ニュース

Music Lane Festival Okinawa 2021・ハシケン他 最終出演者14組を発表。国内40組+オンライン出演するアジア各国35組 合計75組の出演が決定!2021年1月16日/17日 開催!

2021年1月16日・17日に、那覇市と沖縄市で同時開催するオンライン+オフラインのハイブリッド型の音楽フェスティバル「Music Lane Festival Okinawa 2021」に出演するアーティストの第3弾が発表となった。当日は国内40組+オンラインで参加するアジア各国35組 合計75組のアーティストが出演する。

第1弾では少年ナイフや、サニーデイ・サービス、第2弾は eastern youthや、畠山美由紀、THE BASSONS、17歳とベルリンの壁などを発表。さらには海外からオンライン出演するアーティストも発表されている。(2021年1月15日情報更新)


Music Lane Festival Okinawa 2021 開催概要

2021年1月16日(土)・17日(日)沖縄県那覇市と沖縄市で開催が予定されていた「Music Lane Festival Okinawa 2021」は、開催を延期する事を2021年1月8日に発表。


延期日程は1月15日に、2月20日(土)21日(日)開催と発表されました。詳細は以下リンクにてご確認下さいませ。
https://onigirimedia.com/2021/01/15/music-lane-fes_reschedule/

Music Lane Festival Okinawa 2021(ミュージック・レーン・フェスティバル・オキナワ2021)は、複数のライブハウスを回遊形式で繋ぐショーケース・フェスティバルと、国際音楽カンファレンス「Trans Asia Music Meeting 2021」を同時に実施するイベント。

那覇市と沖縄市で同時開催となる他、ライブは有観客と配信にて行われる。
※那覇会場は、2007年にスタートした街フェス「Sakurazaka ASYLUM (サクラザカ・アサイラム)」とのコラボ開催となる。

配信ライブは、アジア各都市の音楽ネットワーク(TAMM Network) と連動。海外向けにも広く音楽を紹介していくグローバルなイベントだ。

沖縄のローカル・コミュニティの繋がりを大切にしながら、アジア各都市との音楽ネットワークと連動して、国境を超えて音楽を広げる動きを加速。


不透明なコロナ禍にあっても、沖縄から音楽の魅力を発信し、新たな才能を紹介、音楽シーンの活性化を目指す。

  • 開催期間:2021年1月16日・17日
  • 会場
  • 那覇市
    桜坂劇場 桜坂セントラル 他 
  • 沖縄市
    ミュージックタウン音市場 / 7th Heaven Koza / Remy’s 他
  • 発表済出演者
    タテタカコ / eastern youth / 少年ナイフ / サニーデイ・サービス / 畠山美由紀 / THE BASSONS / 17歳とベルリンの壁 / THE SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地イサム) / KACHIMBA 4 / 三ヶ田ケイゾウ / ALKDO-Turtle Island acoustic- /  element of the moment / CINEMA dub MONKS / リクオ / マルチーズロック / ヤギフミトモ / TOSH /HARAHELLS / caino / Home Party People / Funnynoise / AKKANBABYS / 木村華子
  • オンライン出演者
    タイ:YONLAPA / H3F / My Life As Ali Thomas
    モンゴル:Mohanik / The Colors / Nisvanis / Magnolian
    フィリピン:She Is Only Sixteen / Syd Hartha / KRNA
    韓国:Cotoba / No.1 Korean / The Sound
    マレーシア:Skits / The Golden Mammoth / Jemson / Court 10 / FAZZ / Capt Trips n The Kid / The Filters
    シンガポール:Shye / Woes / YAØ / HubbaBubbas / Shak’thiya / Shirly Temple
    インドネシア:lightcraft / Tanayu / Prince Hussein / Pretty Rico / Bedchamber / Jeslla / Iris Bevy

Event Website
https://musiclaneokinawa.com/mlf2021

TAMM Network

アジア7ヵ国(2020年12月20日現在)音楽関係者とのネットワークを活かし、「Music Lane Festival Okinawa 2021」の、現地でのプロモーション、オンライン出演アーティストのキュレーションなどを行ってもらっている。

Music Lane Festival Okinawa 2021 記事一覧

Music Lane Festival Okinawa 2021の記事一覧は以下リンクから御覧頂けます。
https://onigirimedia.com/tag/music-lane-festival-okinawa-2021/

第3弾出演アーティスト14組

ステージ出演(12組)

ハシケン / とんちピクルス / ちえみジョーンズ / 小湾咲貴(Shocking桃色) / 8bit / Milk&Cookie / onoway / さとうるき / THE QUESTIONS / VERONICA VERONICO / こころとことば / シマブクロヒトミ

ハシケン

95年デビュー。埼玉県秩父市出身。

デビュー前に沖縄民謡を習得。第76代奄美観光大使。主な演奏楽器:ギター、ピアノ、ウクレレ、三線。

ソロでの活動、バイオリン磯部舞子【ベチコ】とのデュオ、ドラム・伊藤大地(グッドラックヘイワ/星野源、細野晴臣等サポート)、ベース・上地gacha一也(勢理客オーケストラ/下地イサム、BEGIN等サポート)との『ハシケントリオ』の3スタイルで主に作品制作やライヴ活動中。


