグループ公式YouTubeチャンネルにて配信コンサートを実施する。

キッズオーケストラ
共奏チャレンジ

今年2021年は、音楽宅急便では「成長」をテーマに、子どもたちが東京フィルハーモニー交響楽団からオンラインレッスンを受けながら1ヶ月練習。

8月11日の本番当日に一緒に演奏する「キッズオーケストラ共奏チャレンジ」を企画。

レッスンを通して子どもたちが成長していく様子を撮影した全4本の映像の内、現時点(2021年8月4日)では3本を、 YouTube ヤマトグループ公式チャンネル で公開している。

7月16日に公開された第1弾では、キッズオーケストラに選ばれたメンバーを紹介。10人それぞれが、「キッズオーケストラ共奏チャレンジ」への意気込みを語っている。

7月21日に公開された第2弾では、スペシャルゲストの清塚信也氏から、キッズオーケストラに選ばれたメンバーに届いた応援メッセージを紹介。

さらに子どもたちの熱心な練習姿や、楽団員の貴重なレッスンの様子が垣間見える各パート別の個別レッスンの様子を公開している。

7月30日に公開された第3弾では、弦楽器チームと金管・木管楽器チームで分かれ、弦楽器はアンサンブルレッスン、管楽器は個別レッスンを行う様子を紹介。

第4弾は8月6日に公開予定。本番前の最後のレッスンとして、キッズオーケストラメンバーによる合同レッスンを紹介する。ゲストも登場するとの事。

これら動画はYouTube ヤマトグループ公式チャンネルで公開されている。

そして2021年8月11日「音楽宅急便」Live配信当日には、この動画に登場した本格的に管楽器、弦楽器を学んでいる10名の子どもたちが実際の舞台に立って演奏する。

さらに特設サイトにて応募した80組の子どもたちが自宅から、東京フィルハーモニー交響楽団と一緒に音楽を奏でる企画も実施するとの事。

音楽宅急便2021
開催概要

音楽宅急便2021「クロネコファミリーコンサート~KID’s GROWING STORY~」

  • 開催日
    2021年8月11日(水)
  • 開催時間
    17時~18時頃
  • 配信プラットフォーム
    YouTube
    ヤマトグループ公式チャンネル
    ※開催後アーカイブ配信あり

音楽宅急便2021
「クロネコファミリーコンサート~KID’s GROWING STORY~」 特設サイト
https://www.yamato-hd.co.jp/csr/society/education/concert.html

実施企画

キッズオーケストラ共奏チャレンジ

本格的に管楽器、弦楽器を学んでいる10名の子どもたちが、1ヶ月間 東京フィルハーモニー交響楽団からオンラインレッスンを受けながら練習し、Live配信当日に同じ舞台で一緒に演奏する。

オンライン共奏

特設サイトにて応募した80組の子どもたちが、自宅からオンライン(Zoom)でバイオリン、ビオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、トランペット、トロンボーン、ホルンなどの楽器を用いて、東京フィルハーモニー交響楽団と一緒に音楽を奏でる。(参加する子どもたちは、事前に楽団員から2回オンラインレッスンを受けています。)

出演者

司会:朝岡 聡

指揮:飯森範親

出演オーケストラ

※各オーケストラ名または写真をクリック(タップ)すると、各オーケストラのWebsiteが開きます。

東京フィルハーモニー交響楽団

※東京フィルハーモニー交響楽団の演奏は
リアルタイムでもお届けするとの事。

山形交響楽団

名古屋フィルハーモニー交響楽団

広島交響楽団

スペシャルゲスト
清塚信也

清塚信也(きよづかしんや)

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。

桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

近年では、TVバラエティ番組やラジオ番組へ出演するなど、マルチピアニストとして活躍。

2019年8月16日には邦人男性クラシック・ピアニストとしては史上初となる日本武道館での単独公演を開催。同年、第70回NHK紅白歌合戦に「糸」(島津亜矢と共演)で初出演。

2020年47都道府県ツアー「名曲宅配便~ピアノが奏でる特別な時間~」を開催。2021年ミュージカル「GOYA-ゴヤ-(主演:今井翼)」、映画「未来へのかたち(主演:伊藤淳史)」の音楽を手がける。

Website
https://tristone.co.jp/kiyozuka/

https://twitter.com/yamato_19191129/status/1422391776963440659?s=20

清塚信也氏
特別インタビュー

■昨年2020年開催された「音楽宅急便」では、視聴者参加型の演奏など、オンラインならではの企画が盛りだくさんでした。参加してみていかがでしたか?

