ニュース

タツノコプロのNFTコンテンツが登場。パブリックチェーンを活用した NFT マーケットプレイス「animap」が6月17日オープン

「animap」は、アニメを中心に、NFT事業に取り組みたい企業のパートナーとして事業推進を支援し、様々なジャパンコンテンツNFTを取り扱う、パブリックチェーンを活用した NFTマーケットプレイス。

同サービスのローンチにあたり、2022年に創立60周年を迎えるアニメーション制作会社「タツノコプロ」のNFTを「animap」にて数量限定で販売する。


animap とは

「animap」は、博報堂DYミュージック&ピクチャーズが運営するパブリックチェーンを活用したNFTマーケットプレイス。

主事業であるアニメを中心に、NFT事業に取り組みたい企業のパートナーとして事業推進を支援し、様々なジャパンコンテンツNFTを取り扱う。

「animap」のローンチにあたり、2022年に創立60周年を迎えるアニメーション制作会社「タツノコプロ」のNFTを「animap」にて数量限定で販売。

タツノコプロが生み出してきたキャラクターたちが集結した60 周年記念ビジュアルをはじめ、代表作である「マッハ GoGoGo」の55周年記念ロゴや描き下ろしイラストを使用したアイテムを取り扱うとの事。

また今後は、アニメ、映画、マンガ、ゲーム、音楽、アートなど、様々なジャパンコンテンツ NFTが登場する予定。

Website
https://animap.io/

NFT、ブロックチェーン
パブリックチェーンとは

NFTとは

Non-Fungible Token の略称で、主に「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のこと。暗号資産(仮想通貨)と同じく、ブロックチェーン上で発行および取引されるものです。

デジタル作品の「保有」を証明できるNFTは、アートやスポーツ、音楽など、エンタテインメントコンテンツ領域でも多く活用され始めているブロックチェーン技術です。

NFTを活用することで、デジタル作品も本や写真、フィギュアなどのアナログ作品と同じように「自分だけの保有物」にすることができます。

従来のデジタルデータは簡単に複製でき、本物かどうか判別できない状態で無数に出回る可能性がありました。

しかしこれからは、NFT技術を用いることで、デジタルデータであっても「唯一無二の商品」として扱えるようになります。

デジタル上の「価値の証明」ができるようになったことで、デジタルグッズ収集の新しいカルチャーが生まれようとしています。

ブロックチェーンとは

「ブロックチェーン」とは、取引の過程を暗号化し 1 本の鎖のように繋げて記録する技術のこと。

この技術によってモノがどこから出てきて、どういう流れを辿って入手されたのか「見える化」されます。

取引の過程を記録する中で、デジタル上のモノに固有のシリアルナンバーや証明書などを付与することも可能。

つまり、そのデジタルデータが本物なのか、複製された偽物なのかを識別できるということです。

パブリックチェーンとは

「パブリックチェーン」とは、誰でも自由にネットワークに参加可能で完全にオープンなブロックチェーンを指します。

タツノコプロのNFT

「animap」のローンチにあたり、第1弾プロジェクトとして、2022年に創立60周年を迎えるアニメ制作会社「タツノコプロ」の NFT を数量限定で販売する。

タツノコプロが生み出してきた数々のキャラクターたちが集結する「animap」版の60周年記念ビジュアルをはじめ、今年で放映55周年を迎える代表作「マッハGoGoGo」の55周年記念ロゴや今回のために描き下ろされたイラストを、オリジナルエフェクトとともに楽しむことのできるNFTアートが「animap」に登場。

オークションにて販売される1点限定のジオラマカードは、「タツノコプロ」創立者・吉田竜夫の長女であり、キャラクターデザイナーとして活躍する吉田すずかさんによる描き下ろしイラスト。

  • タツノコプロ
    60周年記念ビジュアル(animap NFT ver.)
  • 販売予定日時
    2022 年 6月 17 日(金)11:00
  • 販売サイト
    animap
    https://animap.io/
  • 販売価格
    3,000 円(税込)
  • 販売数
    500 点

