ニュース PR

「ゼルダの伝説」マンガシリーズを手掛ける姫川明の原画展が、9月18日より京都国際マンガミュージアムにて開催。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

任天堂ゲーム「ゼルダの伝説」のコミカライズ等を手掛ける漫画家 姫川明原画展が、2021年9月18日より12月26日まで京都国際マンガミュージアムにて開催される。同展では姫川明のマンガ原画や、カラーイラストなど約200点が展示される。


姫川明原画展

京都国際マンガミュージアムにて、2021年9月18日より開催される「姫川明原画展 ‐マンガ「ゼルダの伝説」をふりかえる‐」は、「京都国際マンガ・アニメフェア2021(通称:京まふ)」との連動企画として開催される。

姫川明のマンガ原画や、カラーイラストなど約200点が展示される他、京都国際マンガミュージアムでしか手に入らない同展図録、マンガ「ゼルダの伝説」シリーズ歴代のリンクが総登場したメインビジュアルを使用した、クリアファイルとポストカードを発売するとの事。

開催概要

主催:京都国際マンガミュージアム/京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会
協力:任天堂株式会社/株式会社小学館/Himekawa Art Production 株式会社

「ゼルダの伝説」
マンガシリーズ

任天堂のゲーム「ゼルダの伝説」のコミカライズ版。

姫川明氏は、1999年6月に小学館学年誌で「ゼルダの伝説 時のオカリナ」の連載をスタート。

以降「ムジュラの仮面」「ふしぎの木の実(大地の章時空の章)」「神々のトライフォース」「4つの剣+」「ふしぎのぼうし」「夢幻の砂時計」を学年誌にて連載。

読み切りで制作した「スカイウォードソード」も合わせると8作品を手掛けた他、現在小学館のアプリ「マンガワン」にて「トワイライト・プリンセス」を連載中。

なお「時のオカリナ」は、2010年にドイツ/ソンダーマン読者賞/国際マンガ部門ベスト漫画賞を受賞。

他マンガ「ゼルダの伝説」作品も海外にて出版。

「トワイライト・プリンセス」は現在、日本語を始め、英語、仏語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語にて出版されている。

※最新刊は、2021年8月27日時点で日本語版は9巻まで発売中。


また2016年には、姫川氏が手掛けた「ゼルダの伝説」マンガシリーズ全10巻を、2巻ずつ合本した完全版が発売されている。

姫川明「ゼルダの伝説 時のオカリナ」完全版
姫川明「ゼルダの伝説 ふしぎの木の実 大地の章/時空の章」完全版
姫川明「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面/神々のトライフォース」完全版
姫川明「ゼルダの伝説 4つの剣+」完全版
姫川明「ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし 夢幻の砂時計」完全版

姫川明
プロフィール

姫川明(ひめかわ あきら)

本田Aと長野Sによる2人組のマンガ家。1987年よりユニットを組んでマンガを描き始め、1991年少年サンデーの「コミックグランプリ」準グランプリ受賞にてデビュー。

その後、それぞれの持ち味を融合させながら、仕事ごとにローテーションを組み仕事を続ける。

空気感を伴う世界観とそこに生きる人や動物や自然の「生命力」を描き出すことを得意とする。

2010年にドイツ/ソンダーマン読者賞/国際マンガ部門ベスト漫画賞を「時のオカリナ」にて受賞。

2015年より、これまでの流れの仕事を姫川明として、より個性的なオリジナル作品は姫川明輝としてペンネームを使い分ける。

代表作に「ゼルダの伝説シリーズ」「Gold Ring」「Gliding REKI」「シートン動物紀」「日本の歴史」など。

Website
https://www.himekawaartpro.com/

スター・ウォーズと日本のマンガ家やイラストレーターとのコラボ作品が2作品、日本とアメリカで出版!!2019年12月20日に新作『スカイウォーカーの夜明け』 が公開になるスター・ウォーズ。絶大なる人気を誇るスター・ウォーズと日本のマンガ家やイラストレーター等によるコラボ作品が2作品、日本とアメリカで出版される。...

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/