もともとクラシックは「生音」にこだわってここまで成長してきた音楽ですが、近年の配信技術の向上によって音質や画質なども格段に上がり、素晴らしい音楽会が自宅で体感できるようになったな、と感じました。

視聴者が参加したり、色々な意味で音楽会は可能性を拡げているように思います。こうやって新しいことに挑戦していけるのも、表現者としてとても楽しい瞬間です。

今年は、新たにキッズオーケストラと東京フィルハーモニー交響楽団、そして清塚さんとのコラボ企画がありますが、どんな演奏を期待していますか?

やはり、気持ちや心が現れる瞬間を捉えたいと思います。若い心に触れて、私自身も何か吸収できることを期待しております。

「音楽宅急便」では、毎年みなさまに『楽しくいい音楽を届ける』企画を考えているとの事。清塚さんが「いい音楽を届けられた」と、思い出に残っている演奏シーンや印象深いエピソードはありますか?

ショパンコンクールを目の前に、ポーランドの田舎の身内だけのコンサートで、ショパンを弾き、“コンクールコンクール”と思っていたのを忘れて、自由に自分のしたい演奏をしました。

人生でも経験のない快感の得られる時間で、とても充実した演奏でした。他人のためだけでなく、自分のためにも演奏しないとダメだなと思った瞬間でもありました。

今年の「キッズオーケストラ共奏チャレンジ」のテーマは『成長』ですが、最近、清塚さんご自身が「成長したな」と思ったことはありますか?

コロナ禍で、YouTubeなどが注目されて、ステージで披露するのとはまた違ったスキルが必要なのだと解りました。

動画ならではの演奏法や見せ方などをこの一年で習得しつつある気がします。それは表現の幅を広げてくれました。

オンラインの「音楽宅急便」は“おうち”までオーケストラを届けるというコンセプトですが、最近おうちでハマっていることはありますか?

インスタに毎朝のようにウォーミングアップの「動画」をアップしているのですが、曲作りはもちろん、動画編集までして15分程度で作っています。それにハマっております。

昨年「ヤマト宅急便」のテーマ(サウンドロゴ)を、即興演奏で素敵に披露されてましたが、清塚さんのお宅にはどんな荷物が届くのでしょうか?

やはり最近は音周りの機材が多いですね。あとはウィスキーや焼酎なども。笑

ピアニストであり、作曲家の清塚さんですが、曲づくりで大事にされていることは何ですか?

メロディを大切にしています。やはり、何よりまず心に刺さるのはメロディだと思いますので。

様々なジャンルの楽曲を生み出し、演奏されていますが、普段はどんな音楽を聴かれていますか?

オルタナティブやエレクトロが多いです。シンセサイザーで作る人工的で割とノイジーな音って大好きなのです。

世界的にヒットしたゲーム「マインクラフト」の音楽をやっているC418のアンビエントな音など、オススメです。

コンサート活動、作曲家のほか、テレビ番組にも多数出演するなどマルチに活躍されている清塚さん。今後はどんなことに力を入れていきたいですか?

演奏はもちろんですが、作曲にも力を入れていきたいです。ピアノだけでなく、他の楽器も、そして歌も作ったり。あとは、若い才能を世に紹介する役目も担えれば最高です。

今年の「音楽宅急便」への意気込みを一言お願いします。

音楽会は開けてみないとわからないプレゼントです。今回も、どんな音のプレゼントが届くのか、楽しみにしてください。オーケストラ、そして子どもたちとのハーモニーもご期待ください!

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/