マッハ GoGoGo
NFT コンテンツ

タツノコプロの代表作である「マッハ GoGoGo」の55周年記念ロゴや描き下ろしイラストを使用したアイテムも取り扱う。

  • マッハ GoGoGo
    55周年記念ロゴ
  • 販売予定日時
    2022 年 6月 17 日(金)11:00
  • 販売サイト
    animap
  • 販売価格
    3,000 円(税込)
  • 販売数
    500 点
  • 吉田すずか描き下ろし
    マッハ GoGoGo ジオラマカード
  • 販売予定日時
    2022 年 6月 17 日(金)17:55~2022 年 6月 22 日(水) 23:50
  • 販売サイト
    animap
  • 販売価格
    オークション
    ※55,555 円(税込)相当の ETH 価格スタート
  • 販売数
    1 点
  • animap オリジナル
    マッハ GoGoGo ジオラマカード
  • 販売予定日時
    2022年6月17 日(金)11:00
  • 販売サイト
    animap
  • 販売価格
    5,555 円(税込)
  • 販売数
    4種×各100 点

「animap」の機能

  • イーサリアム(Ethereum)を採用した基盤を構築
    パブリックチェーンであるイーサリアム(Ethereum)を採用し、NFT マーケットプレイスを構築。今後は、採用チェーンを増やしていくことを想定。
  • クレジットカードでも決済可能、様々な支払いに対応
    イーサリアム(Ethereum)での暗号通貨決済と合わせて、クレジットカードでの決済にも対応。
    ※オークションでの NFT ご購入時は、イーサリアム(Ethereum)のみでの決済対応。
  • 外部 NFT マーケットプレイスとの連携を可能に
    NFT マーケットプレイスであるオープンシー(Opensea)やラリブル(Rarible)と「animap」の連携を可能とし、二次売買を行うことができる。

今後追加予定の機能について

  • ポリゴン(Polygon(MATIC))チェーンの追加
    今後、イーサリアム(Ethereum)に加えて、イーサリアム(Ethereum)のセカンドレイヤー・ネットワークソリューションであるポリゴン(Polygon(MATIC))チェーンを採用し、NFT マーケットプレイスを構築する予定。
    ※ポリゴン(Polygon(MATIC))の実装は2022 年秋を想定。
    ※今後も採用チェーンを増やし、幅広い販売/購入オプションを提供予定。
  • animap セカンダリーマーケットのローンチにより、animap でユーザー同士の NFT 売買が可能に
    「animap」は 2022 年秋頃、ユーザー同士で NFT を売買することができる場として、セカンダリーマーケットのローンチを予定。
  • エアドロップ/NFT 配布機能の実装により、NFT をより多くのお客様へ
    2022 年秋頃に、エアドロップ/配布機能の実装を予定。販売以外のソリューションを実装することで、ユーザーやファンへ様々なコンテンツを届ける。
  • XR プラットフォームサービスとの連携等、NFT の「体験型コンテンツ」を提供
    VR(仮想現実)で知られる仮想空間の体験型技術をはじめ、AR(拡張現実)、MR(複合現実)を含む XR プラットフォームサービスや、その他様々なサービスと「animap」を順次連携。 NFT を活用した体験型コンテンツの提供を予定。

上記機能追加に加えて、今後も様々な機能をアップデートしていく予定。

animap の
サービス提供体制

「animap」は、デジタルコンテンツ開発から販売までを一気通貫でサポートできる体制を構築。NFT事業に取り組みたい企業/クリエイターのパートナーとして、NFT事業推進を支援する。

サービスを提供する博報堂DYメディアパートナーズ内でも、NFT ビジネスにおける戦略立案、プラットフォーム開発、 外部マーケットプレイスとの連携、マーケティングやクリエイティブ、法規制対応、今後のメタバース展開など新たなサービスやプロダクトを専門チームとして創出していくプロジェクト「Play Asset」が発足され、「animap」チームとも連携している。

サービス提供会社

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/