ニュース

声優・諏訪部順一による「イケボにときめくロマンチック・ストーリー」が邪魔だらけ?! 斬新な手法のピルクルキャンペーンが11月1日より開始!

“イケボ” (=イケメンボイス) で大人気の声優・諏訪部順一、漫画家・山科ティナ他、豪華クリエーター陣が参加する「ピルクル」のキャンペーン「イケボにときめくロマンチック・ストーリー」が2020年11月1日よりスタートする。

ところがこのキャンペーン、肝心の“胸キュン”シーンになると”邪魔”な「ピルクル」の広告が入ってくると言う斬新な仕掛けが…


日清ヨーク ピルクル キャンペーン 「イケボにときめくロマンチック・ストーリー」とは

2020年11月1日(日)から開始される、乳酸菌飲料「ピルクル」のキャンペーン「イケボにときめくロマンチック・ストーリー」。

全4篇のロマンチックな恋愛ショートストーリー動画が用意されており、そのうちの2種類・無料版は既に公開されている。

キャラクターボイスは、『テニスの王子様』の跡部景吾役などで知られる声優・諏訪部順一が担当。

イラストはSNS上で展開する「妄想胸キュン漫画」が話題の漫画家・山科ティナ、脚本はエッセイ、脚本、書籍、シナリオなど多岐に渡って活躍中の夏生さえりが担当している。

イケボにときめくロマンチック・ストーリー・無料版

夢うつつ編(無料版)

再会編

ピルクル買わないと、広告がたっぷり!?

お分かり頂いただろう…この動画は「無料版」故に、胸キュンなセリフやシーンに全て「ピルクル」の広告が入っているのだ。

「ピルクル」の広告が「イケボにときめくロマンチック・ストーリー」を邪魔しまくりなのである。

確かにアプリ等の無料版にはありがちな展開だが、ここまで広告が全面にでるのは珍しい。

さらに言えば「商品」のイメージアップもキャンペーンの目的のはずだが、視聴者は「ピルクル」にイライラさせられっぱなしである。斬新…

しかし、視聴者の皆さんご安心あれ。

「ピルクル」を購入し、パッケージにある二次元コードを読み取れば、“邪魔”な広告は一切出なくなり、“完全版”の胸キュンストーリーを心ゆくまで楽しめるとの事。

つまりこう言う事である↓

ピルクルを買うと、イケボがたっぷり!

キャンペーン詳細

■キャンペーン内容
対象商品を購入し二次元コードを読み取るかWebサイトにてアクセスコードを入力すると、1商品につきいずれか1篇の「ピルクル イケボにときめくロマンチック・ストーリー」の“完全版”を視聴できます。

対象商品によって、販売時期及び視聴できるストーリーが異なります。

■第1弾【夢うつつ篇・再会篇】動画公開期間

  • 無料版:2020年10月28日(水)~2021年1月25日(月)
  • 完全版:2020年11月1日(日)~2021年1月25日(月)

■第1弾対象商品:キャンペーンパッケージの、65ml×10本パック 「ピルクル」「ピルクルLight」「ピルクル鉄分」「ピルクルマルチビタミン」計4品

■販売期間:2020年11月1日(日)~11月下旬頃 (予定)

■第2弾【クリスマス篇・街中のイルミネーション篇】動画公開期間

  • 無料版 / 完全版ともに2020年11月29日(日)~2021年1月25日(月)

■第2弾対象商品:キャンペーンパッケージの、紙パック「ピルクル(500ml)」「ピルクル(1000ml)」「ピルクルLight(1000ml)」 計3品

■販売期間:2020年11月29日(日)~12月下旬頃 (予定)

詳しくはピルクル特設キャンペーンサイトにて
https://www.pilkul.jp/

特別コメント

本キャンペーン出演者の諏訪部順一さん、脚本家・夏生さえりさん、漫画家・イラストレーター 山科ティナさんからコメントが届いたのでご紹介する。

声優・諏訪部順一

今回、4つのシチュエーションに登場する4人の男性の声を担当させていただきました。

このショートストーリーはリアルな女性の感性で書かれたものだそうです。貴女の心の琴線に触れるものとなっているかは、お聴きいただいてのお楽しみということで。

ピルクルを飲みながら、すべてお楽しみいただけますと幸いです。

諏訪部順一 プロフィール

声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ。3月29日生まれ、東京都出身。

主なアニメ出演作品は、『テニスの王子様』(跡部景吾)、『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ(神宮寺レン)、『ユーリ!!! on ICE』(ヴィクトル・ニキフォロフ)『GREAT PRETENDER』(ローラン・ティエリー)など。

2012、2017年度の声優アワードで助演男優賞を授賞。

Twitter https://twitter.com/MY_MURMUR

脚本家・夏生さえり

4つの“胸キュンストーリー”を考えてほしい」と依頼をいただいて、あれやこれやと妄想を膨らませながら執筆させていただきました。

諏訪部さんの“イケボ”と、山科さんのキュンとするイラストで、もはやむずがゆいほどの甘酸っぱい仕上がりになっているのではと思っています。

ピルクルの甘酸っぱさと併せて、ニヤニヤする口元にお気をつけてお楽しみください。

夏生さえり プロフィール

フリーライター・脚本家。出版社、Webメディアでの編集経験を経て、ライターとして独立。

取材、エッセイ、脚本、書籍、シナリオなど多岐に渡って活躍中。現在はCHOCOLATE Inc.にてプランナーも勤めている。

著書に『今日は、自分を甘やかす(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』他。

Twitter https://twitter.com/N908Sa

イラスト担当・山科ティナ

昔から飲んでいた「ピルクル」のWeb動画用にイラストを描くことができてとても嬉しいです。

ロマンチックで思わずキュンとしてしまうようなさえりさんの脚本から、シチュエーションの尊さや4人の違うタイプのイケメンに妄想を膨らませながら描きました。

ダイナミックな広告が入った“無料公開版”もとっても面白いんですが、ピルクルを購入して“完全版”で諏訪部さんの美声と共に、“キュン”の世界を堪能してみてください。

山科ティナ プロフィール

1995年生まれ。東京藝術大学卒業。16歳の時に「別冊マーガレット」(集英社)にて商業デビュー。

後にSNS上にて“ 妄想胸キュン漫画”が話題となり、企業タイアップ漫画を多数手掛ける。

短編集5冊既刊。雑誌「ar」にて連載中の『ショジョ恋。−処女のしょう子さん−』1巻が好評発売中。

Twitter https://twitter.com/tina_yamashina

ABOUT ME
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
おにぎり1号・Tomoko Davies-Tanaka
Onigiri Media メイン・ライター おにぎり1号こと Tomoko Davies-Tanaka (Team Little-Big) は、フリーランスPRエージェント。海外⇔国内、英語⇔日本語業務を中心に、スモールビジネスのPR業務のサポート他、コーディネーションやブッキングも行っています。 インタビュー記事 https://ledgeweb.com/740/