ニュース

「かつめい茶 リラックスブレンド」新CM 加藤凪海、ドラム・パーカッションプレイヤー HARRY(ex:the OYSTARS)出演

2021年11月8日から一般発売する「かつめい茶 リラックスブレンド」の新CMに、名古屋を中心に活動するタレントの加藤凪海、ドラム・パーカッションプレイヤー HARRY(ex:the OYSTARS)が出演。Webにて公開された。同CMは東海地方で11月8日からTV放映スタート(予定)。


かつめい茶
リラックスブレンド とは

「活命茶」は 中北薬品 が1987年から発売するロングセラー商品で、ウーロン茶、ハブ茶、ほうじ茶、ハト麦、ナツメ、ジャスミン、柿の葉、昆布の8種の素材を配合したブレンド茶。

東海地方在住者から世代を問わず「これがなくっ茶」というフレーズのTVCMは認知されているが、「TVCMの認知度に対して、商品理解・飲用機会が不足しているのではないか」という課題を抱えていた。

そこで、コロナ禍における現代課題にも寄り添う「はたらく万能茶」である事を知ってもらう為、中北薬品と地元名古屋にある中京大学が産学連携の取り組みを実施。中京大学総合政策学部坂田隆文ゼミが「活命茶」のマーケティング戦略を提案。

商品が抱える課題に対して、パッケージデザイン、商品名、配合成分、販売チャンネルなどを考案し、新商品「かつめい茶 リラックスブレンド」として2021年11月8日より一般発売される。

Website
http://kisura.co.jp/

※2021年11月8日より「かつめい茶 リラックスブレンド」商品サイトが公開予定。

一般発売に先駆け、2021年10月4日(月)より、アタラシイものや体験を応援購入できるクラウドファンディング・サービス「makuake」にて、先行限定販売を実施中。

https://www.makuake.com/project/katsumeicha/

かつめい茶
リラックスブレンド 新CM

新TVCMは東海地方ではおなじみの「これがなくっ茶」というフレーズはそのままに、これまでのイメージを一新。東海地方にて2021年11月8日より放映スタート(予定)となる。

出演は名古屋を中心に活動するタレントの加藤凪海、そしてドラム・パーカッションプレイヤー HARRY(ex:the OYSTARS) 。

「ひーふーみー」ではなく
「WE DO NEED」

東海地域の方であればご存知の活命茶のCMの歌詞「ひーふーみー」しかし、この「ひーふーみー」正しくは「WE DO NEED」のであったことが発覚。

一部ローカルメディア等で紹介いただいたことから判明したこの事実に、CMに馴染みがある人の間では激震が走った。

2021年11月8日からTV放映される新CMでは、お馴染みの「これがなくっ茶」CMソングは踏襲しつつ、問題のパートでは「WE DO NEED」と大きく表示され、初めてこのCMを目にする方も、聴き間違えないように工夫が施された。

出演者プロフィール

加藤凪海

加藤凪海(かとうななみ)
出身地:愛知県名古屋市
SonyMusicグラビアオーディション「夏色ヒロイン」の初代グランプリ。2015年雑誌ワニブックス社「UTB+」に掲載。2016年舞台「チェンジングホテルNAGOYA」に出演活動を広げている。

Twitter
https://twitter.com/_nanami_1211

HARRY

HARRY
ドラム・パーカッションプレイヤー、音楽ディレクター、音楽クリエーター
1996年、ポニーキャニオンよりthe OYSTARS(オイスターズ)でデビュー。バンドのドラマーとして活動。 バンドでは一部、作詞・作曲も手がける。

フジテレビアニメ「烈火の炎」のオープニングソング「なんか幸せ」がスマッシュヒット。オイスターズ活動休止後、アマチュア・プロ問わず、さまざまなアーチストとライブ、レコーディングで共演。

ドラマー、パーカッションプレイヤーとしてだけでなく、アレンジャー、ディレクターとしても活動中。近年はアマチュアバンドの審査員や、バンドクリニックを通じての後進の育成にも意欲的に取組中。

かつめい茶
リラックスブレンド について

  • 品名
    かつめい茶 リラックスブレンド(清涼飲料水)
  • 原材料名
    ウーロン茶、ハブ茶、ほうじ茶、ハト麦、ナツメ、ジャスミン、柿の葉、昆布、カモミール、レモングラス、ルイボス、GABA、テアニン
  • 容器・容量
    PET 500ml
  • 一般価格
    140円(税込)
  • 先行発売日
    2021年10月4日
    makuake https://www.makuake.com/project/katsumeicha/
  • 一般発売
    2021年11月8日
    http://kisura.co.jp/
    ※かつめい茶リラックスブレンド商品サイトは11月8日より公開

良質な睡眠とお茶が持つ成分

一般社団法人睡眠body®協会代表理事・理学療法士・矢間あやさんの解説

新型コロナウイルス感染症が世界中に広がり、日本でも緊急事態宣言という、過去に例のない経験をしました。

以前とは全く違う新しい生活様式を送らざるを得なくなり、不安やストレス、生活様式の急激な変化などから「不眠」の症状に悩む人も急増しています。ある調査では、新型コロナウイルス感染拡大以降、約4割の人が不眠の症状を感じたことがあると回答しています。

眠ることは、健康の基本です。脳や体の休息だけでなく、記憶の整理やさまざまなホルモンを分泌させる、代謝の促進や修復、ストレス解消などの役割も担っています。

良質な睡眠を得るためには、寝具や夜の行動に目が行きがちですが、実は朝や昼間の行動や寝る前に十分にリラックスすることがとても重要になります。

良質な睡眠に向けた第一歩は、朝起きたらまず、朝日を浴びること。人の体には体内時計が備わっていて、朝、太陽の光を浴びるとリセットされ、活動のスイッチがONになると言われています。朝光を浴びることが、夜の自然な眠りに繋がるのです。

「かつめい茶 リラックスブレンド」は興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスを緩和したり、睡眠の質を整えたりする効果があると言われるGABAや自律神経をリラックスさせる働きがあると言われるテアニンという成分が配合されています。さらに、GABAには血圧を下げる効果が期待できるという実験の結果もあります。

また、眠るためにはリラックスしている事も重要です。新しい生活の中で、不安やストレスでなかなかリラックスできない人も多いと思います。GABAやテアニンはストレスをやわらげて神経をリラックスさせる働きがあると言われています。寝る前のひと時、自分だけの特別な時間に飲むのにもぴったりです。

さらに、テアニンは、睡眠サプリメントなどにも多く含まれる成分です。緑茶などにも含まれていますが、リラックスに最適な数種類のハーブもブレンドされた「かつめい茶 リラックスブレンド」がオススメ。

今眠れない問題が社会的な問題なのは学生の調査からも明らかです。

朝日を浴びてスイッチONにする事はもちろん、「かつめい茶 リラックスブレンド」を飲むことでよりリラックスして、自然な眠りを手にいれましょう。ぜひ「かつめい茶 リラックスブレンド」で質の良い睡眠を目指してみてはいかがでしょうか。

矢間あや(やざまあや)
プロフィール

一般社団法人睡眠body®協会代表理事・理学療法士 著者

  • 主な著作
    『ぐっすり眠れる体に生まれ変わる ゴロ寝リセット!』
  • 『カラダをゆるめて最高の睡眠を手に入れる』
  • 『まんがでわかる ぐっすり眠れる体の整え方』
  • Website
    https://yazama-aya.com/
ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/