エンタメ

映画:Us / アス・姫とモンスターが旅するバンドAmiliyah の Vocal Kimiの辛口映画感想文

子どものころから、本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛し、映画ではスリラー的なホラーやファンタジー映画が特に好きと言う、バンド Amiliyah (アミリヤ)のボーカルKimiによる辛口映画感想を、月1回 Onigiri Mediaでご紹介。

今回は2019年9月に公開された映画「Us/アス」です。
ネタばれしたくない方は見ないでください…


予定を立てられることの喜び

「ホラーは天国のように幸せで平和な素晴らしいワンダーランド」と、語るバンド Amiliyahのボーカル Kimi(キミ)が、お勧めの映画を毎月このコラムで紹介しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止により、様々な新作映画の公開も延期となっていましたが…

kimi
kimi
新たな病に世界が頭を悩ませてから、もうすぐ半年。梅雨もそろそろ終盤の時節となってまいりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

光の国と闇の国を旅するバンド Amiliyah の vocal kimi です


試練続きの人間界ですが、元来、生まれた瞬間から命には先に何の約束も保証も無いのが “生きる”ということ。

正しく備えながら自分らしく日々を過ごしたり、楽しめたら素敵ですね。

さて、最近では新たな映画情報も少しずつ届きはじめ、予定を立てられることに喜びを感じております。

私は観たい新作映画を選ぶ際、できれば何か自分にとって新鮮だったり、新しいと思えるものを感じたい、楽しみたい、と思いながら選択をしますが、”この人は最初に死ぬキャラ” だとか、”この流れは次で脅かしにくるな” といった先の展開や布石、タイミングの予測が容易に出来てしまったり、大体の骨組みが透けて見えてしまうことが多くあります。

マニュアル的な、お約束としての展開に安心しつつも、先の予測が出来ることをつまらないと思いながら観ている自分がいるのです。

そんな中、久しぶりに少し新しく感じられた映画をご紹介します。 2019年に公開されたアメリカ合衆国のホラー映画『アス』です。

Us / アス

予告編

2017年公開「ゲット・アウト」でアカデミー賞にノミネート、脚本賞を受賞するなど大きな話題を集めたジョーダン・ピール監督による、自分たちとそっくりの謎の存在と対峙する一家の恐怖を描いたサスペンススリラー。

あらすじ

1986年、少女アデレードは、両親と訪れたサンタクルーズにある遊園地のミラーハウスに迷い込み、そこで自分にそっくりな少女に遭遇。それが強烈なトラウマとなり失語症となってしまう。

そして現代、成長したアデレードは、夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンとともに夏休みを過ごすため、因縁深いサンタクルーズの家を訪れる。

早速友人たちとビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われ過去のトラウマがフラッシュバックし、アデレードは家族の身に恐ろしい事が起こるという妄想を強めていく。その夜、家の前に自分達一家とそっくりな“わたしたち”がやってくる…。

出演 他

Blu-Ray / DVD / 配信

Kimi の 辛口感想

2017年に公開された同じジョーダン・ピール監督の前作『ゲットアウト』にも斬新さは感じたものの、人種差別に重きを置きすぎた内容や、強引さや無理やり感のある唐突な結末や設定に違和感を感じた為、『アス』も観るのを躊躇い、観る機会を逸しておりました。

今作にも無理やりさは健在なので多少の覚悟は必要ですが、ジャケットからも窺い知れるとおりキャラクターの異質さが妙に気持ち悪かったり、自分にも起こりえるような状況の中ずっと理由のわからない奇妙な布石や出来事に翻弄されたり、恐怖を煽られたり、、と、展開も設定も予想外で、とても楽しめました。

観る機会がありましたら、是非感想などを教えてくださいね。

kimi
kimi
こんなふうに不自由な日々の中だからこそ、観てみたい映画や、やりたいことなど、きっと皆さまにもそれぞれおありではないでしょうか?

普段は出来なかったことや、新しい経験、成長する機会と受け止めて楽しんでいきたいですね。

Amiliyah・新たな試み

我々Amiliyahも、思うように活動を出来なくなってしまってからは、新たな試みに沢山挑戦しております。

そのひとつ、7/19には初の配信アコースティックshowを控えております。

きっと、いつものAmiliyahとは違う趣きを楽しんでいただけるはずです。

そして、9月13日には新たなスケジュールが…!!是非予定を確保していただき、続報をお待ちいただけましたら幸いです。

kimi
kimi
明けない夜も、止まない雨もない。

きっと日々は良くなり、前進していると信じ、皆さまの日々が幸せであることを祈っております。

それでは、また。ごきげんよう。

6月の辛口映画感想文

映画:残穢 ~住んではいけない部屋~・姫とモンスターが旅するバンドAmiliyah の Vocal Kimiの辛口映画感想文子どものころから、本や映画、音楽、絵画などをこよなく愛し、映画ではスリラー的なホラーやファンタジー映画が特に好きと言う、バンド Amiliyah (アミリヤ)のボーカルKimiによる辛口映画感想を、月1回 Onigiri Mediaでご紹介。※ネタばれしたくない方は見ないでください…...

Amiliyah Information

レインボータウンFM
「KEY OF JAM RADIO」
4組合同イベント配信ライブ開催

【出演 他】

  • カギかけロッカーズ
  • Amiliyah
  • 五十嵐晴美
  • 太田彩華(太田家全員出演)

その他

9月13日(日)都内某所。詳細は近日発表

最新情報はTwitterでチェック

Amiliyah プロフィール

Amiliyahは独自の世界で展開するバンド。

Amiliyahの世界には、人間界と繫がっている“恐ろしの森”と呼ばれる危険な森を挟み、“光の国”と“闇の国”という2つの国があり、1人の姫、5体のモンスター、2体のエルフが、何でも願いを叶えてくれるという徴(シルシ)を探す旅をしている。

その旅の中で、恐ろしの森のどこかから紛れこんだ人間達にショーを披露する…

Amiliyah Website
http://amiliyah.com/

ABOUT ME
Team Little-Big
Team Little-Big
フリーランスPRエージェント、時々ライター。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行う。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/