ニュース

蕎麦 × DJ!? 世界初の超新感覚エンタメユニット「ゆさそば」が新MV発表! 今までにない『蕎⻨の楽しみ方』を提案!!

日本の蕎⻨文化を自分たちの音楽を通じて世界に知ってもらいたいと、2014年より全国各地で活動している『世界初そばエンタメ・ユニット』ゆさそば(YUSASOBA)が、ミュージックビデオ「SOBA-UCHI⭐︎DJ LIVE2021」を2021年2月21日に公開した。


ゆさそば とは?
(YUSASOBA)

ゆさそばは、自分たちの音楽を通じ日本の蕎⻨文化をもっと世界に知ってもらいたいと、2014年より全国各地で活動している『世界初そばエンタメ・ユニット』。

蕎⻨と音楽の融合を目指し、全国各地のお蕎⻨屋さん、そば祭り、町おこしイベントなどで「そば活」をしている。

「そばにいて」「SOBA☆Rap」「月見」「gensoba」等、楽曲は全て「そば」をテーマにしたオリジナル。

ジャンルを超えたユニークな楽曲と、そば打ちライブパフォーマンスで、日本の『そば文化』を世界に向けて発信している。

ゆさそば

メンバー・ゆさ

バイオリン・ボーカル担当
蕎⻨鑑定士1級、江戸ソバリエ、そばソムリエ、そば打ち2段位。お蕎⻨が打てるバイオリニスト『オソバイオリニスト』として活動。

メンバー・しょごご

キーボード/ラップ/楽曲制作担当
ライブでは主にキーボードを担当。軽快なラップ、DJも披露している。

ミュージックビデオ
SOBA-UCHI⭐︎DJ LIVE2021

ゆさそばの、ジャンルを超えたユニークな楽曲は全てオリジナル。

今回はDJの軽快なリズムに合わせた蕎⻨打ちに挑戦。豊かな香りと上品な甘みが特⻑の北海道産蕎⻨粉を、二八(にはち)にて使用。

DJパフォーマンスと、蕎⻨の心地よいハーモニーが楽しめるミュージック・ビデオとなっている。英語字幕付きグローバル・スタンダード仕様。

今後の予定

新型コロナウイルス感染拡大の為、ステイホーム中の人々のために、全国のお蕎⻨屋さん紹介動画や、おうちで食べられるそばレシピ、バイオリンの演奏動画などを【ゆさそばチャンネル】にて公開してくとの事。

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/