元ちとせ(君ヲ想フ)、我那覇美奈(波の音)等、楽曲提供。

河瀬直美監督「朱花の月」(2011年)「2つ目の窓」(2014年)(どちらもフランス・カンヌ国際映画祭出品)、若松孝二監督「千年の愉楽」(2013年)の映画音楽も手がけるたぐいまれなシンガーソングライター。

Website
http://www.hasiken.com/

VERONICA VERONICO

2010年結成。都内をメインに活動中。   Vo.鍵子(きーこ)、AGt.樋口キヨジ、EGt&Cho.寺本憲之、Dr.渡邊勝人 ギター2本とドラムのベースレススタイル(楽曲によってはベースを取り入れる)。 

プログレッシブ且つドラマティック。 アコースティックギターの響きとオルガンやシタール等のエレキギターの枠を 超えたサウンドが両立した楽曲。 お伽噺から身近な情景までをも綴った豊富な歌詞の世界と力強い歌声。  自らの音楽をストーリーや情景が”観える”「シネマティックロック」と称す。 

2020年に結成10周年を迎え、新作音源に併せてすべて違うクリエイターが創るMVを3作品を公開。また、10周年イベントとして東京と大船渡を配信で繋ぐ2会場同時開催ライブイベントを敢行。 バンド単位の開催では初となる「県を超えた別会場での同時開催配信イベント」を成功させる。 

結成当初より交流のあった岩手県大船渡市へは東日本大震災以降足繁く通い、 ライブハウス大作戦大船渡支部と深く交流を持ち、ライブハウス”大船渡KESEN ROCK FREAKS”を第2のホームグラウンドと定めている。

Website
http://veronica-veronico.com/

「TAMM Selection」
オンライン出演

the you(沖縄)

2004年結成。オルタナやUKギターロックに影響を受けたサウンドが持ち味の4ピースバンド。

ライブではブラフマン、lite等実力派バンドと共演を果たしている。

2016年、2017年にはモンゴル最大のロックフェス「PLAY TIME FESTIVAL」に出演。2021年に新譜をリリース予定。

Website
https://backwatersound.wixsite.com/theyou

omni sight(日本)

“omni sight” is a Kyoto based electronic music band since 2013. The band itself consisted of Motohiko Sato, a leader of L.E.D. , and Naoki Hirai, a drummer of BOOM BOOM SATELLITES, Original Love and various artists.

Their sound has organic/mighty beats by raw bass and drums, also has unique cosmic soundscapes with experimental and respectful attitude for clubbing music.

Their latest album “CROSS POINT e.p.”, their first release on their own label “FlightWorks”. was released in October 2020. Featuring Shoichi Murakami, the keyboardist of “UCND”, “Kobeta Piano” unit that is unique in the Kyoto underground scene and a master of MOOG ONE, and Shohei Nakamura, saxophonist who has built a career in various fields as a session man, this ambitious album boldly incorporates R&B, hip-hop, and jazz grooves into elements of ambient, dub, and chill-out.

This new Japanese crossover sound master piece is launched from Kyoto for every music lover and dance floors.

チケット他

ヘッドライナー的な位置づけのアーティストから、オープンの募集で選出されたアーティストまで、それぞれ個性豊かな自信のラインナップがこれで出そろったとの事。(一部調整中の部分もあり若干の追加も予定しているが、基本はこれが最終のラインナップとなる)

オンライン出演のアーティストも、それぞれの国の音楽シーンをリードするアーティストばかりだ。

前売券は以下プレイガイド他にて絶賛発売中。オンライン視聴のチケットは、近日中に販売開始を予定している。

なお、各会場は、沖縄県のガイドラインを遵守し、新型コロナウィルス感染拡大防止対策を徹底して行う。

チケット

  • 一般・エリア指定1日券
    前売:4,000円 / 当日:4,500円
    ※日付指定あり / 那覇・コザいずれかのエリア指定あり
  • 一般・エリア指定なし1日券
    前売:4,500円 / 当日:5,000円
    ※日付指定あり / 那覇・コザ両方で利用可能
    ※2020年12月7日 前売開始。
  • 配信チケット
    日付指定・1日券:2,000円
    2日券:3,000円
    ※近日販売予定

チケットプレイガイド

Event Website
https://musiclaneokinawa.com/mlf2021

Music Laneとは

“Lane”という単語には、路地という意味があります。メインストリートではない裏通り。常に新しい音楽や文化の新たなムーブメントはそうした場所から始まります。

”Music Lane”は、ストリーミングの時代において、主にインディーズ・バンドの活動をバックアップするためのプロモーション・プラットフォームであり、新たなスタイルのニュース・サイトです。


Website
https://musiclaneokinawa.com/

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/