エンタメ

バンド 漁港 森田釣竿の店「泉銀」からの不定期コラム 「魚食えコノヤロー!」2021年新春・アカヤガラの巻

「日本の食文化を魚に戻し鯛!」をコンセプトに活動するフィッシュロックバンド 漁港 のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏が店主を務める鮮魚店「泉銀」から、不定期でお届けする業界初・エンタメ系魚食コラム。

2021年新春第1回目は「アカヤガラ」!! バンド漁港の最新情報も併せてご紹介。


浦安 鮮魚 泉銀

フィッシュロックバンド 漁港のボーカル・包丁担当 森田釣竿氏の店 鮮魚 泉銀は、2021年は1月8日から仕事始めとなった。

この色とりどりの丸魚達が、所せましと並んでいる新春感。正に ♪鯛!おめでとう!Congratulations!!!♪ と言った感じである。

因みにコチラは新春感満載の森田釣竿氏。

そしてコレは鯛じゃなくアンコウ。

冬と言えばアンコウ鍋。吊るし切りで知られるアンコウだが、普通にぶつ切りでもOKとの事。この面構えに対抗できる猛者はぜひ。

そして袋の中に入っているのは…

イカ!それも生きてる活スルメイカ。はるばる函館から来たぜである。

目を凝らしてみると、中にイカが居るのが見える。そして動いている…

しかし!今回ご紹介するのは、アンコウでも、活スルメイカでもなく、コチラ!

アカヤガラ

スミマセン、アップで撮ったら全部入りきらず…

アカヤガラ(赤矢柄、赤簳魚)舌を噛みそうな名前、そしてこの姿、このクチ。「古代魚?」と言った風貌である。

全身のお姿はコチラ

ドーン!全長は2m前後にもなると言う。作年末より泉銀では、眼にする事が多かったアカヤガラ。満を持してのご紹介である。

因みに、年末このアカヤガラを丸ごと買って、買い物バックから顔が出た状態で持ち帰った人もいる… 長ネギじゃないんだから… 恐るべし 泉銀のお客さん。

アカヤガラは北海道から九州、沖縄に至るまでの日本各地の沿岸から東シナ海をはじめ、世界中の暖かい海域に分布するとされ、サンゴ礁や岩礁がある比較的浅いところに生息し、小魚や甲殻類などを捕食する。

また、スポイトのような細長く伸びた口を狭い隙間に差し込み、奥に潜む小魚や甲殻類を吸い込むように捕食する事もある。産卵期は冬から初春にかけて。

旬の食材百科 アカヤガラより

こんな不思議な風体ながら、極めて上品な味の白身で、焼いても良し、お吸い物にして良し、ナベでも、刺身でも美味しい高級魚との事。

また焼いた時の皮も、独特の風味があって美味しく、肝も食べられるほか、骨で出汁を取っても美味しいらしい。調理例はコチラ

正しく、人ならぬ「魚は見かけによらぬモノ」。一般庶民には敷居の高い料亭などで良く使われる食材の為、スーパーなどで見かける事が無いんだそう。

もちろんトライしてみたい人は、泉銀に入荷があれば購入可能。自分で捌く事が難しければ、森田氏、またはお店のスタッフに相談してみて欲しい。

※店舗の品ぞろえは日々変わるので、記事でご紹介した魚が毎回あるとは限りません。その点はご理解・ご了承下さいませ。
※お店の状況によっては、対応出来ない場合もございます。

緊急事態宣言

さて 2021年は、新型コロナウイルスの感染拡大による「緊急事態宣言」が、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に対し発出された翌日より仕事始めとなった泉銀。

県境を越える外出を控える為 来店が難しいと言う方は、通販もあるので ご利用頂ければ幸いだ。

通販についての詳細は 漁港Website または 通販サイト・漁港市場 にてご確認下さいませ。

鮮魚 泉銀 店舗情報

バンド 漁港 最新情報

既に、Onigiri Mediaでもご紹介済だが、残念ながら2021年1月11日(月)秋葉原CLUB GOODMANにて開催が予定されていた「漁港湾マンライブ」は、新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み、開催が延期となった。

これについては、延期開催日等が決定したら、Onigiri Mediaでも紹介予定なので、楽しみに待っていて欲しい。

シナぷしゅ「おくいぞめ」

テレビ東京にて毎週月〜金 あさ7:35~8:00(テレビ東京系列6局ネット) ・夕方 5:30~5:55(テレビ東京ローカル)放送中、民放初の赤ちゃん向け番組「シナぷしゅ」2021年1月のシナぷしゅのうたとして、漁港の「おくいぞめ」が放送中だ。

朝に聴くと、1日中アタマの中をグルグルと流れる様な、クセになる「おくいぞめ」。

年明けからも大変な日々が続いているが、気持ちが暗くなりそうになったら♪元気にバリバリ、笑っていただく、日本の食卓、鯛!おめでとう!Congratutrations!!!♪ と歌ってみてはいかがだろうか。

少しだけ気持ちが明るくなる…かもしれない。

バンド 漁港 プロフィール

1986年に結成され、2004年ユニバーサルミュージックよりメジャー・デビューも果たしているバンド・漁港(gyoko)。(正式表記は「港」が反転)

現在のメンバーはボーカル・包丁担当で、鮮魚店・泉銀店主の森田釣竿氏と、ギター他担当の深海光一の2人。 森田釣竿氏は2016年に水産庁が任命する「お魚かたりべ」にも選出されている。

日本古来の食文化・魚食を広めるべく、店舗はもちろん、様々なステージにて活動している。

なお、漁港のCDは以下漁港Website及び森田釣竿氏のお店「泉銀」にて入手可能だ。

漁港Website
https://www.gyoko.com/
漁港Twitter
https://twitter.com/pnlozwA9H3qkcTY

アーカイブ楽曲も公開中・漁港YouTube公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCriPbYlL0DhTu7cVLpcCigg

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/